シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
オレンジと太陽
(C) Sixteen Midlands(Oranges) Ltd / See-Saw (Oranges) Pty Ltd / See-Saw Films Pty Ltd / Screen Australia / Screen NSW / South Australian Film Corporation 2010
英題:
ORANGES AND SUNSHINE
製作年:
2010年
製作国:
イギリス/オーストラリア
日本公開:
2012年4月14日
(岩波ホール ほか)
上映時間:
配給:
ムヴィオラ
カラー/ドルビーデジタル

チェック:マーガレット・ハンフリーズ原作の「からのゆりかご 大英帝国の迷い子たち」を基に映画化した、児童移民の実態に迫る感動作。イギリスがひそかに19世紀から1970年まで行っていた、強制児童移民という恐るべき真実を明らかにする。今回初のメガホンを取るのは、イギリスを代表する巨匠ケン・ローチの息子ジム・ローチ。物語の鍵を握る社会福祉士を、『奇跡の海』のエミリー・ワトソンが演じている。社会的大問題を独自の視点で描く展開に心打たれる。

ストーリー:1986年、マーガレット(エミリー・ワトソン)は、イギリスのノッティンガムでソーシャルワーカーとして働いていた。結婚して子どもにも恵まれた彼女は、ある女性から衝撃的な告白を聞く。当時児童養護施設にいた4歳の彼女は、何と船でノッティンガムからオーストラリアまで送られたというのだ。彼女はそのことをきっかけに、本件に関して調査を進めていくと、ばく大な数の子どもがいることを知り……。

オレンジと太陽
(C) Sixteen Midlands(Oranges) Ltd / See-Saw (Oranges) Pty Ltd / See-Saw Films Pty Ltd / Screen Australia / Screen NSW / South Australian Film Corporation 2010

動画

映画『オレンジと太陽』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『オレンジと太陽』ポスター
    ポスター
  • 映画『オレンジと太陽』チラシ
    チラシ

スタッフ

スクリプトスーパーバイザー: ジョー・ベケット
スクリプトコンサルタント: ロジャー・スミス / ケン・ローチ
キャスティングディレクター: カレン・クロフォード / ニッキ・バレット
ラインプロデューサー: ジョーン・シュナイダー
エグゼクティブプロデューサー: レベッカ・オブライエン / アーナブ・バナージ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オレンジと太陽』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • Oranges and Sunshine (オレンジと太陽) from Cinema Review シネマ・レビュー (2013年7月30日 19時1分)
    Oranges and Sunshine(2010) ★★★★★ (UK) 日本語タイトル: オレンジと太陽 official site: http://oranges-movie.com/ Starring: Emily Watson(エミリー・ワトソン), David Wenham(デヴィッド・ウェナム... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 オレンジと太陽 from 別冊 社内報 (2012年7月14日 18時38分)
    ジュニアというのは、それだけで七光り疑惑。特にアート関係は、親の路線を期待しちゃうので、ちょっとでもズレると批判が。宮崎駿の息子もそうよね。だから本作も、ケン・ローチの倅としてがんばってる作品だけど、親父ファンに満足してもらえるかは微妙。 題材はいいけど、ドキュメンタリーなら興味深い。ドラマ仕立てにしても、もっと史実を入れてもよい。男児が男色神父に虐待された話はたくさん出てくるのに、解説に書かれている優良な白人を英国連邦にという話はまったく登場せず。 英語圏での行き来なので、時々今この場面は英国 ...[外部サイトの続きを読む]
  • オレンジと太陽 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年7月11日 3時26分)
    19世紀末から1970年まで保護者もつきそわないでたくさんの子供たちが英国からオーストラリアに移民(映画ではこの言葉は使われていなかったが、安い労働力つまり奴隷)として送られたという事実を基にし... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オレンジと太陽 from キノ2 (2012年7月2日 19時47分)
    ★ネタバレ注意★  デヴィッド・ウェナム出演作☆  しかも、ヒューゴ・ウィービング共演☆  思えば、マン監督の裏切り(未だにネにもっている模様)により、絶望と厭世の闇に付き落とされて以来、長い長い忍従の日々でした。しかしここに、ついにようやくその日が報われる時が来たのです。ローチ監督、ありがとうありがとうほんとうにどうもありがとう(>_<)。  ローチ監督とは言っても、こちらのローチ監督はケン・ローチ監督ではなく、そのご子息である由です。さすがカエルの子はカエル。鋭い問題意識をもったキリ ...[外部サイトの続きを読む]
  • オレンジと太陽/Oranges and Sunshine/醜い過去…といってもついこの間のこと from LOVE Cinemas 調布 (2012年4月16日 1時43分)
    マーガレット・ハンフリーズの手記「からのゆりかご 大英帝国の迷い子たち」を、名匠ケン・ローチの息子ジム・ローチが映画化。初の長編作品でもある。英国が1970年まで密かに行っていた強制児童移民の実態と、彼らの家族を探すハンフリーズ本人を描いている。主演は『戦火の馬』のエミリー・ワトソン、共演にデヴィッド・ウェンハム、ヒューゴ・ウィーヴィングが出演している。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年4月9日の週の公開作品
  3. 『オレンジと太陽』