シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

公式サイト:http://abouttime-movie.jp

チェック:タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディー。『ラブ・アクチュアリー』などで知られるラブコメに定評のあるリチャード・カーティス監督が、恋人や友人、家族と育む何げない日常の大切さを描く。『ハリー・ポッター』シリーズなどのドーナル・グリーソンを主演に、『きみに読む物語』などのレイチェル・マクアダムス、『ラブ・アクチュアリー』にも出演したビル・ナイらが共演。

ストーリー:自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
(C) Universal Pictures

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    ビル・ナイら「ヘンテコ家族」に泣き笑い。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これをタイムトラベルものと言いきるのは無理。あまりに設定が恣意的だしスキがありすぎ。むしろ「人生という持ち時間をよりよく使うには」のハウトゥ映画といっていいだろう。前半こそ “上手にできなかったセックスのやり直し”といったしょーもないことに「能力」を使う主人公が笑わせるが、次第に主軸は家族…とりわけ「父と息子」の物語へとシフト。人生何度もやり直せたって結局のところ幸福度はさして変わらんという「ちょっといい話」に収まるのがワーキング・タイトル流だ。しかし根本は裕福なインテリ一家の話であるから、「能力」がなくても生活にさほどの障害もなく、そこが物語の切迫性を弱めているのも確か。

  • 森 直人
    藤子・F・不二雄先生の『未来の想い出』を想い出す
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ローマの休日』を基にした『ノッティングヒルの恋人』(脚本のみ)、キャプラ風のクリスマス映画『ラブ・アクチュアリー』など、オールドハリウッドを英国流に変換することに長けたリチャード・カーティスだが、今作はまるで藤子Fワールド! 特に『未来の想い出』(森田芳光の映画化は大幅アレンジ)と重なる部分多し。

    日常ベースのSF(すこし不思議)な設定の中、「普段忘れがちな当たり前の幸福」に気づかせるため、微温性に徹する作風の親しみやすさもF先生的。だがこれは同時にカーティス的主題の究極でもある。

    また「時間」を主役にすることで浮き出た諸行無常の抒情が秀逸。鉄拳のMUSEアニメ『振り子』にも通じるかも。

  • 相馬 学
    SFとしてではなく人情劇として評価すべし
    ★★★★
    »読む«閉じる

     タイムトラベルを題材にした作品というと、SFファンとしては設定の緻密さを求めたくなる。『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督がSFを得意としているとは思えないが、作家性でそれを乗り切った。

     軽妙なコメディ・センスと人情味。不器用な主人公や、ひょうひょうとしたその父親の描写に笑いをにじませながら、家族の絆の温かさでホロリとさせる。ここまで迷いなく自身の作風を貫いた点は評価されるべきだ。

     タイムトラベルという題材に限って言えば後付のルールがいくつか見られ、SF映画として端正とは言い難い。とはいえ、この温かみに触れると、弱点に目をつぶりたくなるのも事実である。

  • 平沢 薫
    "もしもこうだったらステキ"がぎっしり詰まってる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    なにげない毎日に降り注いでいる光が、気がつけば、掛け替えのない美しさを持っている。この映画はそれをそっと教えてくれる。その光の美しさを捉えたカメラは、サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した「今日、キミに会えたら」のジョン・ガレセリアン。あの映画で恋人たちに静かに降り注いでいた柔らかな光が、本作では恋人たちだけでなく、家族や友人、みんなに降り注ぐ。コーンウォールの海の見える家、ロンドンの地下鉄駅、夜の舗道、どこにでもある風景が、世界でいちばん素敵な場所に見えてくる。

    主人公の父親役はリチャード・カーティス監督作の常連ビル・ナイ。50歳で引退、今は読書三昧のお茶目な人物をいつもように好演。

  • 山縣みどり
    ドーナル・グリーソンの非モテ系男子っぷりに完敗!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    特殊なDNAを持つ青年ティムが失敗を繰り返しながら人生で“真に大切なこと”を学んで行く展開は、一種のドラえもん。でもって欧米版のび太を演じるドーナル・グリーソンの非モテ系な外見と細部まで神経の行き届いた演技が物語を面白く、奥深いものにしている。イケメン俳優が演じたら嘘くさいだけの役柄も情けなさ全開のドーナルならば観客の共感を100%得られるのだ。英国男子の亜流といか、新機軸の主演スターの誕生だ! そんなティムの人生の師であり、最愛の友となる父親の存在がまた素晴らしい。飄々とした演技で場面をかっさらうのはビル・ナイ様のお約束だが、さりげない父子の会話から垣間見える愛情に鼻の奥がツンとなった。

動画

映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』予告編
映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』特報
映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』未公開シーン(アビーロードの渋滞)

写真ギャラリー

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』ポスター
    ポスター
  • 映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』チラシ
    チラシ
  • 映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』“大切な人へ贈る”特製メッセージカード (封筒付き)
    “大切な人へ贈る”特製メッセージカード (封筒付き)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【アバウト・タイム ~愛おしい時間について~】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 18時6分)
    これこそ傑作だと思う 久々に映画館でパンフレットを買ってしまった位 平凡な人生を全肯定してくれる心地良さ ありがとう、リチャード・カーティス ...[外部サイトの続きを読む]
  • アバウト・タイム 愛おしい時間について/人生は偶然と奇跡の連続 from MOVIE BOYS (2014年11月24日 18時1分)
    『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が送るロマンティック・コメディ。一族の男性がタイムトラベルの能力を持つという家系に生まれた主人公が、恋人や家族との時間の中で愛や幸せとは何かに気付いてゆく。主演は『ハリー・ポッター』シリーズでビル・ウィーズリーを演じたドーナル・グリーソン。恋人役に『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムス、父親役にビル・ナイらが出演している。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • アバウト・タイム~愛おしい時間について~ from 映画三昧、活字中毒 (2014年10月25日 4時55分)
    ■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞アバウト・タイム~愛おしい時間について~/ABOUT TIME 2013年/イギリス/124分 監督:リチャード・カーティス 出演:ドーナル・グリーソン/レイチェル・マクアダムス/ビル・ナイ/トム・ホランダー/マーゴット・ロビー 公式サイト 公開: 2014年09月27日 イギリス、コーンウォール。イマイチあか抜けない青年ティム・レイクは... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/あなたとずっと、居たいから from 映画感想 * FRAGILE (2014年10月8日 17時46分)
    アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ABOUT TIME/監督:リチャード・カーティス/2013年/イギリス きみが生きるこの瞬間は、僕が望んだ「理想」の時間。 TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン7、G-25で鑑賞。「ラブ・アクチュアリー」が好きなのと、タイムトラベルものということで気になっていたところ、好きそうだから是非とおすすめされたので見に行きました。 あらすじ:過去に戻れます。 平凡で少し変わった家族を持つティム(ドーナル・グリーソン)は、21歳になったある日、父親(ビ ...[外部サイトの続きを読む]
  • アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/ABOUT TIME from 我想一個人映画美的女人blog (2014年10月2日 23時46分)
    わたしが心に止めている言葉のひとつに、映画「アメリカン・ビューティ」の中の言葉 「今日という日は、残りの人生の最初の一日」というのがある。 本当に毎日はあっという間にすぎてくからー。一日一日を意識して大事に生きたい。 この気持ちを更に強くする作品... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年9月22日の週の公開作品
  3. 『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』