シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チェック:『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグ監督が放つサスペンス。新薬の副作用によって夢遊病となり、夫を殺害してしまった女性と、その悲劇の裏側に隠された真実を、彼女の治療にあたった精神科医が暴こうと奔走するさまを活写。精神科医にジュード・ロウ、事件を引き起こす謎めいたヒロインに『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ、そしてキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが結集した。アルフレッド・ヒッチコック監督作品のテイストを感じられる演出にも目を見張る。

ストーリー:金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーが抱える症状の詳細を聞き出し、彼女の了承も得て抗鬱剤の新薬アブリクサを投与する。症状が快方に向かっていたある日、マーティンがナイフで刺されるという事件が起き……。

サイド・エフェクト
(C) 2012 Happy Pill Productions.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ルーニー・マーラに惑わされる!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     いわゆるヒッチコック的な巻き込まれ型のサスペンスではあるが、あくまでも心理描写やトリックの解明を軸にしているだけあって、トータルの印象としては地味である。だが、些細なディテールの積み重ねで煽っていく不安感、じわじわと追い詰められていく主人公の緊張感、やっぱりねと思いつつも明かされる真相の怖さなどは格別。やり尽くされた感のあるジャンルで、これだけ観客の興味を惹きつける事ができるのはソダーバーグ監督の力量あってのことだろう。

     だが、それにも増して舌を巻くのはファム・ファタール、ルーニー・マーラの演技と存在感だ。情緒不安定で何を考えているのかわからない、繊細でナイーブで壊れやすいガラス細工のような女の得体の知れなさを演じて驚くほど巧い。姉ちゃんのケイト・マーラもサイコ気味な女を演じさせたら天下一品だが、こちらは可憐でいたいけな雰囲気を漂わせているだけに、白なのか黒なのか観る側は最後まで翻弄され惑わされる。ジュード・ロウやキャサリン・ゼタ・ジョーンズには申し訳ないが、本作は彼女の独壇場と言って差し支えないだろう。

  • 森 直人
    スーパークールな究極のソダーバーグ流
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    パッと一舐めした時の印象は「塩味」くらいあっさり。でも作品の精度は完璧に近い!

    N.Y.を舞台に裏で動く資本の流れに向けた「風刺映画」であり、抗鬱剤をマクガフィン(物語を転がす道具)にしたヒッチコック風サスペンスという「ジャンル映画」でもある。対象に分析的なアプローチで当たり、現代社会に生きる人間の不安(=副作用)を反映させるスティーヴン・ソダーバーグ監督の腕は、ついにさりげなく極まったと言っていい。

    周知の通り、本作は彼が自身最後の劇場用映画と公言している“引退作”である(とはいえ以降に撮ったTV作品『恋するリベラーチェ』は11月に日本で劇場公開)。節操のないほどに多様な題材の映画を手掛けた彼だが、『オーシャンズ11』 のような娯楽大作を手掛けても、淡々と人物を切り取っていくミニマムな撮影スタイルを崩すことはなかった。ありていに言うなら、エンタテインメントの皮をかぶったアート監督、ハリウッド職人を偽装したインディペンデント作家、みたいな個性。

    この『サイド・エフェクト』は、そんな彼一流のバランス感覚が最大限に発揮された。クールな監督の幕引きにふさわしいスーパークールな傑作だ。

動画

映画『サイド・エフェクト』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『サイド・エフェクト』ポスター
    ポスター

スタッフ

製作総指揮・ユニットプロダクションマネージャー: マイケル・ポレール
共同製作・テクニカルアドバイザー: サシャ・バーデイ博士

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『サイド・エフェクト』の映画ニュース

  • 映画『トラフィック』『マジック・マイク』などでおなじみのスティーヴン・ソダーバーグ監督が、ピューリッツァー受賞作家ジェイク・バーンスタインが手掛けたパナマ文書を...品で、脚本は映画『インフォーマント!』『サイド・エフェクト』などでソダーバーグ監督とタッグを組んで...
  • 映画『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』、『「闇へ」』でおなじみのドキュメンタリーの監督アレックス・ギブニーが、初の長編映画作品『ジ・アクション(原題...は、映画『ボーン・アルティメイタム』、『サイド・エフェクト』のスコット・Z・バーンズが執筆し、その...
  • 映画『マン・オン・ワイヤー』でアカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を獲得したジェームズ・マーシュ監督が、ヨットレースで謎の死をとげたドナルド・クローハーストを描い...ードベントが、今作の脚本を担当した映画『サイド・エフェクト』のスコット・Z・バーンズと共に行うこと...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • サイド・エフェクト from Some Like It Hot (2014年6月22日 16時37分)
    ■「サイド・エフェクト/The Side Effects」(2013年・アメリカ) 監督=スティーブン・ソダーバーグ 主演=ジュード・ロウ ルーニー・マーラ キャサリン・ゼダ・ジョーンズ チャニング・テイタム  精神科医バンクスは、夫がインサイダー取引逮捕された後でう... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『サイド・エフェクト』を見た【映画】スティーヴン・ソダーバーグ監督がルーニー・マーラ、チャニング・テイタム、ジュード・ロウらを配して撮り上げた異色スリラー from カフェビショップ (2014年4月9日 20時33分)
    製薬会社と医者と向精神薬の問題に切り込んだ 社会派ドラマかと思ったら、 中盤で話ががらっと変わるんすよ。 え?社会派ドラマじゃなくて 古典的なミステリードラマだったのか……みたいな。 このどんでん返しはどうなんすかねえ。 話がそっち行くんすかという驚き… ...[外部サイトの続きを読む]
  • サイド・エフェクト : 精神科医の反撃にスッキリ! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2014年3月19日 10時0分)
    ロシアのプーチン大統領、クリミア自治共和国の編入を宣言しました。個人的にはプーチン大統領のことを素晴らしい政治家だと思っておりますが、このままにしておくと将来中国に ...[外部サイトの続きを読む]
  • サイド・エフェクト from 晴れたらいいね~ (2014年3月17日 23時23分)
    スティーヴン・ソダーバーグ監督が、劇場映画はこれで最後という作品というのと、豪華な出演陣に釣られて借りた。ジュード・ロウも出てるしっ!サスペンスで、題名は「副作用」と ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サイド・エフェクト from 映画三昧、活字中毒 (2014年1月30日 0時37分)
    ■ 飯田橋ギンレイホールにて鑑賞サイド・エフェクト/SIDE EFFECTS 2013年/アメリカ/106分 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 出演: ジュード・ロウ/ルーニー・マーラ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/チャニング・テイタム 公開: 2013年09月06日 公式サイト 精神科医のジョナサン・バンクスは、駐車場で自損事故を起こしたエミリー・テイラーの診察を担当し、自殺... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月2日の週の公開作品
  3. 『サイド・エフェクト』