シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

シャドー・ダンサー

公式サイト:http://shadow-dancer.com/
シャドー・ダンサー
(C) Shadow Dancer Rights Limited / BBC / The British Film Institute / Wild Bunch 2012
英題:
SHADOW DANCER
製作年:
2011年
製作国:
アイルランド/イギリス
日本公開:
2013年3月16日
(シネスイッチ銀座 ほか)
上映時間:
配給:
コムストック・グループ
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

チェック:幼い息子を守るため、MI5(イギリス情報局保安部)の情報屋になった女性IRA(アイルランド共和国軍)活動家の葛藤を描くヒューマン・サスペンス。イギリスとアイルランド両国の対立の中、大義と現実の間で翻弄(ほんろう)される人々の悲劇を、『マン・オン・ワイヤー』のジェームズ・マーシュ監督が活写。ヒロインには『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』のアンドレア・ライズブロー、彼女を追い込むMI5捜査官を『クローサー』のクライヴ・オーウェンが演じる。

ストーリー:1993年、IRA(アイルランド共和国軍)を支持するシングルマザーのコレット(アンドレア・ライズブロー)は、ある爆破未遂事件の容疑で逮捕されてしまう。そしてMI5(イギリス情報局保安部)の捜査官マック(クライヴ・オーウェン)から、幼い息子と離れて25年も服役するか、IRAの内部情報を渡すかという究極の選択を迫られる。息子との生活を選んだ彼女は、仲間の厳しい追及にさらされていき……。

シャドー・ダンサー
(C) Shadow Dancer Rights Limited / BBC / The British Film Institute / Wild Bunch 2012

動画

映画『シャドー・ダンサー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『シャドー・ダンサー』ポスター
    ポスター
  • 映画『シャドー・ダンサー』チラシ
    チラシ
  • 映画『シャドー・ダンサー』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作・脚本・製作総指揮: トム・ブラッドビー
撮影監督: ロブ・ハーディ
プロダクションデザイナー: ジョン・ヘンソン
キャスティングディレクター: ニナ・ゴールド
ヘアーデザイナー: アイリーン・バギー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シャドー・ダンサー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「シャドー・ダンサー」を見た【映画】 from カフェビショップ (2013年11月16日 19時59分)
    IRAもの。 イギリスとアイルランドあたりの歴史を知らないと おもしろみがちょっとわかんないのかもなあ。 まあ、そのへんのことはよくわからないので 単純に正体がバレそうサスペンスとして 見ましたけども。 IRAテロの首謀者に近いとこにいる女性と 彼女を密告者… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「シャドー・ダンサー」 ネタバレ有り悲しい結末 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年7月20日 0時3分)
    母の子を想う気持ちは偉大だ[E:sign01] 幼い息子を守るため、MI5(イギ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 私の思い描く理想の英国美人女優。アンドレア・ライズボロー from For James Bond 007 Lovers Only (2013年7月13日 19時13分)
    私の思い描く理想の英国美人女優。アンドレア・ライズボロー ...[外部サイトの続きを読む]
  • シャドー・ダンサー from キノ2 (2013年4月7日 19時58分)
    ★ネタバレ注意★  IRAをモチーフにした映画には秀作が多いです。  この映画も小品ながら、胸の底がシンとするような忘れ難い余韻を残します。  ジェームズ・マーシュ監督作品。アイルランドとイギリスの合作です。  テロが日常風景となってしまっていた70年代の北アイルランド。  少女コレットは、両親と兄、ふたりの弟と共に穏やかに暮らしていた。そんなある日、父親からおつかいを言いつけられたコレットは、やりかけていたビーズ細工を中断するのが嫌で、幼い弟に押し付けてしまう。姉の権力に逆らえずしぶ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 シャドー・ダンサー from 別冊 社内報 (2013年4月6日 18時26分)
    このところ観る映画すべて満足で驚いてましたが、久々まぁまぁの作品に出会いました。 確かにシャドー・ダンサーの正体は意外でしたが、煽るほどでも。 北アイルランドを扱った映画といえば「麦の穂をゆらす風」もよかったけど、現代版のIRAモノとしては、まぁまぁ。 それよりもさぁ。 前の席のおばさんが、前傾姿勢で観るので注意したのですよ。 そのあと、そのおばさんの連れのおばさんが今度は携帯でメール確認始めましてね。 それも注意したら、今度は先程の前傾姿勢おばさんが携帯を開き…場内ではバイブの着信 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年3月11日の週の公開作品
  3. 『シャドー・ダンサー』