シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ヘラクレス
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:
HERCULES
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年10月24日
(TOHOシネマズ日劇ほか)
配給:
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
カラー

チェック:ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公にしたアクションアドベンチャー。全能神ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレスが、さまざまな戦いを経て英雄へとなる姿を追う。監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』などのブレット・ラトナー。『オーバードライヴ』などのドゥエイン・ジョンソンが主演を務め、その脇を『スノーピアサー』などのジョン・ハート、『恋におちたシェイクスピア』などのジョセフ・ファインズら実力派が固める。次々と現れるクリーチャーや、それらを倒すドゥエインの肉体美に圧倒される。

ストーリー:人間と全能の神ゼウスの間に誕生した、半神半人の男ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)。神さえも恐れおののく並外れたパワーを誇りながらも、人間の心も兼ね備えた彼は、強さと優しさに満ちた者として名をはせていた。だが、わが子の命を奪ったことで罪の意識に押しつぶされそうになる。悩み苦しみ抜いた果てに、彼は12の試練を自らに課して救いを得ようとする。多頭の蛇ヒュドラ、不死身のライオン、巨大なイノシシであるエリュマントスといった魔物や悪を成敗していくヘラクレスだったが……。

ヘラクレス
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    英雄伝説の裏側に想いを馳せる史劇アクション
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     神の子とされるギリシャ神話の英雄ヘラクレスが、実は普通の人間だったら…というアイディアを基に、ヒーロー伝説の光と影に焦点を当てた史劇アクション。
     ストーリー展開はかなり大味。だが、アーサー王やヤマトタケルなど歴史上の英雄伝説の裏には何らかの理由や真実が秘められており、本作の場合は傭兵軍団のボスとして伝説を戦略活用していたヘラクレスが、やがて権力に虐げられる名も無き人々の代弁者として真のヒロイズムに目覚めていく点が興味深い。
     また、やけに自虐的な預言者を演じるイアン・マクシェーンの巧さも光る。若い頃はキザな二枚目ぶりが少々鼻についたが、年齢を重ねて渋みと悲哀を兼ね備えた良い役者になった。

  • くれい響
    80年代筋肉映画へのオマージュだけは感じます。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    原作のアメコミがこういう設定なのだがら、嘆いてもしょうがないですが、ロック様が奇抜なクリーチャー軍団とガッツリ戦う展開を期待すると、アッサリ裏切られます。しかも、バトルは団体戦がメイン。『300』以降の女性も楽しめる筋肉映画の作りになっており、これじゃ二番煎じを狙った『ザ・ヘラクレス』の方がヘラクレスっぽいという有様。『300』を意識しまくった戦闘シーンもあるなか、「なるほど!」と思わされたのが、ハイスピード撮影も映像加工もできない80年代に撮られた『コナン・ザ・グレート』『レッドソニア』などへのリスペクト。こういうことをサラリとするから、ブラッド・ラトナー監督は嫌いになれない…。

  • 中山 治美
    筋肉バカ、ばんざい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『300』ブームの流れを組む、ギリシャ神話+筋肉=男汁100%アクション。だが英雄ヘラクレス激動の人生は、ドウェイン様の筋肉を披露するための格好の素材でしかない。むしろ「やっと会えたね」(by辻仁成)という組み合わせか。
     見せ場は、ヘラクレスが挑んだとされる12の難業。魔物相手にドウェイン様が死闘を繰り広げるのだが、凶暴な番犬ケルベロスに、水蛇ヒュドラ、人喰猪エリュマントスと相手に不足ナシ。しかし忠実に実写で再現されると、こうも笑いが込み上げてくるのは何故だろう。はからずしもギリシャ神話が、いかにぶっ飛んだ話かという真髄を晒しているワケだ。B級を装い、意外に奥が深い。かも?

  • 相馬 学
    こんなロック様を見たかった! 爽快ヒーロー活劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ヘラクレスはギリシャ神話に名高い半神半人の英雄で非現実の存在とされているが、そんな彼を現実の存在として描いたのが本作。英雄の側面はあるもののアウトロー的なキャラも映え、なかなか面白い作りとなっている。

     神話に名高い怪物退治の逸話は語り部によって語られる程度で、本当かどうかはわからない。そこに負け犬的ないかがわしさを漂わせつつも、怪力とガッツの持ち主であるのは間違いなく、戦闘での頼もしい活躍ぶりに目を奪われる。

     『スコーピオン・キング』以来の古代キャラにふんしたドゥエイン・ジョンソンは筋骨も勇ましくハマリ役。泥臭くも爽快なヒーロー活劇として支持したい。

  • ミルクマン斉藤
    これで『七人の侍』は無理でしょう。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    僕が勝手に「大味大王」と名付けてるB.ラトナー、久々の長編登板だがコクの無さは相変わらず。原作がそういう設定なら致し方ないが、ヘラクレスが100%人間だなんて、それで果たしていいのか? かといって神話に対する脱構築的な見方があるわけじゃなし、これじゃ「コナン」シリーズとさほど変わらぬ異界の蛮勇もの。敵役に本物ヘラクレスを登場させて対決させるくらいじゃないと題名に偽りあり、ってもんだ。神話の設定を踏襲しながらあくまで人間性にこだわった『ザ・ヘラクレス』のほうがまだしもな出来。ま、最後に毒づきまくるJ.ハートは大した貫禄だが、このテの映画にしては珍しいR.シーウェル、P.ミュランもさほど目立たず。

  • 平沢 薫
    なにしろ愛用の武器が"棍棒"だし
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭のヘラクレスの偉業の映像美で、掴みはOK。そして、"ギリシャ神話のヘラクレスの偉業が、もしも実際に起きた出来事だとしたら"というコンセプトが新鮮。このコンセプトに沿って、アクション演出もVFXよりも筋肉重視で肉弾戦を強調。その象徴に、主人公が愛用する武器も"棍棒"だ。さらに、このジャンルの映画なのに、あえて「300」式の速度加工や質感加工を使わない。「こんなことがあったかもしれないという説得力」と「ビジュアル映えする派手な映像スペクタクル」、双方のバランスの取り方が絶妙。
    ちなみに7つの偉業の総ては本編では描かれないが、偉業の舞台裏がエンドロールの背景画で図解されていて、これも楽しい。

動画

映画『ヘラクレス』予告編
映画『ヘラクレス』特報映像
映画『ヘラクレス』特別映像
ロック様、頭を触らせるファンサービス!映画『ヘラクレス』ジャパンプレミア:Hercules Japan Premiere "The Rock vs muta?"
『ヘラクレス』ドウェイン・ジョンソン インタビュー

写真ギャラリー

Paramount Pictures / MGM / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ヘラクレス』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヘラクレス』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヘラクレス』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作:
プロダクションデザイナー: ジャン=ヴァンサン・ピュゾ
衣装デザイナー: ジェイニー・ティーマイム
視覚効果: ジョン・ブルーノ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヘラクレス』の映画ニュース

  • ディズニーアニメーション映画『モアナと伝説の海』(原題:Moana)のヒロイン・モアナの名前がイタリアでは「ヴェイアナ(Vaiana)」と変更されたのは、有名イタリア人ポル... 『モアナと伝説の海』は、『アラジン』『ヘラクレス』などのロン・クレメンツとジョン・マスカ...
  • ディズニーアニメのせりふを暗記していたことで言葉を取り戻した自閉症の青年・オーウェンに迫るドキュメンタリー『ライフ、アニメイテッド(原題)/ Life, Animated』が現...ウェンは、勇気が要る時には英雄を描いた『ヘラクレス』中のせりふなど、自分が直面している状況...
  • テレビドラマ「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」のスピンオフで、タイムトラベルをするスーパーヒーローを描いた「DC's レジェンズ・オブ・トゥモロー(原題) / DC...とのこと。 ジョナを演じるのは映画『ザ・ヘラクレス』『プロムナイト』のジョナサン・シェック...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ヘラクレス」ジャパンプレミア試写会 from ここなつ映画レビュー (2014年12月9日 17時24分)
    舞台挨拶付きジャパンプレミア試写会に文字通り「参戦」。会場はドウェインファンの熱気に溢れ、ああこの人のレスラー人気ってまだ衰えていないんだな、と実感。ザ・ロックはもちろん今や俳優であり、ハリウッドスターとしてアクション作品のドル箱なのであるが、やはりそこはそれ、本物は何か違う。舞台挨拶付きプレミア試写会では異例の一般人も写真撮影OKの大盤振る舞いで、登場した本人でさえ自分のiphone(だか何だか)で会場と自らを自撮りする始末。司会の辻良成の声も冴え渡り、グレートムタまで参戦。かなりノリノリのジャパンプレミ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヘラクレス/ロック様と仲間たち from MOVIE BOYS (2014年11月24日 18時11分)
    マッチョ俳優ドゥエイン・ジョンソンがギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを演じるアクションムービー。共演には『スノーピアサー』のジョン・ハート、『恋に落ちたシェイクスピア』のジョセフ・ファインズらが出演している。監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のブレット・ラトナー。如何にもハリウッドらしいケレン味と、派手なアクションに人間ドラマのエキスをまぶした映画らしい映画だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヘラクレス from ダイターンクラッシュ!! (2014年11月11日 22時32分)
    2014年11月8日(土) 19:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1500円(シネマイレージデイ+3D料金) パンフレット:未確認 増毛したヘラクレス 『ヘラクレス』公式サイト 連荘で観たファンタジーの中で一番マシ。 正攻法の映画だ。 本作の前に、ひっそりと公開された 「カット・スロート・アイランド」の大失敗以降、まったく浮上できないレニー・ハーリン監督作品。「ロング・キス・グッドナイト」は面白いのだが。 お勧め度:☆☆★ 増毛度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヘラクレス」 from prisoner's BLOG (2014年11月4日 10時48分)
    ヘラクレスが神と人の間に生まれた子ではなくて、強いけれど人間として設定されているのが眼目。 伝説・噂の上だけの英雄が本物の英雄になる話という捉え方もできるが、やたら強いから結果としてはそんなに違いはない。 ドゥエイン・ジョンソンはマッチョなだけでなく柄と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヘラクレス」 映画 最強筋肉ドゥエイン・ジョンソン(;゜Д゜)! from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2014年11月2日 0時7分)
    筋肉アクション最高(*゜∀゜*) ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公に ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年10月20日の週の公開作品
  3. 『ヘラクレス』