シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
マンデラ 自由への長い道
(C) 2013 Long Walk To Freedom(Pry)Ltd.
英題:
MANDELA: LONG WALK TO FREEDOM
製作年:
2013年
製作国:
イギリス/南アフリカ
日本公開:
2014年5月24日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:2013年12月5日に逝去した元南アフリカ大統領、ネルソン・マンデラの「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」を実写化した伝記ドラマ。人種隔離政策アパルトヘイトに挑む闘士から大統領となった彼が歩んだ波瀾(はらん)万丈の人生を、重厚なタッチで映し出していく。メガホンを取るのは、『ブーリン家の姉妹』などのジャスティン・チャドウィック。『パシフィック・リム』などのイドリス・エルバが、マンデラを熱演。実際にマンデラと親交の深かったU2のボノが作品のために書き下ろした主題歌も聴きもの。

ストーリー:人種隔離政策アパルトヘイトによって、白人たちが優位に立ち、黒人たちが迫害されていた、南アフリカ共和国。弁護士として働いていたネルソン・マンデラ(イドリス・エルバ)は、そんな差別や偏見が当然のように存在している状況に疑問と怒りを感じられずにはいられなかった。その思いを強くするあまり、彼は反アパルトヘイトを訴えた政治活動に身を投じていくが、それと同時に当局から目を付けられるように。活動は熱を帯び、ついには国家反逆罪で逮捕され、終身刑という重い判決を下されてしまう。

マンデラ 自由への長い道
(C) 2013 Long Walk To Freedom(Pry)Ltd.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    そして物語はイーストウッドへ続く。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ネルソン自伝の映画化だと知り、彼の意思を継ぐファウンデーションの神格化を嫌う高潔さを感じさせる作品。“モテまくりヤリまくり”なインテリ弁護士の境遇を捨て、「反政府テロリスト」となったのち非暴力主義へと変わる足跡を追いながら、「主役不在」の長く過酷な時間をアイコンとして背負った妻・ウィニーの闘いに大きな時間を割き、南アフリカを解放へと導いたもうひとりの立役者の業績と復権に心を砕いているのがいい。できればTVのミニシリーズ枠でもう少し細かく見せたいのが作り手の本心かとも思うが。ネルソンの政治家としての辣腕ぶりを知るには『インビクタス/負けざる者たち』を続けて観てね、といわんばかりの幕切れにニヤリ。

  • 中山 治美
    ゛民主化の父゛の光と影
    ★★★★
    »読む«閉じる

     昨年12月にマンデラ氏が亡くなった時、世界中が泣いた。その涙の意味と人権問題について改めて考えさせてくれる伝記映画である。中でも本作がクローズアップするのは、27年間の投獄生活で地位と名声を得た一方で、失ったモノの大きさ。中でもウィニー夫人との決別だ。2人は反アパルトヘイト政策を唱える同志だったが、長い別居生活で方向性に隔たりが出てくる。時の流れは残酷だ。
     原作はマンデラ氏の自叙伝である。そうした影の部分を詳らかにすることでより一層、弱者のために命懸けで闘った光の部分が際立ってくる。観賞後はきっと、真のリーダーはかくあるべし!と、日本の中央に向かって、叫びたくなるに違いない。

  • 山縣みどり
    憎悪の連鎖が止む日が来るといいな。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アパルトヘイト(人種隔離政策)を撤廃した故ネルソン・マンデラ大統領の人生はよく知られていて、本作でメインとなるのも長い獄中生活。国家反逆罪で終身刑となった氏と仲間たちは入獄中も闘争を続け、平和的な手法で小さい要求を通していく。屈辱的な状況に負けない姿に活動家の真髄がキラリン。終盤のデクラーク大統領との駆け引きでも戦略家らしいしたたかさを見せ、まるでチェスのような緊迫感だ。歴史の1ページはこうやって綴られるし、やがて憎悪の連鎖が止まる日が来るとの希望を抱きたくもなる。マンデラ役のイドリス・エルバの瞳演技に要注目。武闘派時代の前半と平和主義に転じた後半とで異なる眼力を披露しているのが素晴らしい!

  • なかざわひでゆき
    綺麗ごとの偉人伝に帰結しない人間臭さが魅力
    ★★★★
    »読む«閉じる

     原作がネルソン・マンデラ本人の書いた自伝であるだけに、通り一辺倒の伝記映画には終わっていない。差別と抑圧に耐える生活から一転して武装闘争に立ち上がった彼が、27年間の牢獄生活を経て許しの境地へと至る“魂の変遷”を辿ることで、マンデラの訴えた“自由と平等”の真髄を浮き彫りにする作品だと言えよう。
     事実を美化しないことが映画化許可の条件だったらしく、マンデラの浮気癖などの泥臭いエピソードも多々あり。必要以上に白人を悪者に仕立てない賢明さも含め、血の通った生身の人間が描かれている。この種の映画は気が滅入ると身構える向きもあるかもしれないが、本作は決して重苦しくなり過ぎないサジ加減も良い。

動画

映画『マンデラ 自由への長い道』予告編

写真ギャラリー

The Weinstein Company / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『マンデラ 自由への長い道』ポスター
    ポスター

スタッフ

主題歌: U2

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マンデラ 自由への長い道』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「マンデラ 自由への長い道」27年間と言う時間が変えたもの from soramove (2014年7月23日 20時4分)
    「マンデラ 自由への長い道」★★★☆ イドリス・エルバ、ナオミ・ハリス出演 ジャスティン・チャドウィック監督、 147分 2014年5月24日公開 2013年/英=南アフリカ、 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:MANDELA: LONG WALK TO FREEDOM) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「南アフ ...[外部サイトの続きを読む]
  • マンデラ 自由への長い道 (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月5日 3時30分)
    南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)撤廃後に最初の大統領となったネルソン・マンデラ氏の自伝の映画化。 アパルトヘイトに抵抗してなんと27年間も投獄された。3歳の娘と再会できたのは面会できる16歳になってから。投獄中に母親も長男も亡くなった。支配層の白人にいする怨みは誰よりも強いはず。それにもかかわらず自由になった後は人種間の融和政策を進めた。 アパルトヘイトを撤廃に導いたことよりも... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『マンデラ 自由への長い道』★長尺でもマンデラさんの真意が印象的にテンポ良く from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年5月31日 1時12分)
    &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164570/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。 &nbsp; &nbsp; 南アフリカ共和国のアパルトヘイトに抗議し 27 年間も投獄されていた、マンデラ元大統領。 &nbsp; “27 年間も投獄 ”― というのが、辛すぎるのですが 上映時間 2 時間半の長さを感じさせない!と聞いて 鑑賞しました。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マンデラ 自由への長い道 / Mandela: Long Walk to Freedom from 勝手に映画評 (2014年5月24日 18時5分)
    昨年(2013年)12月5日死去した、ノーベル平和賞受賞者であるネルソン・マンデラ氏の自伝『自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝』の映画化。 自伝という割に、意外に前半は、すぐに女性と恋に落ちたり、不倫したりという、自由な(?)マンデラ氏の姿が描かれます。ま... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マンデラ 自由への長い道 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年5月24日 0時58分)
    マンデラ 自由への長い道 [DVD] [DVD]元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラの自伝を映画化した「マンデラ 自由への長い道」。単なる英雄伝になっておらず、影の部分もきちんと描く姿 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月19日の週の公開作品
  3. 『マンデラ 自由への長い道』