シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
シャドウハンター
(C) 2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features (TMI) Inc.
英題:
THE MORTAL INSTRUMENTS: CITY OF BONES
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ・ドイツ・カナダ
日本公開:
2014年4月19日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
提供・配給:
プレシディオ
協力:
ワーナー・ホーム・ビデオ
カラー/DCP/シネマスコープ

チェック:全世界で大ベストセラーを記録した、カサンドラ・クレアの小説「シャドウハンター 骨の街」を実写化したアドベンチャー。自身が妖魔を退治する一族の子孫だと知った少女が、さまざまなクリーチャーと戦闘を繰り広げながら伝説の聖杯をめぐる冒険に挑む。監督は、『ベスト・キッド』などのハラルド・ズワルト。『白雪姫と鏡の女王』などのリリー・コリンズが、思わぬ運命と対峙(たいじ)する気丈なヒロインを快演する。圧倒的ビジュアルに加え、ティーン特有の心情をリアルにつづった描写も見もの。

ストーリー:あるクラブを訪れた少女クラリー(リリー・コリンズ)は、そこで謎めいたジェイス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)という少年に遭遇する。彼は地下世界に潜む、吸血鬼、人狼、妖魔などを始末するシャドウハンターと呼ばれる一族の者であった。やがて、ジョイスは母ジョスリン(レナ・ヘディ)もシャドウハンターである上に、強大な力を授けるとされる聖杯を隠し持っていることを知る。衝撃の事実に動揺する中、母が聖杯を狙う反逆者ヴァレンタイン(ジョナサン・リス・マイヤーズ)に拉致されてしまい……。

シャドウハンター
(C) 2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features (TMI) Inc.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    アクションとVFXは満載だけど新鮮味はゼロ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ある日突然、魔物を退治するシャドウハンターの特殊能力に目覚めた少女が、仲間と共に魑魅魍魎たちの邪悪な陰謀に立ち向かう。あれ、そんな映画ほかにもあったよね?などと訊くことすら野暮に思える既視感ありまくりなダークファンタジーだ。
     なにしろ、近頃この手の作品は映画でもテレビでも溢れかえってる。吸血鬼やら狼人間やら魔法使いやらが入り乱れる世界ならば、「トゥルー・ブラッド」とか「GRIMM」のようなドラマの方がよっぽど斬新で凝っていると言えよう。
     ただ、主演のリリー・コリンズとジェイス・ウェイランドの2人は魅力的。派手なアクションやVFXも揃っているので、単純明快な娯楽映画としては普通に楽しめる。

  • 山縣みどり
    異人種間ラブにあこがれるティーン少女の夢叶えます!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『トワイラト』ブームに乗った、異人種ラブに憧れるティーンの夢叶えます的なラブ・ファンタジーだ。まずキャラ設定が上手。主人公クラリーはおたく少年が親友なアート系女子で、彼女が恋するジェイスはクールなシャドウハンター! 実際はクラリーも同類なので異人種ラブではないけれど、どんくさ女子とイケメンの恋はティーンにはおとぎ話効果大なのだ。さらにはジェイスと親友の間で一方通行のBLも進行して妄想女子も大満足。さて肝心の物語は怒濤の超速展開なので頭を柔軟にすべし。派手なアクションとCGを多用した妖魔との戦いをはさみながら次々と明かされる地下世界やクラリーの両親の秘密を消化するのに精一杯。ふ~っ、忙しい。

  • ミルクマン斉藤
    既視感ばりばり。続編は微妙だな。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    何百年と続いてきた闇の世界の内輪揉めに、高貴な血を受け継いだ一般人が巻き込まれ、そのうち眠っていた特殊能力が発現した彼/彼女とのあいだに種族を超えた三角関係が…って、またしても同工異曲のティーン向けファンタジー。ま、恋愛色が割と少なく、イケメンもクセありすぎじゃなく、眠気を誘う音楽も鳴らないので正直あのメガヒットサーガよりは観ていられるが、聖杯とか妖魔とかハンターとか狼男とかの設定にも、ゴス風のスタイルにも目新しさは希薄だ(そんなアンダーワールドにもゲイ差別があるのは面白いけど)。もともとこっち系の演技が好きらしいCCHパウンダーの狂態にだけ、コメディ色の強い監督H.ズワルトの味がある。

  • 平沢 薫
    この顔ぶれに"ピン"とくるなら要チェック!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     とにかく、ファンタジー映画でおなじみの人気俳優たちが大集合。

     ヒロインは「白雪姫と鏡の魔女」のリリー・コリンズ。その恋人役は「トワイライト」サーガの吸血鬼ジェイミー・キャンベル・バウアー。ヒロインの母は「ゲーム・オブ・スローンズ」「300」共に王妃役のレナ・ヘディ。その恋人は「ホビット」随一のイケメンで「ビーイング・ヒューマン」の吸血鬼エイダン・ターナー。悪役は「THE TUDORS~背徳の王冠~」のジョナサン・リス・マイヤーズ。さらにジャレッド・ハリス、ケヴィン・デュランドも出演。

     "この顔ぶれなら見なくては"と思うなら、期待通りのビジュアルが堪能できるはず。

動画

映画『シャドウハンター』特報

写真ギャラリー

Screen Gems / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『シャドウハンター』ポスター
    ポスター
  • 映画『シャドウハンター』チラシ
    チラシ
  • 映画『シャドウハンター』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シャドウハンター』ビニール傘用ルーンステッカー
    ビニール傘用ルーンステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シャドウハンター』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シャドウハンター (2013) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年9月23日 4時1分)
    人間は気づいていないが人間に禍をもたらす妖魔(demon)と戦っているシャドウハンターがいる。ごく普通の少女が自分がシャドウハンターであることを知り、魔法使い、ヴァンパイア、ウェアウルフ(人狼)が入り乱れる戦いに身を投じていく。 DVDで観た。 原作は現在6作が出版済み。続編「The Mortal Instruments: City of Ashes」の映画化がアナウンスされていて、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シャドウハンター from ダイターンクラッシュ!! (2014年4月29日 22時59分)
    2014年4月20日(土) 15:15~ TOHOシネマズららぽーと横浜9 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 トワイライトよりいらつかないが、トワイライトよりつまらない 『シャドウハンター』公式サイト フリーパスポート18本目。 何年かに1回登場する吸血鬼系。 「トワイライト」の匂いがするのだが、相手役の気色悪さ中心に、全てにおいて劣っている。が、「トワイライト」が、優れているという意味ではないぞ。 眉毛の濃い、あまり美しくない娘、どこかで見たことがあると思ったら、フィル・コリンズ ...[外部サイトの続きを読む]
  • シャドウハンター from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年4月21日 0時37分)
    Mortal Instruments: City of Bones [CD]闇の妖魔と戦う運命を背負った少女の活躍を描く冒険ファンタジー「シャドウハンター」。どこかで見たような既視感満載。NYに住むごく平凡な女の子ク ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月14日の週の公開作品
  3. 『シャドウハンター』