シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ローマでアモーレ
(C) GRAVIER PRODUCTIONS,INC.photo by Philippe Antonello
英題:
TO ROME WITH LOVE
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ/イタリア/スペイン
日本公開:
2013年6月8日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
カラー

チェック:巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となるウディが自身の監督作に登場するほか、ベテランのアレック・ボールドウィン、『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルス、若手実力派ジェシー・アイゼンバーグ、エレン・ペイジら豪華キャストが勢ぞろい。コロッセオやスペイン階段などの名所をはじめ、普通の観光では訪れることがあまりない路地裏の光景など、次々と映し出される街の魅力に酔いしれる。

ストーリー:娘がイタリア人と婚約した音楽プロデューサーのジェリー(ウディ・アレン)は、ローマを訪れる。婚約者の家に招待されたジェリーは、浴室で歌う婚約者の父がオペラ歌手のような美声であることに驚く。一方、恋人と同居中の建築学生ジャック(ジェシー・アイゼンバーグ)の家に、恋人の親友モニカ(エレン・ペイジ)が身を寄せてくる。かわいらしい外見とは裏腹に恋愛に対しては積極的な彼女を、ジャックは少しずつ気になり始めていて……。

ローマでアモーレ
(C) GRAVIER PRODUCTIONS,INC.photo by Philippe Antonello

映画短評

  • なかざわひでゆき
    往年のイタリア映画を彷彿とさせる大らかさ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ロンドン、バルセロナ、パリと、ヨーロッパ各地を巡ってきたウディ・アレンが今回の舞台に選んだのはローマ。4つの異なる物語を同時進行させつつ、恋愛と音楽と美食の都であるローマの魅力がふんだんに描かれていく。しかし、あまりにも色々な要素を詰め込んでしまったため散漫な印象は拭えず、ただの観光映画になってしまった感あり。傑作「ミッドナイト・イン・パリ」の後だけに、ついつい期待値が高くなってしまったせいだろうか。とはいえ、デ・シーカやディノ・リージなどが得意とした往年のイタリア産艶笑映画を彷彿とさせる大らかさ、充実した豪華キャストの共演などは魅力。大女優オルネラ・ムーティの登場も嬉しいし、イタリアの懐メロヒット“Amada mia, Amore mio“のメロディも楽しい。

動画

映画『ローマでアモーレ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ローマでアモーレ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ローマでアモーレ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ローマでアモーレ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ローマでアモーレ』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ローマでアモーレ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ローマでア・モーレ」 from ここなつ映画レビュー (2014年1月15日 15時21分)
    ウディ・アレンは、自身の回顧趣味と若者(中年を含む)へのエールを上手くミックスした作品が最近多いように思う。今回のテーマは(きっと、多分、)「夢が叶ったら」。夢が叶った後どうなるか、その後行き過ぎていく中で夢が覚めたらどうなるか、をアイロニーも含めて描き出している。 昔はそうでもなかったのに、ウディ・アレンの作品最近すごく好き。私も年をとったという事か。それとも私って意外とスノッブなヤツだったのか…(笑)。 オムニバス調の作品。ローマで暮らす4組の夫婦、カップル、家族、個人のお話を、同時進行させ ...[外部サイトの続きを読む]
  • To Rome with Love (ローマでアモーレ) from Cinema Review シネマ・レビュー (2014年1月11日 18時18分)
    To Rome with Love (2012) ★★☆☆☆ (USA) 日本語タイトル: ローマでアモーレ official site: http://romadeamore.jp/ Starring: Woody Allen(ウディ・アレン), Judy Davis(ジュディ・デイヴィス), Alison Pill(アリソン・ピル), Roberto Benigni(ロベ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ローマでアモーレ from 映画三昧、活字中毒 (2013年7月27日 13時13分)
    ■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞ローマでアモーレ/TO ROME WITH LOVE 2012年/アメリカ、イタリア、スペイン/111分 監督: ウディ・アレン 出演: ウディ・アレン/アレック・ボールドウィン/ロベルト・... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ローマでアモーレ」:今回は切れ味鈍し from 大江戸時夫の東京温度 (2013年7月14日 23時14分)
    映画『ローマでアモーレ』は、ウディ・アレンが久々に役者としても登場した作品。バル ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ローマでアモーレ To Rome with Love なぜか「都市の魅力度」について考察するはめに(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2013年7月9日 5時30分)
    元々NYの魅力を描かせたら天下一品だったウディ・アレン。 最近では、 2010「恋のロンドン狂騒曲」 2011「ミッドナイト・イン・パリ」    ときて、今回の「ローマでアモーレ」、と世界の都市を巡っている。 さてローマ。 この物語の狂言まわしは、英語がほとんど... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年6月3日の週の公開作品
  3. 『ローマでアモーレ』