シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ディス/コネクト
(C) DISCONNECT, LLC 2013
英題:
DISCONNECT
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年5月24日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス
提供:
クロックワークス / ニューセレクト
カラー/ビスタサイズ/DCP5.1ch

チェック:『マイレージ、マイライフ』などのジェイソン・ベイトマンらが出演し、『マーダーボール』のヘンリー=アレックス・ルビンが監督を務めた人間ドラマ。ソーシャルネットワーク上で起きた事件を引き金に、大切な相手との関係を修復しようと努力する人々の姿を描き出す。『リアル・スティール』などのホープ・デイヴィスや『THE GREY 凍える太陽』などのフランク・グリロら実力派俳優たちが共演。それぞれの物語が交錯しながら迎える感動の結末が胸を打つ。

ストーリー:リッチ(ジェイソン・ベイトマン)の息子はソーシャルネットワークを通じて攻撃され、自殺しようとするも一命を取り留めたが意識不明の状態になってしまう。弁護士として仕事に忙殺される彼は家族との関係もおざなりにしていたため、息子の自殺の原因がまったくわからず困惑していた。一方、元刑事の厳格な父親と二人暮らしをする加害者の少年は愛情に飢えており……。

ディス/コネクト
(C) DISCONNECT, LLC 2013

映画短評

  • 清水 節
    SNSユーザー必見 危ういのはネットではなく人間の心の闇だ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     SNSを起点に発生する3つの闇――癒しを求める。功名心がはやる。心を許せる相手を欲する。つながりを信じた挙げ句、彼らはネット社会特有の危険な罠に堕ちていく。テーマは単純なメディア批判ではない。過信しやすい人間の方にこそ問題の根があることも示唆する。安易なつながりがもたらす結果を、生身で接触することの重みを、考えさせる。
     
     劇的に収斂するオムニバスという観点から『クラッシュ』や『バベル』のスタイルと比較されがちだが、構成やテクニックの妙に酔っていない。隠しキャメラやアドリブも用い、地味ながら確かな演技陣のダイナミズムに懸けている。全てのSNSユーザー必見の同時代の人間ドラマだ。

  • なかざわひでゆき
    それでも人間同士の心の触れ合いを信じる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     インターネットが必要不可欠となって久しい昨今、その危うい側面に警鐘を鳴らす映画は数多く作られてきたが、本作は平凡な市井の人々の群像劇という形で現代のネット社会を俯瞰して見せる。
     仮想空間に現実逃避を求めた孤独な人々が巻き込まれる負の連鎖。SNSを介したイジメやフィッシング詐欺、違法ポルノなど、全てのエピソードが終盤へ向けて巧みに絡み合っていく構成は、まさにネット版「クラッシュ」だ。
     安易な擬似コミュニケーションが氾濫する世の中で、それでも人間同士の確かな心の触れ合いを信じて未来に希望を託すラストがジワリと心に響く。実力のある中堅や若手を揃えた役者陣も物語に真実味を与えている。

  • 山縣みどり
    誰かとつながるって、どういうことか考えて!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    リベンジポルノに出会い系、フィッシング詐欺……、20年前には考えもしなかった新種の犯罪はインターネットの発達による弊害で、便利な道具も使い方を間違えるとトラブルの元凶の見本!?  この映画はそれらの犯罪を軸に現代に置ける“人間関係”の危うさや希薄さを浮き彫りにするのが狙いで、帰結点も説得力がある。やっぱ人間同士は腹割って話し合わなきゃな、と思うしね。ただしPCが電子レンジ並みの家電となり、SNSで交流するのが当然である世代はこんなメッセージはもしやウザいだけ? SNSで培う友情に何の問題もないと言われればそれまでだし、そもそも他者とつながるってどういうことだろうとも深く考えさせられてしまった。

  • くれい響
    “SNS版『クラッシュ』”どころじゃない現代社会の闇
    ★★★★
    »読む«閉じる

    一言で言えば、“SNS版『クラッシュ』”だが、近年迷走しているポール・ハギスに比べ、ヘンリー=アレックス・ルビン監督はテクニックよりもエンタメ性を重視。なかでも、違法ポルノサイトで働く青年と野心溢れる女性レポーターのエピソードは特出しており、サイト経営者役のマーク・ジェイコブスのアヤしい存在感もなかなか。決してお涙頂戴の展開にもっていかないのも、さすがは『マーダーボール』の監督だ(マーク・ズパンも、車イスのドラッグディーラー役で登場!)。
    『白ゆき姫殺人事件』とは違った意味でSNSの怖さが描かれている点も◎。難をいえば、“二代目『ティーンウルフ』”を始め、あまりにキャストが地味すぎる…。

動画

映画『ディス/コネクト』予告編
映画『ディス/コネクト』マーク・ジェイコブス出演シーン映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ディス/コネクト』ポスター
    ポスター
  • 映画『ディス/コネクト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ディス/コネクト』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクション・デザイナー: ディナ・ゴールドマン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ディス/コネクト』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ディス/コネクト』を見た【映画】ヘンリー=アレックス・ルビン監督が贈るネット社会によるコミュニケーションの断絶を描いたヒューマンドラマ from カフェビショップ (2014年11月26日 6時28分)
    なんかこれコメディっぽいなあ。 いやね、悲劇的なこと起きてるんすけどね。 首吊りで意識不明になってる人がいたり、 サイバー犯罪で預金を全部引き出されて 明日の生活費どうしようかという人がいたり、 エロチャットで生計を立てる家出少年がいたりと 起きてるこ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ディス/コネクト』★ネット社会でも良い関係でつながりたい(^_-)-☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年8月27日 22時44分)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/163905/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     ネットで簡単につながる社会―― 便利ですが、安易ですよね ……   その“負”の部分に、痛い目に遭った人々が感じる 怒りや後悔、そして良心 …etc. と言った感情が 実体としての人の熱い体温で、迫ってきました。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ディス/コネクト from 映画三昧、活字中毒 (2014年6月20日 0時44分)
    ■ 新宿バルト9にて鑑賞ディス/コネクト/DISCONNECT 2012年/アメリカ/115分 監督: ヘンリー=アレックス・ルビン 出演: ジェイソン・ベイトマン/ホープ・デイヴィス/フランク・グリロ/ミカエル・ニクヴィスト/ポーラ・パットン 公式サイト 公開: 2014年05月24日 テレビ局WK GUのレポーター、ニーナ・ダナンは、未成年を使った違法なポルノサイトの取材のた... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ディス/コネクト~遠隔操作も現実 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年5月29日 17時17分)
    公式サイト。原題:Disconnect。ヘンリー=アレックス・ルビン監督。ジェイソン・ベイトマン、ホープ・デイヴィス、フランク・グリロ、ミカエル・ニクヴィスト、ポーラ・パットン、ア ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ディス/コネクト/画面のむこうに、人生がある from 映画感想 * FRAGILE (2014年5月29日 9時20分)
    ディス/コネクトDisconnect/監督:ヘンリー・アレックス・ルビン/2012年/アメリカ けっきょく、繋がっている相手は、人間なんだということを。 試写で鑑賞。公開は5月24日です。 あらすじ:ネットで釣ったら大変なことになりました。 いたずらっこがネットで釣りしてたらリアルでやばいことにお父さん(ジェイソン・ベイトマン)が激怒エロチャットで働く若者に取材しようとした熟女が…カード情報抜き取られてすっからかん(アレクサンダー・スカルスガルド) ざっくりこんなかんじになっております ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月19日の週の公開作品
  3. 『ディス/コネクト』