シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
フォーカス
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
英題:
FOCUS
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年5月1日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:ウィル・スミスふんするすご腕詐欺師と彼から詐欺師の全てを学んだ美人詐欺師が、世界の大富豪を巻き込み壮絶なだまし合いを繰り広げるクライムサスペンス。男を手玉に取る女詐欺師に成長した主人公の元恋人を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのマーゴット・ロビーが演じる。監督・脚本は、『ラブ・アゲイン』などのグレン・フィカーラとジョン・レクア。スリのプロとして有名なアポロ・ロビンスが演出した、詐欺師たちの巧妙な手さばきも見どころ。

ストーリー:30人の熟練詐欺師集団をまとめるニッキー(ウィル・スミス)は、半人前な女詐欺師ジェス(マーゴット・ロビー)に可能性を見いだし、一流の犯罪者にすべくノウハウを伝授する。やがて二人は恋に落ちるが、恋愛は自分の仕事の邪魔になると判断しジェスのもとを去る。数年後、ニッキーが一世一代の詐欺を仕掛けるブエノスアイレスのモーターレース会場で、一段と美貌に磨きをかけたジェスと再会し……。

フォーカス
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • なかざわひでゆき
    深いこと考えずに気持ちよく騙されちゃいましょう
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     要は、百戦錬磨のクールな凄腕詐欺師とその愛弟子たるセクシー美女の、付かず離れずな恋の駆け引きを軸にした犯罪映画である。
     全編に渡って様々な詐欺テクニックが繰り広げられるわけだが、なるほど用意周到かつ大胆な計画の数々には見る方もウッカリと騙されてしまう。ただ、あれにもこれにも裏があるってな具合に仕掛けをばらまき過ぎているため、だんだん驚かなくなってしまうことも否めない。ああ、またかよ…みたいな(笑)。
     とはいえ、W・スミスとM・ロビーの美男美女コンビは文句なしに画になるし、映像もスタリッシュでゴージャスだし、サスペンスとロマンスとユーモアのバランスも絶妙。深いこと考えずに楽しむべし。

  • くれい響
    これで『アフター・アース』はなかったことに?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『フィリップ、きみを愛してる!』『ラブ・アゲイン』の監督コンビというだけに自然とハードルが上がるが、久しぶりにセクシー&ワイルドを強調したウィル・スミスに、脱がなくてもしっかりエロいマーゴット・ロビーの魅力が全開、オトナのためのエンタテイメントに仕上がっている。詐欺テクだけでなく、女性としてもしっかり『プリティ・ウーマン』に変貌させていく前半の展開は文句なし! 中盤スーパーボウルを舞台に、ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」がキーワードになるバトルでコンゲーム映画としてのピークを迎えてしまうのが惜しまれるが、後半はいかにもこの監督コンビらしい未練タラ男のラブコメとして十分楽しめます。

  • 相馬 学
    犯罪劇は釣り餌、肝は恋愛劇にあり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     描かれるのは腕利きの詐欺師が企てたペテン計画と、彼の恋物語。そんなスリルとロマンスのバランスがとれているのがマス向けの娯楽映画としては理想的だが、本作では後者が勝った。

     『スティング』のようなコン・ゲームのスリルを味わいたい向きには、構造上の甘さが目についてしまう。本作では大別して3つの犯罪&詐欺計画が描かれるが、ストーンズのあの名曲をも駆使した2つめの仕掛けがスゴ過ぎて、クライマックスの3番目では猜疑心がぬぐえなくなるのだ。

     しかしラブストーリーとして見るならば、そんな詰めの甘さも許せてしまう。犯罪劇のスリルは観客の“視線(=フォーカス)”をそらす要素に過ぎなかったのかもしれない。

動画

映画『フォーカス』予告編
ウィル・スミスが詐欺師に扮する!映画『フォーカス』特報
さかなクンがウィル・スミスに変身!映画『フォーカス』エイプリルフール限定ポスターメイキング映像

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『フォーカス』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『フォーカス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • フォーカス from ダイターンクラッシュ!! (2015年5月30日 19時6分)
    2015年5月10日(日) 14:45~ 109シネマズ川崎5 料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 ちょっとは驚いた 『フォーカス』公式サイト 詐欺映画。正確には詐欺師の話で、どんでん返し系。 伏線が卑怯なので、詐欺映画とも言える。 ホテルで、あんな場面があって、「言ってなかったのか?」なんて、良くもシラっと言えるものだ。 よってもって、ちょっとは驚いたレベルの評価。 誘っておいて、叩き出して、チームも解散しているという、ウィル・スミスの前半の行動も謎。 お勧め度: ...[外部サイトの続きを読む]
  • フォーカス from sailor's tale (2015年5月16日 19時8分)
    序盤は悪くない。ポンポンとテンポよく、システマティックに薄利多売で小金を稼いでゆく犯罪グループの描写は、意外と楽しめるものだった。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「フォーカス」 from ここなつ映画レビュー (2015年5月7日 13時24分)
    面白かった。正統派の詐欺師軍団の物語。いや、主役はウィル・スミス限定なので「軍団」と言ってもその他大勢なのだけれど。大枠を一言で言ってしまえば、詐欺師と女スリの大規模な詐欺と恋のお話。そして、それらは全て周到に、何年もかけて計画立てられている。そう、ああきっと、恋さえも!!だが、本当は「恋」は想定外だったのかも。つまり、「本気の恋」は。騙し騙され、真実なんてごく限られた仲間内だけしか知らない詐欺師稼業。そしてその真実は、ニッキー(ウィル・スミス)とジェス(マーゴット・ロビー)の間でも決してつまびらかにはされ ...[外部サイトの続きを読む]
  • フォーカス/FOCUS from 我想一個人映画美的女人blog (2015年5月3日 0時11分)
    「フィリップ、きみを愛してる!」「ラブ・アゲイン」の監督脚本、グレン・フィカーラ最新作。 大好きウィル×「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」で目を付けた(笑)マーゴット・ロビー共演 しかも、ロドリゴ・サントロまで共演ときたら観ないわけに... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『フォーカス』★大金・詐欺にフォーカスしていたはずがいつしか(^_-)-☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年5月2日 14時44分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166995/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 主演:ウイル・スミス  ←詐欺グループのリーダー: ニッキ― 詐欺師の話です。 詐欺師メインの話は、詐欺に遭わせた不幸話でなく どんな手口で騙すのかに、期待します。 今回の詐欺は、大博打いや大口です。 ちまちま稼がない^^; お金持ち相手にドーンと(^_-)-☆ 視点(フォ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年4月27日の週の公開作品
  3. 『フォーカス』