シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
カルロス
(C) CAROLE BETHUEL / JEAN CLAUDE MOIREAU / PATRICK SWIRC / FILM EN STOCK / CANAL+
英題:
CARLOS
製作年:
2010年
製作国:
フランス/ドイツ
日本公開:
2012年9月1日
上映時間:
配給:
マーメイドフィルム
カラー/シネマスコープ

チェック:1970年代から1994年に逮捕されるまで世界中を震撼(しんかん)させた国際テロリスト、イリッチ・ラミレス・サンチェス(通称カルロス)の半生を描いた社会派サスペンス。革命を夢見た男の栄光と挫折の物語を、日本赤軍によるハーグのフランス大使館占拠事件やウィーンのOPEC本部襲撃事件など実際のニュース映像を交えながら、3部にわけて再現する。監督は、『DEMONLOVER デーモンラヴァー』『夏時間の庭』のオリヴィエ・アサイヤス。主人公カルロスにふんした『チェ 28歳の革命』のエドガー・ラミレスの熱演は圧巻。

ストーリー:ベネズエラ出身の過激派イリッチ・ラミレス・サンチェス(エドガー・ラミレス)は、1970年にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)に合流し、資本主義国を標的にした数々のテロに加担する。やがてカルロスというコードネームで呼ばれるようになった彼は、ハーグ事件、OPEC本部襲撃事件、フランスのTGVでのテロなどの悪名高いテロ活動に関わり、世界を恐怖に陥れていくが……。

カルロス
(C) CAROLE BETHUEL / JEAN CLAUDE MOIREAU / PATRICK SWIRC / FILM EN STOCK / CANAL+

動画

映画『カルロス』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『カルロス』ポスター
    ポスター
  • 映画『カルロス』チラシ
    チラシ
  • 映画『カルロス』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作・原案: ダニエル・ルコント
製作総指揮: ラファエル・コーエン
プロダクションデザイン: フランソワ=ルノー・ラバルテ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『カルロス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年8月27日の週の公開作品
  3. 『カルロス』