シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

推理作家ポー 最期の5日間

推理作家ポー 最期の5日間
(C) 2011 Incentive Film Productions, LLC. All rights reserved.
英題:
THE RAVEN
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2012年10月12日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

チェック:「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自身が捜査に加わり殺人鬼を追い詰めていく。主人公ポーには『2012』のジョン・キューザック、共演には『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のルーク・エヴァンス、『ヒットマンズ・レクイエム』のブレンダン・グリーソンらが集結。『Vフォー・ヴェンデッタ』のジェームズ・マクティーグ監督による、作品の世界観を表現した映像にも注目。

ストーリー:1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ていることを察知。貧乏で酒におぼれる生活を送るポーは容疑者とみなされるが、捜査が進められる中、彼の著作をまねるように連続殺人が発生。その後、自らのアリバイが証明されたポーは、事件解明のため捜査に加わるが……。

推理作家ポー 最期の5日間
(C) 2011 Incentive Film Productions, LLC. All rights reserved.

動画

映画『推理作家ポー 最期の5日間』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『推理作家ポー 最期の5日間』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『推理作家ポー 最期の5日間』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジェームズ・マクティーグ監督,ジョン・キューザック主演『推理作家ポー最期の5日間』を観た【映画】 from カフェビショップ (2013年6月13日 20時13分)
    「推理作家ポー最期の5日間」 あらすじ・内容 ポーって野垂れ死に同然の死に方したって聞いたことあるなあ。 探偵小説の始祖であり、 高名な詩人、 鋭い批評を繰り出す気鋭の批評家、 その名もエドガー・アラン・ポー。 偉大な作家と今では言われてるけど、 文無… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 推理作家ポー 最期の5日間 from DJ犬による映画雑談 (2013年6月8日 4時43分)
    1849年のアメリカ、ボルティモア。闇夜の中で凄惨な殺人事件が発生する。血まみれの母娘の無残な死体だった。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画【推理作家ポー 最期の5日間】 from Chateau de perle (2013年4月1日 15時19分)
    【推理作家ポー 最期の5日間】 公式サイト 監督 ジェームズ・マクティーグ 出演 ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、他 1849 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「推理作家ポー 最期の5日間」 江戸川乱歩の名前の由来の人っすよね(?≧?≦) from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2013年3月30日 0時7分)
    江戸川乱歩の名前の由来[E:sign01]          エドガー・アラン・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画レビュー 「推理作家ポー 最期の5日間」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) (2013年1月26日 18時49分)
    推理作家ポー 最期の5日間  原題:The Raven 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 【ほぼ140字コメント】 パッとしない。ジョン・キューザックがいまいちパッとしなかったりするのも一... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年10月8日の週の公開作品
  3. 『推理作家ポー 最期の5日間』