シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ニード・フォー・スピード

公式サイト:http://Disney-Studio.jp/NFS
ニード・フォー・スピード
(C) 2014 DreamWorks ll. Distribution Co. All Rights Reserved.
英題:
NEED FOR SPEED
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年6月7日
(丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー ほか)
上映時間:
日本語字幕:
菊地浩司
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー/スコープサイズ/ドルビーサラウンド5.1・7.1

チェック:世界的な人気レーシングカーゲームを原案にしたカーアクション。天才レーサーが自分を裏切り陥れたかつての相棒に復讐(ふくしゅう)すべく、危険な公道レースに挑む。『ネイビーシールズ』などのスコット・ウォーが監督を務め、フォード・マスタングやランボルギーニなど世界のスーパーカーが多数登場し迫力のレースシーンが展開。テレビドラマ「ブレイキング・バッド」シリーズなどのアーロン・ポールを筆頭に、『17歳の肖像』などのドミニク・クーパーらが共演する。

ストーリー:天才的なドライビングテクニックを持つレーサーのトビー(アーロン・ポール)は、パートナーのディーノ(ドミニク・クーパー)に裏切られぬれぎぬを着せられてしまう。そのリベンジを果たすため、彼はチューンアップされたスーパーカーが目にも留まらぬスピードで疾走する危険なストリートレースに挑む。ライバルたちの妨害や警察が執拗(しつよう)に追跡する中、ゴールに向かってひた走るトビーだったが……。

ニード・フォー・スピード
(C) 2014 DreamWorks ll. Distribution Co. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    文句なしに楽しめる痛快カーアクション
    ★★★★
    »読む«閉じる

     どうせ「ワイルド・スピード」の亜流映画だろうとタカをくくっていたら、意表をつくぐらい面白かった。確かに、犯罪の濡れ衣を着せられた天才ドライバーの若者が、敵討ちをするべく過酷なストリートレースに挑む、というストーリーには新鮮味がない。
     だが、それを補って余りあるのがVFX一切なしの超ハードなカー・スタントの数々。これは車好きでなくとも血湧き肉躍ること間違いなしだ。また、見た目はクールだが実は根っからのカーキチというイモジェン・プーツや、テンション上がりすぎて全裸で闊歩してしまうラミ・マレックなど、主人公を囲む仲間たちが素晴らしく魅力的。作り手が観客を楽しませるコツを見事に心得ている。

  • 山縣みどり
    ワイスピのバッタもんはキッチュな魅力あり!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    運転にかけては天才のメカニックが自尊心を取り戻そうと違法公道レースに挑む過程で画面にはスーパーカーと華麗な運転技術が続々登場。主人公トビーが仲間と組んで披露するスーパーテクが派手だし、「ホット・フュエル!」(走行中にガソリンを入れる技)とかいちいち声高に叫ぶあたりが必殺技連呼アニメを彷彿させる。ちょっと気恥ずかしいけど、そういう安っぽさが味になっていて不思議に楽しい。そしてうれしい驚きだったのがトビーの味方になる車に詳しいイギリス人美女を演じたイモージェン・プーツの存在。コミカルさとリアルさのバランスが絶妙で、刺身のツマ的な役柄をチャーミングに変身させた。彼女は今後、要注目だ。

  • ミルクマン斉藤
    カー・アクションは一級品。でも何故この主人公?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いわゆるゲームの映画化ものらしく、その“原作”とどこまで関連しているのかは知らないが、ストリート・レース映画としてはかなり骨のある仕上がりではないか。それはマイケル・キートン演じるDJの役回りが、ほとんど神話的な域にまで達した唯一無二のカー・アクション映画『バニシング・ポイント』の“スーパー・ソウル”を想起させるから。もはや違う次元に突入した感のある『ワイルド・スピード』シリーズ初期をも遥かに超える壮絶スタントが矢継ぎ早にあるし、なによりイモージェン・プーツの可愛さを運転席からの視点で眺められるという幸福感も大きい(笑)。ただ、主人公のダサさ、魅力のなさはいったい何なんだ?????

動画

映画『ニード・フォー・スピード』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ニード・フォー・スピード』ポスター
    ポスター
  • 映画『ニード・フォー・スピード』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作総指揮・編集:
脚本・ストーリー: ジョージ・ゲイティンズ
ストーリー・製作: ジョン・ゲイティンズ
プロダクションデザイン: ジョン・ハットマン
衣装デザイン: エレン・マイロニック
キャスティング: ロナ・クレス
スタントコーディネーター: ランス・ギルバート

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ニード・フォー・スピード』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ニード・フォー・スピード」 from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年2月23日 0時5分)
    公道レースでブッちぎれ[E:sign03] 世界的な人気レーシングカーゲームを原 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ニード・フォー・スピード」 from prisoner's BLOG (2014年6月24日 11時33分)
    ディズニー製のカーアクション、というとミスマッチみたいな気がするが、不必要に人が死なないのがいい。一人だけ死ぬのだが、それがドラマ上の決定的なモメントになっている。 ブロンド美女も出てくるが、あまりセクシーになり過ぎないように配慮している。 カーアクシ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニード・フォー・スピード from ダイターンクラッシュ!! (2014年6月22日 0時25分)
    2014年6月18日(水) 21:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 いい女もいい男もいない。 『ニード・フォー・スピード』公式サイト エレクトリック・アーツのロゴが出てくるんで、ゲームを原作をしている。 主人公筆頭に只管魅力の無い登場人物たちも、ゲームがモデルなのだろうか。 ただ、狡猾で矮小という素晴らしい悪役は、サダム・フセインと替え玉の2役を演じた演技派の男だった。こいつはいい仕事をしている。 レースは街頭レース。クライマックスの勝負 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ニード・フォー・スピード』★アゲ―ラでの仇をマスタングで☆というだけでもう(^_-)-☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2014年6月13日 9時29分)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163907/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。     ストリートカーレースの映画、というだけで、鑑賞しました。 ^^; スピードを売りにする作品は、ぜひ、劇場鑑賞しないと!     ストリートでカーレース   ←コレ、本当はダメです (>_<) な... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニード・フォー・スピード (2014) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月11日 3時1分)
    改造した高級スポーツカーで公道で無許可で勝手にレースをするエレクトロニック・アーツ社のゲームソフトの映画化。 メインはレース場面でやたら高級車が宙を飛び炎上する。ストーリーは二の次。 □ 自動車の修理工場を経営するトビーはプロドライバーのディーノの注文でマスタングを改造する。ディーノの誘いに乗って改造フェラーリでのストリートレースをする。ディーノの危険な行為でレースに参加したトビーの... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月2日の週の公開作品
  3. 『ニード・フォー・スピード』