シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

スター・トレック イントゥ・ダークネス

公式サイト:http://www.startrek-movie.jp
スター・トレック イントゥ・ダークネス
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:
STAR TREK INTO DARKNESS
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2013年8月23日
上映時間:
配給:
パラマウント ピクチャーズ ジャパン

チェック:前作に引き続きJ・J・エイブラムスが監督を務め、クリス・パインやザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらも続投するSFアクション大作の続編。謎の男によって混乱にさらされる地球の命運に加え、カーク船長率いるUSSエンタープライズ最大の危機を活写する。冷酷な悪役を、『裏切りのサーカス』のイギリス人俳優ベネディクト・カンバーバッチが怪演。人類の未来を懸けた壮大な戦闘に加え、人間味あふれる物語に引き込まれる。

ストーリー:西暦2259年、カーク(クリス・パイン)が指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大な地殻変動に遭遇。彼は深刻なルール違反を犯してまで原住民と副長スポック(ザカリー・クイント)を救おうと試みるが、地球に戻ると船長を解任されてしまう。ちょうど同じ頃、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が何者かによって破壊され……。

スター・トレック イントゥ・ダークネス
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画短評

  • 今 祥枝
    強力な悪役を得てなお、カークとスポックの関係性に魅力がある
    ★★★★
    »読む«閉じる

    前作で「スター・トレック」シリーズのファンに目配せしつつ、シリーズに馴染みのなかった客層に間口を広げたJ.J.エイブラムス。非常に縛りの多い中で、今作もまた単体で楽しめると同時に従来の熱心なファンをも唸らせる仕上がりは感動的だ。

    期待に違わず、ベネディクト・カンバーバッチの悪役はシャープな印象の怜悧なキャラクターにゾクゾクさせられる。スコッティほかクルーの活躍と団結する姿が痛快なのも、圧倒的な悪役の存在があってこそ。だが、全体としてみればやはりカークとスポックの関係性に魅力のある映画で、カークの成長が嬉しく、スポックが激しい感情を露にする場面では感極まった。カンバーバッチは正しくヒールの役割を果たして、J.J.作品の醍醐味である”仲間の連帯感”を十二分に引き出している。

    かようにJ.J.の采配は優秀だが、才能あるクリエイターとタッグを組んでのチーム作りにも長けている。本シリーズでもテレビで組んできたアレックス・カーツマン、ロベルト・オーチーら真性オタク達の貢献度は高い。基本的に陽性の王道感が魅力のJ.J.と彼らの絶妙なバランスが、前作よりややオタク寄りだが今回も上手く機能している。

  • 相馬 学
    一見さんウェルカムのエイブラムス流SF演出
    ★★★★
    »読む«閉じる

     イチゲンさんには敷居の高かった『スター・トレック』シリーズをドラマとアクションの強化によって再生し、客層の間口を拡張したJ.J.エイブラムス監督のスタンスは、この続編でも変わらない。キャラクターの行動に、丁寧に動機づけをして話を進める手腕は今回も冴える。
     カークら主要キャラは友情や葛藤、それぞれのロマンスがしっかり描かれているし、悪役でさえ同胞意識の強さをうかがわせる。それぞれ怒る、泣くといった感情があらわているから、守りたい、救いたいという気持ちも痛いほど伝わってくる。エイブラムス以前の“スタトレ”のキャラは主に“ミッションだからやる”という使命感で動くことが多かったが、エイブラムス版はそこに“情”が伴うのだ。それゆえにシリーズのファンでなくても理解できるし、また共感もできる。ベタと言われればそれまでだが、これを正面切ってやるには相当な技量が必要だ。そういう意味で、改めてエイブラムスの才腕に唸った。
     キャストで目を引くのは、やはり悪役のベネディクト・カンバーバッチ。涙を流すほどの情の脆さと不敵さが両立した、そんな悪役に説得力をあたえられる役者は、そうそういるものではない。

  • 清水 節
    主役を食ったカンバーバッチが体現する、怨念/もうひとつの正義
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     J.J.エイブラムスは、リブートの真の意味を知っている。“いちげんさん”も楽しめる間口の広さで導入し、IMAX仕様の壮大な活劇と心のドラマを大胆不敵に融合させた。しかもオタク臭を消臭しながら、ファンの心をくすぐる伝統的なネタも散りばめる。但し、艦が航行する重厚感は弱い。常に動くキャメラ、テンポの速さに加え、主役でもあるエンタープライズ号を愛おしげに見せるショットが少ないためだ。
     
     09年の第1作から独立した作りではあるが、未熟なカークの成長譚であることは通底する。今回、本能的なカークと論理のスポックは対立軸ではなく、補完し合う人間の両面性として描かれる。団結必至なほど、敵の造形が強烈だからだ。ベネディクト・カンバーバッチが主役を食った。『ダークナイト』の無慈悲な憎悪の化身ヒース・レジャーをも視野に入れてカンバーバッチが体現するのは、尊厳を奪われた者の肥大化した怨念。互いの正義を信じる者同士が激突する。テロの時代の恐怖をモチーフに、「愛する者を守るため」という大義名分に伴う痛みへ踏み込む脚本があってこそ、策士策に溺れがちなJ.Jの技は遺憾なく発揮された。

  • 森 直人
    デキる仕事人の優良メーカー品
    ★★★★
    »読む«閉じる

    とっても良く出来ている! 特に突出した点はないのだけれど、『スター・トレック』という大人気長寿シリーズの最新劇場版として、マニアもビギナーも料金分は楽しめる映像とドラマの味加減が抜群。すべてのバランスが考え抜かれている印象だ。これは一点突破型に陥りがちな最近のハリウッド大作の中では貴重だろう。まさに「優良メーカー品」といった感じ。

    『スター・ウォーズ』新シリーズの担当にも決定している監督・製作のJ.J.エイブラムスは、テレビと映画を股にかける当代きってのヒットメーカーだが、コアな映画マニアからは随分軽く見られている気がする。やはり『SUPER 8/スーパーエイト』が「スピルバーグの劣化コピー」にしか見えなかったのもデカいか? しかし今回の新作を観ると、ベネディクト・カンバーバッチの悪役も、『ダークナイト』のヒース・レジャーなどの先例を活かしつつ、「適温」に落とし込む腕がハンパない。良い意味でポピュリズムの権化みたいな才能だ。

    例えば業績が悪化・停滞した会社に、こういう人が入ると息を吹き返すだろうなと思う。「出世する人」の仕事の見本として、本作を読解するのも面白いかもしれない(笑)。

動画

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』IMAX版予告編
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』最新IMAX版予告編
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』本予告編
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』予告編
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』挿入楽曲ミュージック・トレーラー
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』TV-CM 地球最大の危機篇
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』特別映像

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image

ポスター/チラシ

  • 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ポスター
    ポスター
  • 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ポスター
    ポスター
  • 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作:
撮影監督: ダン・ミンデル
プロダクションデザイナー: スコット・チャンブリス
衣装デザイナー: マイケル・カプラン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を見た【映画】J.J.エイブラムス監督リブート第2弾、ベネディクト・カンバーバッチ、クリス・パイン出演SFアドベンチャー from カフェビショップ (2014年1月24日 7時26分)
    スタートレック。 うーむ、なんだろなあ。 つまらなくはないけども、 おもしろいということもないみたいな。 なんか派手な映像でスケールの大きいスペースSF映画だなって感じっすかねえ。 話もまあちゃんとしてます。 規則違反で降格処分を受けた主人公。 そこに敵… ...[外部サイトの続きを読む]
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス 壊れたらとりあえず蹴ってみる from No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. (2013年9月10日 14時1分)
    【46 うち今年の試写会5】 J・J・エイブラムス版スター・トレックの2作目、前作に続いて本作でも、熱烈なトレッキーにとっても、スタートレック初心者にとっても、ほぼ満点のスペクタクル満載の仕上がりにな... ...[外部サイトの続きを読む]
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス <STAR TREK INTO DARKNESS> from 胸躍る! 映画でMOVIE大作戦 (2013年9月10日 13時23分)
    【 スター・トレック イントゥ・ダークネス 】前回の『スター・トレック』も面白かったけど、今回も面白いですよ~ カークの精神的な成長と、スポックとの切なく熱い友情、 スポックとウフーラとの関係も絶妙な描き方で、はらはらしながらも 心暖まる展開があります。 それに、今回の強敵はベネディクト・カンバーバッチ扮する「カーン」。 カーンは人間ですが、一人で人類全体を脅威に陥れます。 カーンの復讐心は一体なぜなのか? なぜここまで人類を憎むのか? カーンの氷のような心にも、切なく悲しい事情があります。 ベネデ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス ★★★*☆ from センタのダイアリー (2013年9月8日 2時51分)
    私も好きなシリーズです。 リアリティ感は相変わらずお見事で、ちょっと間違えば宇宙戦艦ヤマトのように戦闘機と戦艦が同じように見えてしまうところを迫力の重厚感で見せています。 重力のない宇宙空間... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」IMAXの効果絶大、飛んでくる飛んでくる! from soramove (2013年9月7日 16時27分)
    映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」★★★★IMAXシアターで鑑賞 クリス・パイン、ザッカリー・クイント ベネディクト・カンバーバッチ、カール・アーバン サイモン・ペッグ、ゾーイ・サルダナ ジョン・チョウ、アントン・イェルチン ブルース・グリーンウッド、アリス・イヴ、ピーター・ウェラー出演 J.J.エイブラムス監督、 132分、2013年8月23日より全国順次公開 2013,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン (原題/原作:Star Trek Into Darkness ) ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年8月19日の週の公開作品
  3. 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』