シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

四十九日のレシピ

公式サイト:http://49.gaga.ne.jp/

チェック:NHKドラマとしても放映された伊吹有喜原作の小説を、『ふがいない僕は空を見た』などのタナダユキ監督が映画化した感動作。母が亡くなりそれぞれに傷を負いながらも、四十九日までの日々を過ごす間に再生への道を歩み始める家族の姿を描き出す。主人公に、『八日目の蝉』で高い評価を得た永作博美。その父親を石橋蓮司が演じ、二階堂ふみや岡田将生ら若手俳優も共演を果たす。新旧の演技派俳優が豪華共演を果たした繊細な人間ドラマが心に響く。

ストーリー:熱田良平(石橋蓮司)が急に妻の乙美を亡くして2週間が過ぎたころ、派手な身なりのイモ(二階堂ふみ)が熱田家を訪問する。突然現われ、亡き妻から四十九日を無事に迎えるためのレシピを預かっていると言い彼女の存在に良平は目を白黒させる。そこへ夫(原田泰造)の不倫で、離婚届を突き付けてきた娘の百合子(永作博美)が東京から戻って来て……。

四十九日のレシピ
(C) 2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    血よりも縁。ゆるやかなつながりでも人は無上の癒しを得る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     突然の死が招き寄せる喪失感。無骨な夫・石橋蓮司は路頭に迷い、娘・永作博美は浮気した亭主を置いて実家に還る。重い空気を切り裂くのは、ロリータ少女・二階堂ふみと日系ブラジル青年・岡田将生。闖入者は温かな調味料になるだけでなく、家族をほぐし、「四十九日には大宴会を」という母の願いを叶えるべく物語は動き出す。
     
     継子であり子宝に恵まれない女性の負い目が、通奏低音ではある。しかし孤立をことさらには捉えない。インサートされる後悔と愛惜の過去が独特のリズムを生む。静かに流れる「川」を日本人の死生観の象徴として捉え、陰影と余白の豊かな近藤龍人の撮影が美しい。終盤へ向かうほど煌めきを増す永作の表情の変化こそが、映画的ダイナミズムだ。
     
     タナダユキは、原作のファンタジー色を排し、地に足の着いた姿を切り取る。血よりも縁。他者とのゆるやかなつながりでも、人は無上の癒しを得る。これはマニュアルなき少子高齢化の現実を生きるための処方箋だ。娘と父のささやかな再生劇ではあるのだが、個々がバラバラになったこの国で生きづらさを抱く者なら、登場する人物の誰かしらに自身の影を見出すだろう。

  • 森 直人
    タナダ的考察・これからの「大人」とは
    ★★★★
    »読む«閉じる

    今年、『そして父になる』と対になる作品はコレではないか。現代日本の未熟さを抱えたミドルエイジが、いかに成熟するかを探る映画の男版/女版としてパラレルな関係にあると思うのだ。『四十九日~』のヒロイン(永作博美)は自分の継母を、出産経験のないまま母性を自他の幸福に活かした先輩=ロールモデルとして尊敬を抱く構造になっているが、共に“未知なる大人のスタートラインに立つ”までの話なのも同じだ。

    監督のタナダユキは前作『ふがいない僕は空を見た』でも、田畑智子の快演を得て不妊のプレッシャーに悩む主婦の問題を扱っており、今回はその延長と言える。タナダは自作自演のデビュー作『モル』(01年)から、女子の自意識と社会の関係を鋭く描き出してきた。いわゆるロスジェネ世代の女性で、年齢ごとの実感をコンスタントに残してきた唯一の貴重な映画作家になっている。

    尤も『ふがいない~』は群像劇としての精度が高かったが、今作は日系ブラジル人役に岡田将生を当てるムチャぶりなど、脇が甘いのが少し気になった。とはいえ、最近の男性監督が描きがちな「女(母)は強し」の幻想を斬るアプローチで攻めたのは、さすがタナダである!

  • 今 祥枝
    女の幸せと、ひとりの人間としての幸せは違うのか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    タイトルから料理自慢のしみじみとした人間ドラマを予想したが(筆者は原作もドラマも未体験)、これが思った以上にぐさぐさと女の心に刺さる映画だった。

    主人公の百合子は、実子を持つことなく亡くなった養母・乙美の人生をたどりながら、自身の破綻した結婚と重ね合わせて改めて女の幸せとは、母親とは何なのかを思い悩む。そしてふと涙ながらにつぶやく、「子供を産まなかった女の人生は空白が多いのかなあ」という台詞はずしりと重い。

    現実として、”女の幸せ”に関する社会通念の壁は厳然と存在しており、本作の百合子のように、親戚や知人、メディアに夫やその愛人etc.から受ける「子供を持たない女」への言葉の破壊力は凄まじいものがある。それが故意にしろ無意識にしろ。

    果たして、女の幸せとひとりの人間として幸せに生きることは、別モノなのだろうか? 筆者は決してそうは思わない。乙美の生き方は改めてそう思わせてくれるものだが、観る人の年齢や状況によって思いは複雑だろう。心温まるエピソードも多いが、親子や夫婦、家族のあり方、社会や他者との関わり方などについて考えさせられる作品だ。

動画

映画『四十九日のレシピ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『四十九日のレシピ』ポスター
    ポスター
  • 映画『四十九日のレシピ』チラシ
    チラシ
  • 映画『四十九日のレシピ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『四十九日のレシピ』オリジナルてぬぐい
    オリジナルてぬぐい

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
脚本: 黒沢久子
原作: 伊吹有喜

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『四十九日のレシピ』の映画ニュース

  • 22日、東京都多摩市内で行われている映画ファンの祭典「第24回映画祭TAMA CINEMA FORUM」内で「第6回TAMA映画賞」授賞式が行われ、最優秀男優賞を受賞した大泉洋と妻夫木聡...(『私の男』『ほとりの朔子』『渇き。』『四十九日のレシピ』)、池脇千鶴(『そこのみにて光輝く』『...
  • 第6回TAMA映画賞の受賞者が発表され、『私の男』の二階堂ふみと『そこのみにて光輝く』の池脇千鶴が最優秀女優賞に輝いたことが明らかになった。TAMA映画賞は市民映画祭TAM... 『私の男』『ほとりの朔子』『渇き。』『四十九日のレシピ』と出演オファーが絶えない二階堂は、「女...
  • 貫地谷しほり、ブルーリボン賞・主演女優賞受賞で涙の授賞式
    第56回ブルーリボン賞の授賞式が11日、イイノホール(千代田区内幸町)で行われ、各賞を受賞した高良健吾、貫地谷しほり、ピエール瀧、二階堂ふみ、黒木華らが出席。『くち...快挙を達成。『脳男』『地獄でなぜ悪い』『四十九日のレシピ』と振り幅の広い役に挑戦した1年を振り返...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「四十九日のレシピ」 from prisoner's BLOG (2013年12月25日 10時3分)
    ワンシーン時にはワンカットの中で過去の人物あるいはすでに死んだ人間が現実に陥入してくるというのは、最近ではすっかりおなじみになった感がある。一方で死んだら消えてなくなり、世界もいずれなくなるという意識も、事実そうだという以上にどこか捨てがたいものがある... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 四十九日のレシピ~カラフルな悪夢 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2013年11月12日 18時28分)
    ♪死んだはずだよオトミさん 公式サイト。伊吹有喜原作、タナダユキ監督。石橋蓮司、永作博美、二階堂ふみ、岡田将生、原田泰造、荻野友里、淡路恵子。仏教で四十九日とは人の死 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『四十九日のレシピ』★ラストまで“空白“は埋まってイイ49日でした☆ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2013年11月10日 0時47分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161247/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューです。(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id345696/rid12/p1/s0/c1/     ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 四十九日のレシピ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2013年11月10日 0時2分)
    四十九日のレシピ【DVD】 [DVD]亡き母のレシピに導かれてそれぞれが人生を見つめなおす「四十九日のレシピ」。イラスト付のレシピが何とも可愛い。熱田家の母・乙美が急死する。妻の ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年11月4日の週の公開作品
  3. 『四十九日のレシピ』