シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ラストミッション
(C) 2013 3DTK INC.
英題:
THREE DAYS TO KILL
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年6月21日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
提供:
TBS Service / ショウゲート / メモリーテック / ひかりTV
配給:
ショウゲート
カラー/シネマスコープ/5.1ch

チェック:『ターミネーター4』などのマックGが監督を務め、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』などのケヴィン・コスナーを主演に迎えたアクション。病に倒れた腕利きCIAエージェントが、パリを舞台に極悪非道なテロリストとの最後の戦いに挑む姿を活写する。脚本を担当するのは、数多くのヒット作に携ってきたリュック・ベッソンら。ケヴィンのいぶし銀の熱演が光る主人公の姿に心打たれる。

ストーリー:余命わずかだと言い渡されたCIAエージェントイーサン(ケヴィン・コスナー)は、残された人生を家族と共に過ごすためパリへと向かう。長い間家庭をおろそかにしてきた彼は、難しい年頃の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との仲もぎくしゃくしていた。そんな折、CIAエージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が、イーサンに最後のミッションのオファーをしに来るが……。

ラストミッション
(C) 2013 3DTK INC.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ネタはほぼ使い回しだけど…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     スパイとしては一流だが父親としては失格。そんな主人公が余命3ヶ月と宣告され、残された時間を別れた妻や愛娘との関係修復に充てつつ、同時に危険なミッションもこなしていく。
     …ってこれ、脚本を担当するリュック・ベッソンが製作したTVシリーズ「ノー・リミット」のストーリーそのまんま。さらに、同じくベッソン製作の映画「96時間」シリーズとも似通っている要素が多く、あからさまなネタの使い回しに思わず苦笑いする。
     とはいえ、マックGのスピーディで痛快な演出はなかなか楽しく、パリを舞台にしたお洒落なビジュアルも魅力がある。久しぶりに主役を張るK・コスナーも、不器用な大人の悲哀を滲ませてチャーミングだ。

  • ミルクマン斉藤
    ちっとも「最後のミッション」じゃない!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    こと脚本作に関してはユルさが目立つL.ベッソン。本作も「主人公は余命数か月」の基本設定さえグズグズにして平然。でも最近のマックGとしては快調な演出ぶりだし、コスナー的には任務遂行よりも大事な「元妻&娘とヨリを戻すぜ大作戦」も微笑ましい(拉致ったイタリア人会計士にパスタソースのレシピを伝授させたり)。でも本作最大のユルさはA.ハード!CIA本部から派遣されたクセに、ボンデージ風の無駄にエロい格好でクレイジー・ホースや巨大水槽の前でケヴィンに近づき、謎の未承認特効薬をエサに標的を仕留めさせるだけ…働けよ! 続編があるとすれば家族を巻き込むしかなかろうが、それだと『96時間』と一緒になるしなあ。

動画

映画『ラストミッション』予告編
映画『ラストミッション』関根勤さんナレーションver.テレビスポット

写真ギャラリー

Relativity Media / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ラストミッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラストミッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラストミッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラストミッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラストミッション』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラストミッション』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ラストミッション』特製“ケヴィン”コースター
    特製“ケヴィン”コースター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原案・脚本: リュック・ベッソン
共同脚本: アディ・ハサック

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラストミッション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ラストミッション』を見た【映画】リュック・ベッソン原案・脚本、ケヴィン・コスナー主演によるCIAアクション from カフェビショップ (2014年11月27日 6時35分)
    これは期待したけどちょっとなあ。 リーアム・ニーソンの「96時間」の再来か!と期待したけど、 あれとはまったくテイストの違う映画でした。 父親と子供の関係の話というところと、 オヤジ無双なところは同じなんすけど、 まったく別ものなんすよ。 リュック・ベッ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラストミッション (2014) ▲▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年7月13日 3時22分)
    余命数カ月と宣告されたCIAが疎遠だった娘のご機嫌をとりながら延命のためにミッションをこなしていく。  殺そうした相手に娘がいると知って共感したり、自分の部屋にかってに住みついた家族とのやりとりなど結構笑える。 ホテルの爆破やカーチェイスなど見せ場も多い。 > リュック・ベッソン原案(story by)だけど、「リュック・ベッソン ノーリミット (TV2012)」と設定がよく似ている。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラストミッション/ケヴィン・コスナーが娘にめろめろ from 映画感想 * FRAGILE (2014年7月7日 10時42分)
    ラストミッション3 Days to Kill/監督:マックG/2014年/アメリカ、フランス 「96時間」の下にドジョウは2匹いなかったんだよ、ベッソン。 試写で鑑賞。公開は6月21日です。 「ラストミッション」の試写状来ました。 
・主演/ケヴィン・コスナー←迷う 
・脚本/リュック・ベッソン←きな臭い 
・字幕/戸田奈津子←迷う 
・余命宣告されたCIAが娘にめろめろ←またTAKENの二番煎じか 
・監督/マックG ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラストミッション from ダイターンクラッシュ!! (2014年7月6日 12時48分)
    2014年7月4日(金) 20:50~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:1400円(レイトショー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 しょぼいトゥルーライズ 『ラストミッション』公式サイト 娘との関係が悪いスパイ。 映画の過程で関係が修復する。 と、「トゥルーライズ」みたいな設定。 娘と和解は、娘が一方的に歩み寄ってきてくれるので、全くドラマになっていない。 で、娘は親爺のアクション・シーンには全く絡まない。 超B級美人アンバー・ハードが、ケヴィン・コスナーを雇う凄腕エー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ラストミッション』 (2014) from 相木悟の映画評 (2014年6月23日 10時51分)
    やんちゃ親父が駆け回るファミリー・アクション!ではあるのだが…?! ヨーロッパ・コープ製作の作品を観るという心構えで臨めば、そこそこ楽しめるアクションではある。 アクション・スター&アカデミー賞監督として一時期、文字通り、ハリウッドの頂点を極めたレジェ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月16日の週の公開作品
  3. 『ラストミッション』