シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

クリムゾン・ピーク

公式サイト:http://CRIMSONPEAK.jp
クリムゾン・ピーク
(C) Universal Pictures.
英題:
CRIMSON PEAK
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年1月8日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
東宝東和
製作会社:
レジェンダリー・ピクチャーズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:『パンズ・ラビリンス』などの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つミステリーホラー。クリムゾン・ピークと呼ばれる屋敷で生活する女性が、次々と出現する亡霊たちに導かれるようにして同地に隠された恐ろしい秘密に近づいていく。『アリス・イン・ワンダーランド』などのミア・ワシコウスカ、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのトム・ヒドルストン、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインなど実力派が結集。謎と恐怖が交錯する物語に加え、ダークでありながら美麗なビジュアルにも引き込まれる。

ストーリー:10歳のとき、死んだ母の幽霊と遭遇したイーディス(ミア・ワシコウスカ)。それ以来、彼女は亡霊を目にするようになる。トーマス(トム・ヒドルストン)と運命的な出会いを果たした彼女は、自分の父親が謎めいた死を遂げたのを機に彼と結婚。赤粘土の影響で雪が赤くなることからクリムゾン・ピークと呼ばれる山頂に立つ豪邸に、トーマスの姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)と共に移り住むことに。三人での生活にも慣れてきたころ、体を真紅に染めた亡霊たちがイーディスの前に現れ奇妙な警告をする。

クリムゾン・ピーク
(C) Universal Pictures.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    クライマックスにメカがあるのもデル・トロだね!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    G.デル・トロのゴシック趣味は『デビルズ・バックボーン』や『パンズ・ラビリンス』にも明らかだが、これはあらゆる細部に凝りまくった到達点。物語こそ『レベッカ』あたりの定石を踏み外していないが(これも正統的なところで勝負したかったからだろう)、奥行きが強調され、神経質な照明が施された美術セットの完成度は魅惑的というしかない。いや、いかにもゴシック的な「館」だけではない、20世紀初頭のNYの外景も、たとえば『いちごブロンド』がカラーで甦ったように興趣が尽きないのだ。M.ワシコウスカがこのテのヒロインにぴったりなのは判っていたが、終盤で清姫的般若の相を剥きだしにするJ.チャステインに口あんぐり。

  • 相馬 学
    デル・トロ流ゴシック・ホラーの美学に酔う
    ★★★★
    »読む«閉じる

     古典的ゴシック・ホラーを現代に甦らせる、そんなギレルモ・デル・トロの意欲がひしひしと伝わる力作。

     それが何より表われているのがビジュアル。光と闇のバランスや、館の冷気に満ちた空気感。そんなゴシックの基本を踏まえつつ、“ここぞ!”という場面では炎や鮮血、雪中の赤土のショッキング・カラーが映える。残酷なまでに美しい映像に見惚れた。

     古典ゆえにドラマ面での意外性は期待できないが、ビジュアルだけでも十分に魅力的。役者たちの個性も陰と陽がハッキリしていて、誰もがハマリ役だ。こういう映画が撮れるのはティム・バートンだけだと思っていたが、デル・トロも負けてはいなかった。

  • なかざわひでゆき
    絢爛豪華たる映像に目を奪われる壮麗なゴシック・ロマン
    ★★★★
    »読む«閉じる

     20世紀初頭のイギリスを舞台に、没落貴族のもとに嫁いだアメリカ人女性が遭遇する怪奇現象の謎と、そこに隠された恐るべき暗い秘密を描く壮麗なゴシック・ロマン。
     とにかく、絢爛豪華たるビジュアルの妖しくも美しいこと!ロバート・ワイズの『たたり』を筆頭に過去の名作ホラーを彷彿させる要素が多いのは、シネフィルたるデル・トロ監督の真骨頂。細部までこだわった美術セットや鮮烈な色彩には、マリオ・バーヴァの影響も強く感じられる。
     ドゥ・モーリエの『レベッカ』を下敷きにしたであろう脚本はさすがに既視感が否めないものの、しかし古典的なゴシック・ロマンの世界にオリジナルで勝負するという心意気は大いに買いたい。

  • 平沢 薫
    デル・トロ監督が撮るとゴシックはこうなる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     デル・トロ監督自身は本作を古典的ゴシック・ロマンだと語っているが、彼が監督する以上、ただそれだけの映画にはならない。  
     もちろん、朽ちた古城、いわくありげな美貌の姉弟、秘められた過去、と要素が揃って、耽美なゴシック世界が出現する。が、まず、そこに現れるゴーストがなんだかキュートな造形なのが、デル・トロ的。そして、全編の深く濃い色彩は、デル・トロが大好きな極彩色イタリアン・ホラーの名匠マリオ・バーヴァへのオマージュだろう。タイトルは、物語の舞台となる、雪が降ると赤土を溶かして深紅色に染まる丘のこと。監督はこの"深紅"という色を題名に入れて、本作の正体が極彩色ホラーであることを宣言している。

動画

『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ最新作!『クリムゾン・ピーク』予告編
ギレルモ監督「幽霊は信じてる」『クリムゾン・ピーク』ギレルモ・デル・トロ監督インタビュー

ポスター/チラシ

  • 映画『クリムゾン・ピーク』ポスター
    ポスター
  • 映画『クリムゾン・ピーク』チラシ
    チラシ
  • 映画『クリムゾン・ピーク』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『クリムゾン・ピーク』各500枚限定!US限定ポスター(4種のうちどれか1種)
    各500枚限定!US限定ポスター(4種のうちどれか1種)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・製作:
製作総指揮: ジリアン・シェア
プロダクションデザイン: トム・サンダース

キャスト

イーディス・カッシング:
ルシール・シャープ:
トーマス・シャープ:
アラン・マクマイケル:
カーター・カッシング:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クリムゾン・ピーク』の映画ニュース

  • ダニエル・クレイグに代わる7代目ジェームズ・ボンド役候補として、すでに本格交渉に入っているとされるトム・ヒドルストン。実現したらどんなボンドになるのか? を勝手に予...ズ・レフト・アライヴ』のバンパイア役や『クリムゾン・ピーク』の貴公子役など、ミステリアスで高貴なム...
  • シリーズ最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』で6年ぶりにアリスを演じたミア・ワシコウスカが来日した際に、これまでのキャリアを振り返りつつ、今後一緒に仕...ズ』(デヴィッド・クローネンバーグ)、『クリムゾン・ピーク』(ギレルモ・デル・トロ)と鬼才と呼ばれ...
  • SF&ファンタジー&ホラー映画ジャンルのアカデミー賞ともいわれる第42回サターン賞が発表され、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が最優秀SF映画を含む最多8部門で受...気を集めているミア・ワシコウスカ主演の『クリムゾン・ピーク』が、3部門で受賞している。 『死霊のはら...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『クリムゾン・ピーク』の感想 デル・トロ監督の幽霊観がわかる映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年10月3日 22時55分)
    <クリムゾンピーク>に気をつけなさい――今回ご紹介する映画:『クリムゾン・ピーク』(原題「CRIMSON PEAK」)オススメ度:★★★★☆(四つ星!)予告編動画 『クリムゾン・ピー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • クリムゾン・ピーク (2015)  ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年6月27日 3時42分)
    ギレルモ・デル・トロ監督のホラーファンタジー。公開時観たかったが映画館が遠くて上映時間が遅かった。DVDで観た。  米国の若い女性が嫁ぎ先の英国貴族の宮殿のように豪華だけど崩れかけた屋敷で赤い幽霊に脅かされる。  セピア調の映像から黒い幽霊、赤い幽霊、赤い地面、白い雪とカラフル。豪華な屋敷の創りに圧倒される。ただし貴族に金がなくて修理できずに崩壊寸前。  トーマス・シャープは貴族なのに... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クリムゾン・ピーク」:赤の美学も道半ば from 大江戸時夫の東京温度 (2016年2月6日 0時48分)
    映画『クリムゾン・ピーク』は、ギレルモ・デル・トロ監督が撮った現代感覚のゴシック ...[外部サイトの続きを読む]
  • クリムゾン・ピーク from 映画三昧、活字中毒 (2016年1月30日 18時30分)
    ■ TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞クリムゾン・ピーク/CRIMSON PEAK 2015年/アメリカ/119分 監督: ギレルモ・デル・トロ 出演: ミア・ワシコウスカ/ジェシカ・チャステイン/トム・ヒドルストン/チャーリー・ハナム/ジム・ビーヴァー 公式サイト 公開: 2016年01月08日 NYで製鋼会社を営むカーター・カッシングの娘、イーディスは作家の卵。幼い頃に亡くなった... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クリムゾン・ピーク」 from ここなつ映画レビュー (2016年1月27日 16時56分)
    ゴシック・ホラー。大好物のジャンルだ。怖く、グロく、美しく。そして、怖く、グロく、美しく、と撮らせたら、今の所私にとってベストはギレルモ・デル・トロ監督である。監督お得意のクリーチャーは今回はあんまり活躍しないが、ヨーロッパ怪奇の館を「あるある」で表現。非常に雰囲気があり、怖さ倍増。しかし、こんなに西洋風の恐怖なのに、私の心の中に浮かび来る言葉はただ一つ。そう、日本の民間伝承で伝わる「親の意見とナスビの花は、千に一つの無駄もない。」というアレだ。10歳の頃から言われていたのに。「クリムゾン・ピークに気をつけ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年1月4日の週の公開作品
  3. 『クリムゾン・ピーク』