シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

あるいは佐々木ユキ

公式サイト:http://sasakiyuki.doorblog.jp/
あるいは佐々木ユキ
製作年:
2013年
製作国:
日本
日本公開:
2013年1月12日
上映時間:
配給:
tough mama
カラー/HD

チェック:映像作家としても活躍し、『急にたどりついてしまう』『岡山の娘』などの作品を手掛けてきた詩人・福間健二によるドラマ。夢とも現実ともつかぬ出来事や人物と出会い、内面的成長を遂げる20歳の女性の姿を追い掛けていく。自分が何を求めているのかを懸命に探すヒロインを、『わたしたちの夏』の小原早織が好演。文芸評論家の千石英世、「適切な世界の適切ならざる私」で第15回中原中也賞に輝いた詩人・文月悠光が、彼女に影響を与えるキーパーソンとして出演。インタビュー、詩、ダンスをちりばめたユニークな作風にも注目。

ストーリー:中華料理店、花屋のバイトや探偵のアシスタントをしながら、東京の郊外に暮らしている20歳の佐々木ユキ(小原早織)。詩人・文月悠光の朗読を聞いたのをきっかけに、彼女は自分の過去を振り返り、現在の気持ちを見つめるように。やがて、何を求めて生きているのかわからなくなりそうになる。そんなある日、アパートの帰宅したユキはもう一人の自分である佐々木ユキb(川野真樹子)と遭遇。何となく正月を一緒に過ごすことになるが、ふとしたことけんかをしてしまい…。

あるいは佐々木ユキ

動画

映画『あるいは佐々木ユキ』特報
映画『あるいは佐々木ユキ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『あるいは佐々木ユキ』ポスター
    ポスター
  • 映画『あるいは佐々木ユキ』チラシ
    チラシ
  • 映画『あるいは佐々木ユキ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
製作: 福間恵子
撮影: 鈴木一博
編集: 秦岳志
音響設計: 小川武
助監督・記録: 西野方子
助監督・録音・脚本協力: 細谷周平
助監督・スチール: 酒井豪
製作主任: 坂元小夜
美術: 新開葉月
美術協力: 高橋美幸
写真作品: 小原早織
脚本協力: 玉邑浩二
英語協力: マイケル安井
車輌: 郡宏暢

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『あるいは佐々木ユキ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年1月7日の週の公開作品
  3. 『あるいは佐々木ユキ』