シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
英題:
MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年8月7日
上映時間:
配給:
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
製作:
Bad Robot / Skydance Productions / TC Productions
カラー

チェック:ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾。スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベルのミッションに挑戦する姿を活写する。共演は、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、アレック・ボールドウィンら。高度1,500メートル、時速400キロメートルで飛行中の軍用機侵入を試みる、トムの命知らずのアクションも見どころ。

ストーリー:正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    「私を捜せるわね?」には参った。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    おそらく映画史に残るだろうクレイジー極まる高速チェイスと、コンサートホールにおけるヒッチコック的暗殺のクラシカルなシチュエイションが流れるように同居。スパイものというジャンルにおいても007的軟派とル・カレ的硬派が見事に合わさる、娯楽映画としてほとんど隙のない脚本にも感嘆だ。終始T.クルーズとS.ペッグとの珍道中的展開でニヤニヤさせつつ、「友情」を軸に本家帰りしたチームの結束力(だから「1」はあり得ん!)に胸が熱くなり、観てるだけで窒息しそうな水中ミッションに胸も苦しくなる。特筆すべきは初期ボンドガールの欧州的ノーブルさを「トゥーランドット」とともに纏ったレベッカ・ファーガスンの素晴らしさだ!

  • 森 直人
    ようやく観ました(笑)。文句なし!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前作の熱量と方法論を引き継ぎ今回も傑作。『ゴースト・プロトコル』と本作は、ジャッキー・チェンでいえば『プロジェクトA』と『ポリス・ストーリー』くらい甲乙つけ難い。それを50代でやるトムは本当凄いよ。思えばチーム男子、全員おっさんです!

    C・マッカリーの演出は『アウトロー』と同様にアクションは重めで、ギャグはオフビート寄り。それが全部ハマってる。レベッカ・ファーガソンは間違いなく歴代No.1ヒロインだろう。ちなみに導入部に出てくるヴァイナルのレア盤売ってるレコード屋――クレジットではRecord Shop Girlとあるハーマイオニー・コーフィールドが美女すぎてめっちゃ気になったんですけど!

  • 相馬 学
    非情な世界を生きるスパイの“情”がきらめいた快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     毎回異なるテイストで攻めるこのシリーズだけに今回も楽しみだったが、悪役はもちろん主人公イーサン・ハントもヒロインも国の後ろ盾を失い、グレーゾーンに置かれている点が面白い。いわば、はぐれ者スパイ同士の対決だ。

     ド派手なアクションは言うまでもなく、チームプレイに重きが置かれている点も妙味。イーサンの仲間は3名と少数だが、それゆえ連係が緊密になりスリルも高まる。

     驚いたのが、チームの面々がイーサンに対する友情をはっきり口にしたこと。諜報の世界を描いた映画に“非情”はつきものだが、このチームプレイには“情”がある。それはシリーズにおける本作の個性であるばかりか、スパイ映画の中でも独特だ。

  • なかざわひでゆき
    チームワークの面白さが十分に生かされた快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     もはや、どれだけ超人的なアクションにも驚かなくなってしまった感のあるシリーズ。なにしろトム・クルーズだし(笑)。とはいえ、飛行中の軍用機のドアにぶら下がるわ、給水タンクの中にフリーダイブするわと、トム自ら命懸けのスタントに挑んだ見せ場がこれでもかと続くわけだから感嘆せざるを得まい。
     さらに、チャーミングでトボけた相棒サイモン・ペッグや峰不二子的な美女レベッカ・ファーガソンとの絡みも絶妙で、チームワークの面白さが十分に効果を発揮。組織の崩壊でイーサンが追われる身になる設定は非常にありがちだが、食わせ物なCIA長官アレック・ボールドウィンを含め、ひねりの効いた展開で魅せる脚本の上手さが光る。

  • 平沢 薫
    「トゥーランドット」にクリストファー・マッカリーの技を見た
    ★★★★
    »読む«閉じる

     怒濤の連続アクションの前半の見せ場のひとつは、ウィーンのオペラハウスの「トゥーランドット」の舞台裏で展開。そして、このオペラの、アラビアンナイトを原形に求婚者に三つの謎を出す美しい姫と、アリア「誰も寝てはならぬ」のイメージが、この映画のヒロインである謎の女イルサの、少しずつ明らかになっていく本当の顔に重ねられていく。この物語の組立て方に、本作の原案・脚本・監督を務めたクリストファー・マッカリーが、「ユージュアル・サスペクツ」の脚本家だったことを思い出した。彼女が三つの選択肢を口にするとき、音楽が「誰も寝てはならぬ」の旋律をそっと繰り返し、映画を見終わった後もこの旋律の余韻が残る。

  • 山縣みどり
    練られた脚&ド派手アクションで猛暑も吹っ飛ぶ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    トム・クルーズ演じるスーパー・スパイの活躍を描く定番シリーズだが、クリストファー・マッカリー監督の脚本には驚きがぎっしり。シリーズ最高作との触れ込みは嘘じゃなく、猛暑も吹き飛ぶ痛快感だ。組織解体で孤立したイーサンが敵の実態をつかめないまま物語が進む展開がスリリングだ。主要人物の三つ巴状態がハードな心理戦となり、見る側も前のめり。シリーズを重ねる毎に派手になるアクションも秀逸で、イーサンがしがみつく軍用機が離陸する冒頭や山道のバイク・チェイスなど度肝を抜くシーンが連発。コミック担当のサイモン・ペッグはじめとする役者陣もいいが、シーン・スティーラーはアレック・ボールドウィン。巧みな腹芸に笑った。

  • くれい響
    『ワイスピ』の影響からか、まさかの路線変更
    ★★★★
    »読む«閉じる

    日本での『アウトロー』のヒットでゴーサインが出たシリーズ第5弾だが、時代の流れゆえ、中国企業2社が出資。とはいえ、CIA職員役でチャン・ジンチューが登場する程度で、大きな影響はなし。その一方で、オリジナルからの売りだったチームプレイのお株を『ワイルド・スピード』シリーズに取られたこともあってか、路線変更。中盤までは、サイモン・ペッグ演じるベンジーとのバディものになっており、ヒロインであるレベッカ・ファーガソンの役回りは、ほとんどボンドガールだ。いかにも『アウトロー』の監督らしく、スタイリッシュというより泥臭さが売りであり、ユーモアも満載。『コラテラル』以来となるトムの大胆なコケも拝めます。

動画

日本だけ!MIYAVIアレンジのテーマ曲が流れる映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』最新予告編
映画『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』ティザー予告映像
映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』「イーサン・ハントの日」特別映像
映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』飛行機スタントメイキング映像
トム・クルーズ、アブなすぎるスタント!『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』メイキング映像
映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』大迫力のカーアクション映像
サイモン・ペッグ「トムは母親みたいだ」『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』サイモン・ペッグインタビュー
トム・クルーズ「すべては人々を楽しませるため」『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』トム・クルーズインタビュー
決死の飛行機スタントに言及!映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』今だから言える“ぶっちゃけ裏話”映像

写真ギャラリー

Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』チラシ
    チラシ
  • 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作総指揮: ジェイク・マイヤーズ
プロダクション・デザイナー: ジム・ビゼル

キャスト

イーサン・ハント:
ウィリアム・ブラント:
ベンジー・ダン:
イルサ・ファウスト:
ルーサー・スティッケル:
ソロモン・レイン:
アラン・ハンリー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 16時42分)
    三作目から登場した主人公の嫁について一切触れない点が不満 それを除けば、アクション映画、スパイ映画として十分満足な出来映え ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション」 from ここなつ映画レビュー (2015年9月29日 14時24分)
    期待を裏切らず、期待以上に。「娯楽したい!」との欲望に余すところなく応えてくれる。もうその点では凄いとしか言いようがない。CMやニュースで度々取り上げられる、トム・クルーズのスタント無しでジェット機にぶら下がるシーン…あのシーンが前段に過ぎないのだから、何という贅沢!いや、凄いよね、ホンットに。トム・クルーズ。年齢や身長の事はもはや誰も問わないのであろう。このまま永遠にローグ・ネイションのトップを走ってくれる事を願うばかりだ。物語はCIAの主導によってイーサン・ハント(トム・クルーズ)が属するIMFが正式に ...[外部サイトの続きを読む]
  • ミッションインポッシブル~ローグネイション~ from おべんとログ (2015年9月25日 0時30分)
    いやぁーこれ観たんですけど、レビューを忘れてました。 まだまだ上映中なのですね...。不可能を可能にする...さすがです。 さて、副題はローグネイション(悪とか闇の組織、国家でしょうか?) ↓あらすじはこちらです。毎度お世話になります。↓ http://www.cinematoday… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション : 映画館向けの作品 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2015年9月17日 17時33分)
    今日は、お盆休みに観た映画第二弾のこちらになります。 【題名】 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 【製作年】 2015年 【製作国】 アメリカ 【鑑賞手段 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」 from 元・副会長のCinema Days (2015年9月15日 6時31分)
    (原題:Mission:Impossible Rogue Nation )前作「ゴースト・プロトコル」に比べれば出来は落ちるが、これはこれで楽しめるシャシンだ。少なくとも、今年(2015年)の夏興行の作品の中ではマシな部類に属する。カネ取って劇場で見せるのならば、このぐらいのレベ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年8月3日の週の公開作品
  3. 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』