シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
選挙2
(C) 2013 Laboratory X , Inc.
製作年:
2013年
製作国:
日本/アメリカ
日本公開:
2013年7月6日
(シアター・イメージフォーラム ほか)
上映時間:
配給:
東風
カラー/HD

チェック:2005年、自民党公認候補として川崎市議会議員補欠選挙で当選した山内和彦さんの選挙活動を追った、想田和弘監督による『選挙』の第2弾。市議の任期満了後は主夫として育児に従事していた山内さんが脱原発を掲げ、東日本大震災直後の2011年4月に行われた統一地方選挙に完全無所属で出馬する姿を追う。前回の組織的ドブ板戦を封印した選挙戦に密着し、放射能不安の中でいつもと変わらない日常などを想田監督がカメラを片手に映し出した。

ストーリー:政治の素人ながら2005年秋の川崎市議会議員補欠選挙に立候補し当選した山内和彦さんが、2011年4月の統一地方選挙に無所属として出馬することを決意。日本社会が放射能不安に包まれる中、候補者たちが原発問題に触れようとしない状況に憤りを感じたからだ。前回は徹底したドブ板戦を展開したが、今回は組織、看板、資金もなしという大変困難な選挙戦に挑む。

選挙2
(C) 2013 Laboratory X , Inc.

映画短評

  • 中山 治美
    いつ観るの? 今でしょ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    想田和弘監督のドキュメンタリーならぬ観察映画第5弾。『選挙』(07)に続き、知人の“山さん“こと山内和彦さんが、2011年4月に実施された川崎市議会選挙に無所属で再出馬した選挙活動を観察する。一度、自民党公認候補で出馬してドブ板選挙を体験した反省から、今回は節約選挙活動を実行。なのでカメラは、掲示板のポスターをチェックする車中の山さんのシーンがほとんどだ。だがそこで交わされる会話が実に興味深い。選挙活動費用の具体的な金額から、街頭演説などが実際どれだけ票に影響あるのか?などの体験談まで。中でも印象的だったのは米国の選挙にまつわる名言。「悪い政治家は選挙に行かない人によって選ばれる。なぜなら皆が投票に行って良い政治家を選べば、悪い政治家は当選しない」。ごもっとも。そして劇中、自民党候補者が街頭演説の撮影を拒否する問題シーンがある。『選挙』に登場した議員だが、作品に不服だったのだろう。自民党はこのほど、TBS系のニュース報道がお気に召さず取材拒否を発表したばかり。相手をギャフンを言わせるくらいの当意即妙な対応をしてこそ政治家だろうが。拒否とは大人げない。非常事態が起こった時の言動こそ、その人の真の姿が見える。コレ、真実。

動画

映画『選挙2』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『選挙2』ポスター
    ポスター
  • 映画『選挙2』チラシ
    チラシ
  • 映画『選挙2』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作・撮影・編集:
製作補佐: 柏木規与子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『選挙2』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年7月1日の週の公開作品
  3. 『選挙2』