シネマトゥデイ

どなたでもご覧になれます

アメリカン・ハッスル

公式サイト:http://american-hustle.jp
アメリカン・ハッスル
(C) 2013CTMG
英題:
AMERICAN HUSTLE
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年1月31日
(TOHOシネマズ みゆき座 ほか)
上映時間:
2時間18分
配給:
ファントム・フィルム
カラー

チェック:1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしたサスペンスドラマ。自由と引き換えに、FBIが仕掛ける悪徳政治家検挙を狙ったおとり捜査に協力させられる詐欺師たちの姿を、スリリングに映し出していく。メガホンを取るのは、『世界にひとつのプレイブック』などのデヴィッド・O・ラッセル。『ザ・ファイター』などのクリスチャン・ベイルを筆頭に、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスら、実力派スターが結集してクセのある登場人物たちを熱演する。

ストーリー:詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる。それは、架空のアラブ人富豪をダシに、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするというもの。アーヴィンとシドニーは、標的のカーマイン市長(ジェレミー・レナー)に近づくが、二人の仲を嫉妬(しっと)するアーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)がおとり捜査の邪魔をする。

アメリカン・ハッスル
(C) 2013CTMG

映画短評

  • なかざわひでゆき
    濃厚なメンツによるカオスのような人間模様に呑み込まれる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     改めて、デヴィッド・O・ラッセル監督が俳優の魅力と演技を最大限に引き出しながらドラマを語る達人、つまり“役者の監督”であることを再認識させる作品だ。
     冒頭から必死にハゲ頭を隠すメタボ体型の詐欺師クリスチャン・ベイルに衝撃を受け、さらに鉄火肌で気丈夫な相棒エイミー・アダムス、野心家で暴走気味の捜査官ブラッドリー・クーパー、情緒不安定でイカれた詐欺師の妻ジェニファー・ローレンスら、コッテリと濃厚なメンツによるカオスのような人間模様に呑み込まれていく。
     これは硬派な実録映画でも奇抜な犯罪映画でもなく、決して優等生にはなれない落伍者たちへ捧げた大いなる人間賛歌。ラストのどんでん返しも痛快!

  • 相馬 学
    ダメ人間たちのスリリングな駆け引きの中で光る愛の物語
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『アルゴ』に似た実録劇だがテイストは異なる。ラッセル監督が軸にしたのは『世界でひとつのプレイブック』と同様、イビツなラブストーリーだ。

     詐欺師カップルを中心に野心的なFBI捜査官や詐欺師の悪妻、市政のために汚職を働く市長などクセ者がうごめく。正しい行ないをする者はいないが誰ひとり憎めない。そんなグレイゾーンの中で主人公カップルの愛情だけが唯一、応援したくなる要素。そういう意味では焦点が絞れている。

     全米賞レースの結果が示すとおり役者陣は皆ハンパ者的なキャラを妙演しており、そのアンサンブルは申し分ない。誰かひとりが優れているというより、むしろラッセルのパランスのとれた演出力を褒めたい。

  • くれい響
    圧倒されるほど見事なキャストのアンサンブル
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主要キャスト4人がオスカー主演&助演候補になったように、キャストのアンサンブルが尋常じゃない!そこにスパイスでデ・ニーロもブチ込まれるほか、かなり入り組んだストーリー展開で、観る者を振り回してくれる。しかも、集中しようと思えば思うほど、女優陣の胸の谷間が気になってしょうがない!
     ファッションも言動もトゥーマッチな70年代が舞台だけに、“デビッド・O・ラッセル版『ブギーナイツ』”としても楽しめるが、『アルゴ』に笑いとエロ要素をプラスした面白さは身震いするほど。現実では悲劇に終わったジェニファー・ローレンス演じるビッチ妻に、あのエンディングを用意した監督の優しさにも泣けてくる。

  • 清水 節
    壊れた連中が右往左往する絶対すべらない詐欺話
    ★★★★
    »読む«閉じる

     愛おしき70年代アメリカ。ビミョーな風俗やアブナイ生き様が発散する空気は、60年代より重くて80年代より濃い。そんな時代を体現する、頭髪と体型がダサすぎる詐欺師クリスチャン・ベイルと、万華鏡のように多面的な相棒エイミー・アダムス。そして、2人を囮捜査に巻き込むクレイジーな捜査官ブラッドリー・クーパー。ベイルの妻役ジェニファー・ローレンスのキレまくる言動が周囲を掻き回す。
     
     用意周到な作戦で騙したのが『アルゴ』ならば、本作は、いかがわしき面々が“いっちょカモる”ために右往左往しながら人間臭さを爆発させる。快進撃を続けるデヴィッド・O・ラッセルによる壊れた連中への讃歌は、愉快痛快奇々怪々!

動画

映画『アメリカン・ハッスル』予告編
映画『アメリカン・ハッスル』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『アメリカン・ハッスル』ポスター
    ポスター
  • 映画『アメリカン・ハッスル』チラシ
    チラシ
  • 映画『アメリカン・ハッスル』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アメリカン・ハッスル』の映画ニュース

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「アメリカン・ハッスル」 アブスキャム事件という実話らしいっすΣ(゜д゜lll) from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て (2014年7月14日 0時5分)
    1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダルアブスキャム事 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アメリカン・ハッスル」:もっと上手に語らないと from 大江戸時夫の東京温度 (2014年2月23日 23時8分)
    映画『アメリカン・ハッスル』は、映画賞レースに色々からんでおりますが、うーん、大 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【アメリカン・ハッスル】人は信じたいものを信じる from 映画@見取り八段 (2014年2月16日 17時23分)
    アメリカン・ハッスル~ AMERICAN HUSTLE ~     監督: デヴィッド・O・ラッセル    出演: クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ルイス・C・K、マイケ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アメリカン・ハッスル」 from 元・副会長のCinema Days (2014年2月16日 8時36分)
    (原題:American Hustle )ストーリーは大して面白くないが、キャラクターの奇天烈さと各キャストの怪演は存分に楽しめる映画だ。  79年、大規模なカジノを建設中のニュージャージー州アトランティックシティにおいて、ケチな詐欺師のローゼンフェルドとその愛人... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アメリカン・ハッスル」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年2月12日 1時19分)
    今日はアカデミー候補作品の一つ「アメリカン・ハッスル」を見てきましたが、昨年の「許されざる者」の母に引き続き、今回は父を誘って最寄りの映画館に行ってきました。いや、誘ったのは私ですが、単なる社交辞令(←実父に使う言葉じゃない)だったんですけどねぇ(笑… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク