シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所
(C) 2014, WIWH Productions, LLC and Worldview Entertainment Capital LLC All rights reserved.
英題:
WISH I WAS HERE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年6月12日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
配給:
ミッドシップ
カラー/シネマスコープ

チェック:『終わりで始まりの4日間』で映画監督としても注目を浴びた、『スパークリング・デイズ』などの俳優ザック・ブラフが監督・脚本・主演を務めたコメディードラマ。売れない役者の男が、父親の大病を契機に自身や家族について見つめ直す姿を追い掛ける。『あの頃ペニー・レインと』などのケイト・ハドソン、『ホワイトハウス・ダウン』などのジョーイ・キング、『スティーブ・ジョブズ』などのジョシュ・ギャッドらが共演する。夢と現実という誰もが直面する問題を、軽妙かつ深遠に描き出した快作。

ストーリー:35歳で妻子がいるにもかかわらず、成功できると夢見ながら俳優業を続けているエイダン・ブルーム(ザック・ブラフ)。なかなか芽の出ない彼を支えるように妻が働き、父親が私立学校に通う子供たちの授業料を用立ててきたが、その父親がガンになってしまう。子供たちは私立学校に通えなくなり、転校する予定だった公立学校は閉校間近であることがわかる。そこでエイダンは自分で子供たちを教育しようと張り切るが、彼らにいろいろと教えていく中で自分の人生を見つめ直す数々の場面に出くわす。

WISH I WAS HERE/僕らのいる場所
(C) 2014, WIWH Productions, LLC and Worldview Entertainment Capital LLC All rights reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    スター・ウォーズと宗教は結びつきやすい。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    兄は売れない中年俳優(家計を賄うのは妻のほう)、弟はトレーラーに一人住いのオタク…となれば日本にもありそうなモラトリアムの匂いがするし実際そうなのだが、本作の場合ユダヤ人一家であるということが大きく関わっている。そもそも無神論的に育った息子たちに我慢ならず、父は孫に宗教教育を与えたくて援助していたわけだ(孫は教育の甲斐あって神の概念に近しくなっていたりする)。そんな宗教心とは距離を置いた息子たちが「父の死」を契機に偏在する神のしるし(兄は地球を救う宇宙戦士に憧れた想い出を、弟はずばりコスプレを通じて)に触れ、ついには三代に渡る家族の繋がりが暖かな波のように押し寄せるのだ。

  • なかざわひでゆき
    誰も触れてないけれど、ジム・パーソンズも出てまっせ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     妻も子供もいる一家の大黒柱でありながら、いい年こいて自分の夢ばかり追い続ける売れない役者が、窮地に立たされることで否応なく大人の責任を自覚していく。
     といっても、決して偉そうに説教をたれる映画ではない。人生とはままならないもの。そして人間は誰しも不完全。望みの全てを手に入れられるわけはないのだから、せめて自分にとって何が一番大切なのかくらいはハッキリとさせてケジメをつけようよ。そんな風に迷える大人の背中を優しく押してくれる。
     なお、宣伝では全く触れられていないが、主人公の後輩俳優としてジム・パーソンズが出ているのでファンは要注目!最近売れっ子の子役ピアース・ガニョンも光っております。

  • 山縣みどり
    悩める青年は、30代になってもまだ迷うのね
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『終わりで始まりの4日間』で監督デビューしたザック・ブラフの新作は、ブラフ印だらけ! 主人公エイダンがモラトリアム感たっぷりな売れない俳優で、父親が末期がんに冒されたことで家族関係と人生の修復を迫られる展開に既視感アリ。一種の続編といってもいいかも。ただ前作の青臭さは減り、主人公一家の生活感がにじみ出るのが好感度大。うまくいかない人生に悶々と悩みながらも、夫として、父として、息子として、そして兄としての立場や責任を自覚していく過程を身の丈にあったレベルで描いたのも胸にぐっときた。人生ってそんなにドラスティックに変化しないし、要は気持ちの持ちようということを改めて思わせてくれる佳作だ。

  • 森 直人
    10年ぶりのシンガーソングライター的な自作自演の佳品
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ハル・アシュビー監督作とも比較された珠玉の青春映画『終わりで始まりの4日間』から10年、久々にザック・ブラフの自作自演(監督兼主演)第2作が届いた。続編ではないが、主人公は前作と同じ「売れない役者」。ただし繊細な青年から、妻子持ちのモラトリアム中年に歳月ぶん変化している。

    今回は「父と息子」という主題が前面化し、無職の弟との関係も肝となる。自分の人生を基にパーソナルな表現を奏でる“弾き語り”の味わいに満ちている。

    ブラフの趣味全開の選曲も良く、前作でも使われたコールドプレイはキャット・パワーとコラボ。妻役のK・ハドソンが口ずさむJ・テイラーの「スウィート・ベイビー・ジェイムス」も泣ける。

動画

35歳の大黒柱が、直面する問題にどう立ち向かうのか!映画『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』ポスター
    ポスター
  • 映画『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』チラシ
    チラシ
  • 映画『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • WISH I WAS HERE 僕らのいる場所 (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年1月14日 3時40分)
    父親のガンの再発と死の宣告に動揺する息子たちや孫たち。登場人物たちがみんなユニークで深刻な映画ではないコメディ。DVDで観た。 刈り上げ頭が可愛いジョーイ・キング(15歳頃)は「世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011)」、「ダークナイト ライジング (2012)」、「オズ はじまりの戦い (2013)」、「ホワイトハウス・ダウン (2013)」などの大作によく出演する子役。2016年夏... ...[外部サイトの続きを読む]
  • WISH I WAS HERE 僕らのいる場所/WISH I WAS HERE from 我想一個人映画美的女人blog (2015年6月14日 0時54分)
    初監督&主演でナタリー・ポートマンとも共演した「終わりで始まりの4日間」が インディペンデント・スピリット賞新人作品賞など各賞を受賞し話題を呼んだ、ザック・ブラフの 約10年ぶりとなる2本目にして最新作 昨年のサンダンス映画祭で上映され、絶賛された... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月8日の週の公開作品
  3. 『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』