シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

いのちの林檎

公式サイト:http://www.inochinoringo.com/
いのちの林檎
(C) 2012 ビックリ・バン
製作年:
2012年
製作国:
日本
日本公開:
2013年7月13日
(新宿武蔵野館)
上映時間:
配給:
アークエンタテインメント
カラー/デジタル/ステレオ

チェック:日常生活の中で体内に吸収された化学物質が限界に達すると発症する化学物質過敏症(CS)の実情を描いたドキュメンタリー。重度のCSを患い呼吸できる場所を求めて放浪生活を余儀なくされる女性と、水さえも飲めなくなった彼女の命を救った無肥料無農薬のリンゴの栽培者で、映画『奇跡のリンゴ』のモデル木村秋則さんの日常を中心に、CS患者たちの過酷な日々を映し出す。合成洗剤や芳香剤、防虫剤といった身近な日用品を通じ、常に化学物質に囲まれている現実にがくぜんとする。

ストーリー:自宅でシックハウス症候群になり、近所のゴルフ場の農薬散布が原因で化学物質過敏症を発症した早苗さんは、呼吸できる場所を求めて母と二人で旅に出る。日用品をはじめ身の回りのあらゆるものに拒絶反応を示し、水でさえも摂取できなくなった早苗さんを救ったのは、青森県のリンゴ農家・木村秋則さんが長い歳月をかけ栽培に成功した無肥料無農薬のリンゴだった。

いのちの林檎
(C) 2012 ビックリ・バン

映画短評

  • 中山 治美
    じぇ!も言えぬ程の衝撃!化学物質過敏症の現実
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    映画『奇跡のリンゴ』のモデルになったリンゴ農家・木村秋則さん。木村さんがリンゴの無農薬栽培に着手したのは、夫人が農薬アレルギーを発症したのがきっかけだ。でも映画は成功させるまでの苦難がメーンで、アレルギーの話はそっちのけ。では実際に無農薬リンゴがどんな人達に重宝されているのか? それを知らしめてくれるのが本作だ。本ドキュメンタリーで追うのは、重症の化学物質過敏症の早苗さん。近所のゴルフ場が散布する農薬にはじまり、家の外を歩く人のタバコの煙、トイレの芳香剤etc …微量な物質に拒否反応を示しては奇声を上げて悶絶し、果ては卒倒してしまう。その早苗さんの姿に衝撃!そして唖然! 正直、女性であれば苦しむ姿を人前に晒したくないだろう。だが早苗さんは、なかなか一般の人に理解してもらえないこの病気の現実を知伝えようと撮影に協力したという。この彼女の覚悟を心して見るべし。というわけで、実はメーンは木村さんでもリンゴでもなく、早苗さんをはじめとする化学物質過敏症の人たち。なので、タイトルに軽~く騙された感も。でも明日は我が身。とりわけシックハウス被害者のエピソードは…、゛身の毛もよだつ゛とだけ記しておこう。

動画

映画『いのちの林檎』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『いのちの林檎』ポスター
    ポスター
  • 映画『いのちの林檎』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
プロデューサー: 馬場民子
編集: 熱海鋼一
テーマ曲: 嶋津健一
題字: エムナマエ
監修: 柳沢幸雄
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『いのちの林檎』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年7月8日の週の公開作品
  3. 『いのちの林檎』