シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

少女と夏の終わり

少女と夏の終わり
(C) Phony Paper
製作年:
2012年
製作国:
日本
日本公開:
2013年9月21日
(ポレポレ東中野)
上映時間:
配給:
Phony Paper
カラー/HD

チェック:第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で上映され、注目を浴びた群像ドラマ。とある山村で生活している少女たちの精神と肉体の成長を、村で起きるさまざまな出来事を絡めながら映し出していく。監督は、『ニュー・ジャック&ベティ』『怒る西行』などの沖島勲に師事し、本作で長編映画デビューを果たした石山友美。『Lost & Found』の菅原瑞貴、『スマグラー おまえの未来を運べ』の加治木均ら、50人以上のキャスト陣が濃密なストーリーを構築。舞台となる村や山々を捉えた美しい映像にも息をのむ。

ストーリー:思いも寄らぬ早さで肉体が発育し、戸惑うばかりの女子中学生の瑞樹(菅原瑞貴)。悩む彼女を何かと気遣う親友の薫(上村愛)だったが、これまで自身に向けられていたクラスメートたちの視線が大人びてきた瑞樹に向けられていることに複雑な気持ちを抱く。一方、彼女たちの暮らす村では山の木々が枯れたり、その調査で東京から研究者が訪れたり、温泉ランド建設をめぐる村長選挙が迫ったりと、騒がしくなってくる。そんな中、薫がついたうそに村人たちの思惑やうわさ話が絡まって、とんでもない事態が起きてしまう。


スタッフ

監督・脚本・編集:
撮影・脚本・編集: 佛願広樹
録音・企画協力: 桑尾賢哉
照明: 草なぎ秀興
助監督: 舛谷滋威

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『少女と夏の終わり』の映画ニュース

  • 安藤忠雄、磯崎新、伊東豊雄、レム・コールハースら世界的な建築家たちの本音が飛び交うドキュメンタリー映画『だれも知らない建築のはなし』公開記念トークイベントが18日...映画について「僕は石山監督のデビュー作『少女と夏の終わり』を楽しく観ていまして、日常の時間が、突...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2013年9月16日の週の公開作品
  3. 『少女と夏の終わり』