シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

エレニの帰郷

公式サイト:http://www.eleni.jp
エレニの帰郷
(C) 2008Theo Angelopoulos Productions. Greek Film Centre. Hellenic Broadcasting. Corporation ERT S.A. Classic Srl. Lichtmeer Film GMBH & CO KG. Studio 217 ARS(RUSSIA)
英題:
THE DUST OF TIME
製作年:
2008年
製作国:
ギリシャ/ドイツ/カナダ/ロシア
日本公開:
2014年1月25日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:『永遠と一日』などのギリシャの巨匠、テオ・アンゲロプロスの遺作となった、1953年から半世紀に及ぶ男女3人の愛を描く恋愛ドラマ。スターリンの死やベトナム戦争といった出来事を背景に、時代に翻弄(ほんろう)されるヒロインと、彼女が愛をささげる恋人、ヒロインを愛するイスラエル難民の関係を、映画監督であるヒロインの息子の視点でつづる。出演は『ハンター』などのウィレム・デフォー、『ふたりのベロニカ』などのイレーヌ・ジャコブなど。ギリシャからシベリア、さらに世界中を駆け巡るヒロインの激動の運命に圧倒される。

ストーリー:20世紀末、チネチッタ撮影所。映画監督のA(ウィレム・デフォー)は両親の人生を映画にしようとしていた。Aの母エレニ(イレーヌ・ジャコブ)は大学生の頃、秘密警察に逮捕され脱走。ギリシャ難民の町で恋人スピロス(ミシェル・ピッコリ)と再会する。しかし、スターリン死去による混乱で、再び逮捕された二人と、エレニの友人でイスラエル難民のヤコブ(ブルーノ・ガンツ)はシベリア送りになってしまう。

エレニの帰郷
(C) 2008Theo Angelopoulos Productions. Greek Film Centre. Hellenic Broadcasting. Corporation ERT S.A. Classic Srl. Lichtmeer Film GMBH & CO KG. Studio 217 ARS(RUSSIA)

ポスター/チラシ

  • 映画『エレニの帰郷』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『エレニの帰郷』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エレニの帰郷』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • エレニの帰郷(2008) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2014年4月13日 19時47分)
    公式サイト。ギリシャ=ドイツ=カナダ=ロシア。英題:The dust of time。テオ・アンゲロプロス監督。ウィレム・デフォー、ブルーノ・ガンツ、ミシェル・ピッコリ、イレーヌ・ジャコブ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エレニの帰郷」 from 元・副会長のCinema Days (2014年2月23日 9時4分)
    (原題:Trilogia II:I skoni tou hronou)2012年に不慮の交通事故でこの世を去った、テオ・アンゲロプロス監督の遺作である。上映時間が約2時間で、彼の作品としては短い方なのだが、とてつもなく長く感じられる。映画史上に残る傑作をモノにしたこともあるこの監... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エレニの帰郷」:香気溢れる良作 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年2月1日 23時29分)
    映画『エレニの帰郷』は、ギリシャの巨匠テオ・アンゲロプロス監督の遺作(になってし ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 エレニの帰郷 from 別冊 社内報 (2014年1月31日 16時42分)
    テオ・アンゲロプロスの遺作。 亡くなってちょうど2年。 今後、こういう作品が作られないのかと思うと、つくづく残念。 字幕は、アンゲロプロスといえば池澤夏樹。 ヤコブ役のブルーノ・ガンツがまたいい。 原題「THE DUST OF TIME」から「時間の埃は誰にも降りかかる」と 街で奏でる楽団の演奏にあわせてエレニと踊り、その役をスピロスに譲り、自分は手持ちのペットボトルを掲げ、それが中を確かめるかのようであり、天に乾杯しているようであり、うまい。 船上で両腕を広げるあたりも、粋。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • エレニの帰郷 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年1月27日 0時46分)
    激動の20世紀に翻弄される3人の男女の姿を描く「エレニの帰郷」。2012年に急逝した巨匠アンゲロプロスの遺作。20世紀末の現在。ローマの撮影所チネチッタでは、映画監督の“A”が、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年1月20日の週の公開作品
  3. 『エレニの帰郷』