シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
馬々と人間たち
(C) Hrossabrestur2013
英題:
OF HORSES AND MEN
製作年:
2013年
製作国:
アイスランド/ドイツ/ノルウェー
日本公開:
2014年11月1日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
日本語字幕:
栗原とみ子
後援:
アイスランド大使館
配給:
マジックアワー
カラー/2.35:1

チェック:美しい自然に囲まれたアイスランドの小さな村を舞台に、人々と馬たちの素朴な暮らしや愛と欲求を馬の視点でユーモラスに描いたドラマ。男女の恋とオス馬とメス馬の愛、馬とトラクターによる衝撃的な追跡劇など、人間と馬のおかしくも情緒豊かな物語がつづられる。監督は、アイスランド演劇界の演出家で、本作が初の長編作となるベネディクト・エルリングソン。主演は『陽のあたる場所から』などのイングヴァール・E・シーグルソン。広々とした大地とアイスランド馬、センスあふれるユーモアが交じり合った独特の世界観に魅了される。

ストーリー:アイスランドのとある村。独身男のコルベイン(イングヴァール・E・シーグルソン)は、夫を亡くしたソルヴェーイグ(シャーロッテ・ボーヴィング)と両思い。ある日、コルベインがまたがるメス馬にソルヴェーイグの種馬が突進し、交尾してしまう。一方、ウオツカが好きなヴェルンハルズル(ステイン・アルマン・マグノソン)は、ロシアのトロール船に乗り込んでウオツカを入手すべく、愛馬ヤルプルと一緒に海に飛び込み……。

馬々と人間たち
(C) Hrossabrestur2013

映画短評

  • 中山 治美
    アイスランドの大地を馬が走る…そのシーンだけでも大満足
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     監督は、演劇界出身で長編は初。だけ
    ど映像の力を、いや、だからこそ、血の通った人間なり動物の躍動する姿が人の胸を打つことを知っているのだろう。馬と共に生活している人たちの日常を、淡々と綴っただけだが魅了されてしまう。アイスランドの小さな村に暮らす人々にとって馬は交通の手段であり、美しき相棒は誇りでもあり、そして時に、厳しい自然においては人間の命を救う道具ともなる。非情だ。だがそれが、共存するということなのだ。
     泣ける映画も、娯楽映画もいい。だが何より、日本にいながらにして多様な文化と人種に触れることが出来る。そんな映画本来の楽しさを本作が教えてくれるだろう。

動画

アイルランドを舞台に人と馬の暮らしを見つめたドラマ!映画『馬々と人間たち』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『馬々と人間たち』ポスター
    ポスター
  • 映画『馬々と人間たち』チラシ
    チラシ
  • 映画『馬々と人間たち』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『馬々と人間たち』オリジナル「絵馬」カード
    オリジナル「絵馬」カード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『馬々と人間たち』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「馬々と人間たち」:馬のいる奇譚集 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年11月8日 23時42分)
    映画『馬々と人間たち』はアイスランドからやって来た型破りな作品。確かにこんな映画 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年10月27日の週の公開作品
  3. 『馬々と人間たち』