シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

ソウルガールズ

公式サイト:http://soulgirls.jp/
ソウルガールズ
(C) 2012 The Sapphires Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Goalpost Pictures Australia Pty Ltd, A.P. Facilities Pty Ltd and Screen NSW.
英題:
THE SAPPHIRES
製作年:
2012年
製作国:
オーストラリア
日本公開:
2014年1月11日
上映時間:
配給:
ポニーキャニオン
カラー/シネマスコープ

チェック:オーストラリアの先住民族であるアボリジニ初の女性ボーカルグループ、サファイアズをめぐる実録ドラマ。1960年代末のオーストラリアで、人種差別などの壁を乗り越えながら音楽シーンで活躍していく3姉妹といとこの姿を追い掛ける。監督はテレビシリーズなどを手掛けてきた新鋭、ウェイン・ブレア。オーストラリアの人気歌手ジェシカ・マーボイや、『裸足の1500マイル』などのデボラ・メイルマンらが、ヒロインたちを快演する。夢を持つことの素晴らしさを描いた物語はもとより、魂の込もった歌唱シーンも必見。

ストーリー:1968年のオーストラリア。アボリジニの居住区で生活しているゲイル(デボラ・メイルマン)、ジュリー(ジェシカ・マーボイ)、シンシアは、小さな頃から歌うことが大好きな3姉妹。いとこのケイと一緒にカントリーミュージックを歌いながらシンガーとして成功をつかもうと奮闘していたが、コンテストに出場しても先住民族に対する偏見や差別から落選させられてばかり。意気消沈する四人だが、ミュージシャンを自称する男デイヴ(クリス・オダウド)と出会い、彼からソウルミュージックのレッスンを受ける。

ソウルガールズ
(C) 2012 The Sapphires Film Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Goalpost Pictures Australia Pty Ltd, A.P. Facilities Pty Ltd and Screen NSW.

映画短評

  • 森 直人
    ブチかませ辺境のソウル・シスター!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    素直におすすめ! 決して『ドリームガールズ』の亜種ではない。アボリジニを扱った映画は『裸足の1500マイル』など数少なく、まず題材が貴重。そして実在した女性グループ「サファイアズ」が放つのはひたすらポジティヴなパワー。抑圧された者たちが自力で一点突破をブチかますという“元気の出る映画”として黄金の構造を持っている。

    サム&デイヴの「ソウル・シスター、ブラウン・シュガー」など、珠玉のソウル名曲群でパフォーマンスしてくれるのが超楽しい。彼女たちがブレイクしたのはほんのひと時だが、ショービジネス業界に固執しないのが爽やか。これは「成功」のあとも、それぞれ素敵な人生を送った女性たちの物語なのだ。

動画

映画『ソウルガールズ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ソウルガールズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソウルガールズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ソウルガールズ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ソウルガールズ』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

音楽プロデューサー: ブライオン・ジョーンズ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ソウルガールズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ソウルガールズ (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年7月7日 4時13分)
    先住民アボリジニの市民権がやっと認められたもののまだまだ差別が公然と行われていたころのオーストラリアでアボリジニ初の女性ソウル・グループを結成し、戦争中のベトナムで米軍慰問を行ったという映画。DVDで観た。 人種差別や「盗まれた世代」の問題にも触れている。ダメ男のマネージャーと4人は戦場をまわるうちに、恋愛や互いのねたみからの仲間割れも起きる。 映画の冒頭に“実話をヒントにした(in... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ソウルガールズ from 映画三昧、活字中毒 (2014年2月10日 6時38分)
    ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ソウルガールズ/THE SAPPHIRES 2012年/オーストラリア/98分 監督: ウェイン・ブレア 出演: クリス・オダウド/デボラ・メイルマン/ジェシカ・マーボイ/シャリ・セベンズ/ミランダ・タプセル 公開: 2014年01月11日 公式サイト オーストラリアの先住民アボリジニに対する差別がまだ色濃く残っていた1968年。カイラ・ガ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ソウルガールズ from ダイターンクラッシュ!! (2014年1月19日 23時47分)
    2014年1月19日(日) 19:05~ 109シネマズ川崎4 料金:1000円(ポイントカード会員感謝の日) パンフレット:未確認 ミニ「ドリームガールズ」は、サクセス・ストーリーでなく、愛の話 『ソウルガールズ』公式サイト コメディタッチの能天気が学園物と勝手に思っていたのだが、アメリカには黒人公民権は無いしの頃の、白豪主義オーストラリアのアボリジニに関わる実話ベースの話だった。 姉妹+従妹が、差別が尋常じゃないオーストラリアを出て、ベトナム戦争慰安の演芸団(?)のオーディションに応募。見事に ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ソウルガールズ』 (2012) from 相木悟の映画評 (2014年1月13日 13時18分)
    魂をとどけるガールズ・ボーカル・ムービー! 音楽が秘める壮大なパワーをまざまざと感じさせられる快作であった。 1960年代に一世を風靡した、オーストラリアの先住民族アボリジナル初の女性ボーカル・ユニット“サファイアズ”。その波乱万丈の逸話を母親から聞い... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ソウルガールズ・・・・・評価額1550円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年1月10日 23時44分)
    歌声が紡ぐ、良き未来への夢。 1960年代末のオーストラリア。 虐げられた先住民族、アボリジニの女性たちによって結成されたボーカルグループ、“サファイアズ”を描く、実話ベースの音楽映画だ。 脚本家の一人であるトニー・ブリッグスが、自分の母親がサファイアズのメンバーだった事を知り、舞台化のために脚本を書き下ろした。 本作はその舞台ミュージカル“THESAPPHIRES”の映画化であ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年1月6日の週の公開作品
  3. 『ソウルガールズ』