シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
18歳以上がご覧になれます

ダリオ・アルジェントのドラキュラ

公式サイト:http://dracula-argento.net
ダリオ・アルジェントのドラキュラ
(C) 2012 MULTIMEDIA FILM PRODUCTION s.r.l. - ENRIQUE CEREZO P.C. s. a. All Rights Reserved.
英題:
DARIO ARGENTO’S DRACULA
製作年:
2012年
製作国:
イタリア/フランス/スペイン
日本公開:
2014年3月8日
(渋谷シネパレス ほか)
上映時間:
配給:
アンプラグド
カラー/シネマスコープ

チェック:『サスペリア』『フェノミナ』などの鬼才ダリオ・アルジェントが、ホラー文学の古典であるブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」を実写化。吸血鬼であるドラキュラ伯爵が巻き起こす恐怖の数々を、バンパイア研究家ヴァン・ヘルシングとの対決を交えて描く。ドラキュラにふんする『ワルキューレ』などのトーマス・クレッチマンや『ブレードランナー』などのルトガー・ハウアーを筆頭に、実力派が出演。妖しさと戦慄(せんりつ)を兼ね備えた物語に加え、アルジェント監督ならではの鮮やかなビジュアルも見応え満点。

ストーリー:19世紀末のトランシルバニア。ドラキュラ伯爵(トーマス・クレッチマン)の屋敷で行う図書館司書の仕事を紹介してもらおうと、妻・ミナ(マルタ・ガスティーニ)の友達であるルーシー(アーシア・アルジェント)のつてを頼ってパスブルクという小さな村へ向かったジョナサン・ハーカー(ウナクス・ウガルデ)。だが、それは美しいミナを手に入れようとたくらむ吸血鬼ドラキュラの策略であった。虎視眈々(たんたん)と彼女を狙うドラキュラであったが、その前に吸血鬼研究者のヴァン・ヘルシング(ルトガー・ハウアー)が立ちはだかる。

ダリオ・アルジェントのドラキュラ
(C) 2012 MULTIMEDIA FILM PRODUCTION s.r.l. - ENRIQUE CEREZO P.C. s. a. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    少なくともビジュアリストとしては健在
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     イタリアンホラーの衰退と共に長らく迷走を続ける巨匠ダリオ・アルジェントが、ブラム・ストーカーの古典的怪奇小説の映像化に取り組んだ最新作。
     往年のハマーホラーを彷彿とさせるゴシック調の映像は、必ずしもアルジェントらしいとは言えないものの、近年の不調ぶりを払拭するくらい美しい。確かにCGのトホホな安っぽさは否めないが、少なくともビジュアリストとしての健在ぶりを確認できただけでもファンとしては救われる。
     しかしながら、原作を大幅にアレンジした脚本は相変わらずのご都合主義。その欠点を補って余りある演出のパワーがアルジェント映画の醍醐味だったわけだが、もはやそれも望むべくもないのかと思うと寂しい。

  • くれい響
    ぜんぶ、アルジェントのせい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     なぜ、いきなりゴア描写になるのか? なぜ、四十路近い娘をまだ脱がすのか? なぜ、エンディングにロックナンバーが流れるのか? そして、なぜ…カマキリなのか!? 答えはダリオ・アルジェント監督作だから! 
     コッポラの『ドラキュラ』にケンカを売った御年73歳の変態ジイさんの暴走は誰にも止められず、あのルトガー・ハウアー演じるヴァン・ヘルシングが出オチにみえてしまうほど。前半と後半で主人公が変わる展開に困惑する暇もなく、大林宣彦監督にも似た狂気を感じるだけだ。しかも、残念ながら日本は2D上映のみだが、それでも『悪魔のはらわた』に近い3Dのトゥーマッチ感が胸やけするほど伝わってくる。

  • 相馬 学
    古典を撮ってもアルジェントはアルジェント
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ブラム・ストーカーのおなじみの古典の映画化で目新しさはないと思われるかもだが、『サスペリア』の奇才ダリオ・アルジェントが撮るとなれば話は違う。案の定、アルジェントらしさが炸裂する怪作に!

     吸血描写は官能的というより、えげつないほどエロティック。愛娘の女優アーシアも父の怪腕に応え、全裸をいとわず奮闘。首が飛ぶ肉体損壊はもちろん、通過する弾丸が口から見えるやり過ぎの描写まで、とにかく過剰でインパクトが大きい。

     アルジェント初心者にはイビツに見えるかもしれないが、そのイビツさに醍醐味があると考えるファンには嬉しい逸品。古典に臆せず、破綻を恐れない奇才の若々しい演出に唸った。

ポスター/チラシ

  • 映画『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』の映画ニュース

  • 【映画週末興行成績】『ホビット』2014年洋画初のナンバーワン獲得!
    興行通信社が3日に発表した全国映画動員ランキングでは、全国681スクリーンで公開された人気シリーズ第2弾『ホビット 竜に奪われた王国』が初登場で1位を獲得した。土日2日...』『リディック:ギャラクシー・バトル』『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』『シネマパラダイス★ピョンヤン』などが...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ダリオ・アルジェントのドラキュラ/DARIO ARGENTO’S DRACULA from 我想一個人映画美的女人blog (2014年3月27日 1時17分)
    イタリアのホラー界の奇才、ダリオ・アルジェントの最新作(といっても2012年作品)は 古典、ドラキュラを題材とした3D 日本での公開は2Dでレイトショーのみ。 3Dも1日上映したけど、字幕なし映像のみってことで迷わず2Dでやっと観てきた★ アルジェ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ダリオ・アルジェントのドラキュラ from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2014年3月2日 22時30分)
    「サスペリア」「フェノミナ」など、1980年代に派手な映像と大音量 の音響システムを駆使した演出で、イタリア映画界で独自の地位を築いた ダリオ・アルジェント監督が、ホラーの古典「ドラキュラ」の再映画化に 取り組んだ作品が公開されます。 私が子どもの頃に、クリストファー・リーが演じていたドラキュラ伯爵と バンパイア研究家のヴァン・ヘルシング(ピーター・カッシングが演じた 吸血鬼ドラキュラが有名)との戦いを描いた映画が毎年、夏の時期に放映 されていましたが、あの古典を再映画化したようです。 総合 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2014年3月3日の週の公開作品
  3. 『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』