シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

5つ数えれば君の夢

公式サイト:http://5yume.jp
5つ数えれば君の夢
(C) 2014「5つ数えれば君の夢」製作委員会
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年3月8日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
制作プロダクション:
AOI Pro.
配給:
SPOTTED PRODUCTIONS
カラー/5.1ch

チェック:『あの娘が海辺で踊ってる』などの新鋭・山戸結希が監督と脚本を担当し、人気ガールズグループ東京女子流が映画初主演を果たした青春群像劇。文化祭間近の女子校を舞台に、それぞれ個性的な少女たち5人を主演にしたエピソードを紡ぎ出す。『天心』などの大和田健介や『仮面ティーチャー』シリーズなどの柳俊太郎らが共演。

ストーリー:園芸部所属のさく(山邊未夢)、孤高の美少女りこ(新井ひとみ)、みんなの人気者彌生(庄司芽生)、ピアノが得意な都(小西彩乃)、委員長みちる(中江友梨)らは同じ女子校に通っている。折しもみちるが実行委員を務める最大のイベント、文化祭の日程が迫っていた。さくは生花店の店員(柳俊太郎)に恋心を抱き、みちるにも憧れの人がいて……。

5つ数えれば君の夢
(C) 2014「5つ数えれば君の夢」製作委員会

映画短評

  • 森 直人
    東京女子流 in 山戸結希流!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いよいよ平成元年生まれの天才女子監督「やまとん」(©中森明夫)こと山戸結希が長編デビュー! こりゃ大事件ですよ!と、まずは強く言っておきたい。

    上智大哲学科在学中に撮った『あの娘が海辺で踊ってる』に始まり、『Her Res』『映画バンもん!』と挟んで大傑作『おとぎ話みたい』という怒涛の快進撃を追っかけてきた人なら説明不要。東京女子流の5人を主演に『桐島』の向こうを張った学園映画……に見せながら、ずぶずぶと独特の作家性の海に彼女たちを泳がせる。

    今回、とりわけ顕わになったのは少女漫画の影響ではないか。“24年組”ばりのディープな抽象性が、映画史上初めて画面を華麗に狂おしく支配するのである!

  • くれい響
    注目の女流監督の才能がより開花
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ロッカーの上に横たわる新井ひとみの狂った登場カットから、完全に東京女子流という素材を使った山戸結希監督作であることを思い知らされる。そんな女子高という特殊空間で展開される“女子版「風と木の詩」”であり、“ミスコン版「櫻の園」”。
     山戸作品といえば、常に危うさと隣り合わせであるゆえ、1カットも目が離せないが(ある意味、ジェットコースタームービー)、今回はその危うさを武器に、登場人物の心情を表した音楽の使い方など、技術的な巧さがより明確に。黒板での○×や首元の絆創膏など、相変わらずヤバいカットも多いが、今回も溢れ出る言の葉マジックとともに、狂気と美しさが混在するクライマックスに打ちのめされる。

動画

映画『5つ数えれば君の夢』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『5つ数えれば君の夢』ポスター
    ポスター
  • 映画『5つ数えれば君の夢』チラシ
    チラシ
  • 映画『5つ数えれば君の夢』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『5つ数えれば君の夢』オリジナルステッカー
    オリジナルステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
音楽: Vampillia
主題歌: 東京女子流
プロデューサー: 平林勉
アソシエイトプロデューサー: 伊藤太一 / 中村雷太
ラインプロデューサー: 南陽
撮影: 鈴木一博
録音: 小宮元
スタイリスト: 齋藤ますみ
ヘアメイク: 寺沢ルミ
ダンスデザイン: スエタカヨーコ
ダンス振り付け: 臼井比呂子
制作担当: 木村利明
助監督: 渡辺直樹

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『5つ数えれば君の夢』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 5つ数えれば君の夢 from ダイターンクラッシュ!! (2015年7月20日 20時45分)
    2015年6月28日(日) 19:30~ キネカ大森1 料金:0円(2本立ての2本目) アイドルではない 『5つ数えれば君の夢』公式サイト キネカ大森 名画座 ≪少女の世界は夢の世界≫ ご覧のように、大して可愛くない。まあ、それはAKBグループもももクロも同じだが。 話も百合あり、ブラコンあり、などなど爽やかでないので、アイドル映画の要素はない。そもそも5人とも性格が悪く描かれているし。 ただし、将来を嘱望されている、若い女流監督の手によるこの話は、女性たちの共感を受けるのだろうか。 大して可 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年3月3日の週の公開作品
  3. 『5つ数えれば君の夢』