シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
物語る私たち
(C) 2012 National Film Board of Canada
英題:
STORIES WE TELL
製作年:
2012年
製作国:
カナダ
日本公開:
2014年8月30日
(ユーロスペース ほか)
上映時間:
日本語字幕:
寺尾次郎
配給:
ユーロスペース
配給協力:
東風
提供:
日本スカイウェイ / アダンソニア
カラー/DCP

チェック:『死ぬまでにしたい10のこと』などの女優で、『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』ではメガホンを取ったサラ・ポーリーが自分の出生の秘密を追ったドキュメンタリー。幼いころより4人の兄姉に父親と容姿が似ていないことをジョークでからかわれていたサラが、彼女が11歳のときにこの世を去った母親ダイアンの本当の姿を知るべく家族や関係者たちへのインタビューを敢行する。生前の母親の生きざまを魅力的に浮かび上がらせ、監督としても評価の高いサラの手腕とセンスが光る。

ストーリー:女優であり映画監督でもあるサラ・ポーリーの母、ダイアンは明るく無邪気で、誰からも愛されたが、サラが11歳のときに亡くなってしまう。「サラだけがパパに似ていない」という兄姉たちのジョークが心に引っ掛かっていたサラは、母の人生について調べてみようと決意。ところが皆が語るのは、サラがこれまで知り得なかった母の恋であり……。

物語る私たち
(C) 2012 National Film Board of Canada

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    鮮烈なドキュメンタリ/メタフィクション。【ネタバレあり】
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    これは私小説的ドキュメントであると同時に「叙述する」ということについてのメタフィクショナルな試みだ。あるテキストのどの部分に、あるいはどの人物に焦点を当てるかで別の物語が無限に生じるというドラマトゥルギーについての映画。8mm撮影が趣味だった父のホーム・ムーヴィを存分に引用しながら“物語”を進めつつ、ラスト15分で観客の思い込みをさりげなく、しかし確実に覆してみせる“してやったり感”は、ややあざといけれど爽快感あり (ただし注意深く観ていれば、早くにトリックは見抜ける)。それにしてもS.ポーリー、この物語のナレーションを父に書かせ、読ませるとは立派な鬼!…ま、深い愛情あればこそだけどね。

  • 相馬 学
    過去を“物語る”とき、“私たち”はどうするのか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

     父親だと思っていた人物が父ではなく医学的に正しい父が他にいると知らされたら、そりゃあショックだろう。サラ・ポーリーは映画監督という立場から、衝撃的なこの事実に向き合った。

     家族や友人へのインタビューは赤裸々で、時に“嫌な質問ばかりする”とボヤかれるのは、こういう題材だけに致し方ない。にもかかわらず中身は重くなるどころかユーモラスで、衝撃の事実が発覚する瞬間でさえ笑えてくる。

     “人生は喜劇から逃れられない”という劇中の言葉を、ポーリーが客観視という手段で実践しているのは、ホームビデオ風の再現映像からも明らか。自分を“物語る”とき、“私たち”は本能的に、そのようにしているのかもしれない。

  • 森 直人
    サラ・ポーリーはいま最も「鋭い」監督のひとりだ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『アウェイ・フロム・ハー』では老夫婦、『テイク・ディス・ワルツ』では子供のいない若夫婦。パートナーシップの困難を通して男女の業を追求してきたサラ・ポーリーの監督第3作は、彼女の思考の「舞台裏」を見せてくれるような一本だ。カナダの芸能一家に生まれた彼女は亡き母の生前を探るうち、意外な自らの出生の秘密に突き当たる。

    アインシュタイン似の爺さんなど登場人物のキャラが強く、ドキュメンタリーと銘打ちつつミステリーの趣。だが本作の核は「物語論」だ。人生は個によって事後的にどう語られるのか。真実とフェイクの関係など、映画全体が「問いかけ」の形をしている。絶対にエンドロールが終わるまで席を立たないで欲しい。

  • 山縣みどり
    パーソナルな思い出から浮かび上がる愛の普遍性
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    亡き母、そして妻の思い出を遺された子供たちや夫、友人が語るうちにダイアン・ポーリーというユニークな女性の半生が浮かび上がる構成がとても知的だ。人の記憶は10人10色だが、ダイアンがいわゆる普通の母親になれなかったことは明らか。サラ・ポーリー監督が撮影中に探り当てる秘密は見方によっては奔放な女性の失敗だが、子供たちは“愛を求め続けた”母親が情熱の炎を燃やしたことを喜びもする。この家族に裁きは不要だし、愛情豊かなダイアンが家族や恋人に注いだ愛がさらに拡散するさまが微笑ましい。監督による亡き母親の回想録というパーソナルなドキュメンタリーでありながら、そこから愛の普遍性が浮かび上がる傑作だ。

  • なかざわひでゆき
    人間という存在の虚構性に迫るドキュメンタリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     監督を兼ねる女優サラ・ポリーが、やはり女優だった亡き母親ダイアンの知られざる素顔、そして自らの出生の秘密を、残されたアーカイブ映像やホームムービー、家族や友人の証言などから解き明かしていく。
     誰だって人生に嘘や秘密はつきものだし、関わった人の数だけ異なる物語がある。だが、もしそれが自分の親だったら、果たして思いがけない別の顔を知った時に受け止めきれるだろうか。
     本作は亡き母の複雑な足跡を辿ることで人間の光と影や多面性を考察しつつ、なにはともあれ愛し愛された記憶こそが最も重要なのだということを教えてくれる。そして、本作そのものに隠された秘密が人間という存在の虚構性を知らしめるのだ。

動画

映画『物語る私たち』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『物語る私たち』ポスター
    ポスター
  • 映画『物語る私たち』チラシ
    チラシ
  • 映画『物語る私たち』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
プロデューサー: アニタ・リー
エグゼクティブプロデューサー: シルヴァ・バスマジン
撮影監督: イリス・ン
ナレーション: マイケル・ポーリー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『物語る私たち』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 物語る私たち (2012) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年8月13日 3時18分)
    自分は母親が浮気してできた子ではないのか? 女優・監督のサラ・ポーリーが自分が幼いころに亡くなった母ダイアンという人物と、自身の出生の秘密を探るドキュメンタリー。DVDで観た。 この映画では家族や友人、共演者たちがダイアンについて語り、本人や俳優による再現映像でダイアンという人物を描いていく。  20年以上昔に観たテリー・ギリアム監督の映画「バロン (1989)」の小生意気な女の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Stories We Tell (物語る私たち) from Cinema Review シネマ・レビュー (2014年8月31日 19時9分)
    Stories We Tell (2012) ★★★★☆ (Canada) 日本語タイトル: 物語る私たち official site: http://monogataru-movie.com/ Starring: Sarah Polley and the Family Director:Sarah Polley(サラ・ポーリー) 見た理由 監督のサラ・ポーリーは子... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月25日の週の公開作品
  3. 『物語る私たち』