シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

K2~初登頂の真実~

公式サイト:http://www.mtk2.net
K2~初登頂の真実~
(C) 2012 REDFILM, RAI Fiction & TERRA INTERNATIONALE FILMPRODUKTIONEN GmbH
製作年:
2012年
製作国:
イタリア
日本公開:
2014年5月10日
(ヒューマントラストシネマ有楽町)
上映時間:
配給:
Republic-A
宣伝:
ポイント・セット
カラー/アメリカンビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:エベレストよりも登頂が難しいと、非情の山と恐れられている高峰K2初登頂の陰に隠された真実に迫る山岳ドラマ。1954年に2人のイタリア人登山家が歴史的偉業を成し遂げるも、その後50年以上も初登頂をめぐりクライマーたちの名誉を懸けた訴訟が繰り広げられた実話を基に、イタリア隊によるK2制覇の全容を、『ラ・ボエーム』などのロバート・ドーンヘルム監督が圧倒的スケールで描き出す。イタリアの若手実力派俳優マルコ・ボッチらが出演。

ストーリー:1954年イタリア、世界でも2番目の標高である高峰K2への初登頂を目指し最強のアルピニストチームが結成される。体力と精神力が常人よりも強いボナッティ(マルコ・ボッチ)はチームで一番年下ながら仲間を支え困難を乗り越えていくが、登頂アタックのクライマーにコンパニョーニ(マッシモ・ポッジョ)が選ばれる。しかし、ボナッティに初登頂の栄誉を奪われることを恐れたコンパニョーニは、妨害しようと考え……。

K2~初登頂の真実~
(C) 2012 REDFILM, RAI Fiction & TERRA INTERNATIONALE FILMPRODUKTIONEN GmbH

映画短評

  • なかざわひでゆき
    栄光の裏に隠されたダークな真相
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     K2の世界初登頂に成功した登山チームの挑戦を描きつつ、その偉業と美談の裏に隠された真相を暴く。なにしろ、全員が初登頂できるわけではない。彼らは仲間であると同時にライバル。ゆえに、チーム全体の栄誉と個人の栄誉を巡る複雑なドラマが展開するわけだ。欲が絡むと人間の信頼関係って紙一重だよね…ってことがよく分かる。
     ただ、彼らの帰りを待つ家族の物語など様々なサブプロットを詰め込んだため、なんとなく焦点がボヤけてしまった感あり。やけに綺麗すぎる映像もテレビっぽいなあと思ったら、案の定テレビ映画だった。アフレコの声と口元が合わないのも少々興ざめ。作り物の映画だという現実に否応なく引き戻され没頭できない。

動画

映画『K2~初登頂の真実~』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『K2~初登頂の真実~』ポスター
    ポスター
  • 映画『K2~初登頂の真実~』チラシ
    チラシ
  • 映画『K2~初登頂の真実~』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作総指揮: ノルベール・ブレシャ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月5日の週の公開作品
  3. 『K2~初登頂の真実~』