シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
イーダ
(C) Phoenix Film Investments and Opus Film
英題:
IDA
製作年:
2013年
製作国:
ポーランド/デンマーク
日本公開:
2014年8月2日
(渋谷シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
配給:
マーメイドフィルム
配給協力:
コピアポア・フィルム
後援:
駐日ポーランド大使館 / ポーランド広報文化センター
モノクロ/スタンダードデジタル

チェック:1960年代のポーランドを舞台に若い修道女が出生の秘密をたどる旅を描き、トロント国際映画祭など各映画祭で好評を博したヒューマンドラマ。自分がユダヤ人であることを告げられたヒロインが、両親の死の真相を知るべく過去をひもといてゆくさまをつづる。監督は『マイ・サマー・オブ・ラブ』『イリュージョン』などでメガホンを取り、本作で初めて母国で作品を手掛けたパヴェウ・パヴリコフスキ。モノクロで表現される美しい映像もさることながら、ヒロインの過去を通して触れられるユダヤ人やホロコーストの歴史にも胸を打たれる。

ストーリー:1962年のポーランド。戦争孤児として修道院で育ったアンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、院長におばの存在を知らされる。おばのヴァンダ(アガタ・クレシャ)はアンナがユダヤ人であり、本名はイーダであると告白。イーダは両親の墓を訪れたいと言うが、墓はおろか遺体がどこにあったのかさえもわからない。そこでヴァンダは、イーダの両親が生活していた家を訪れてみようと提案し……。

イーダ
(C) Phoenix Film Investments and Opus Film

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    そして彼女はどこへ行くのか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    モノクロ、スタンダード。人物がアップになるときは、画面の3/4~1/2を背景が占める。この比率は伝統的に、人物が社会的・歴史的なものを背負っていることを表すだろうし、事実、出自を初めて知る修道女イーダと、共産主義色が濃かった時代の検察官として“人民の敵”を処刑してきたおばは時代の落とし児なのだ。作中でこれが何年の出来事と示されることはないが、それを特定するにはポーランド史、と言わずともカヴァレロヴィチやワイダからポランスキに至るポーランド映画史の知識を作品自体が求めている気もする。バッハ(『惑星ソラリス』のテーマ!)からコルトレーン「ネイマ」や数々のポップスを縦断する音楽もいちいち意味深。

  • 相馬 学
    映像の豊潤さに魅了される珠玉の80分
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     80分のモノクロ映画で小品と呼べるが、中身は驚くほど豊潤で味わい深い。とりわけ、スタンダード・サイズに収められた映像の端正な魅力に強く引き寄せられる。

     聖と俗が接近する引力を見据えたドラマはメリハリのある映像で語られ、雪や壁の白、土やドレスの黒が鮮烈な印象をあたえる。ヒロインの顔に光りを当て、叔母には影を作る、そんな陰影の対比にもこだわりが垣間見える。

     面白いのはヒロインの顔の位置。それは映像の下方に置かれることが多く、上部には天上の神が見守っているような余白がある。そして彼女の顔を中央に置いた象徴的なラストへ。何を見るかは人それぞれだが、歯応えのある秀作であることは間違いない。

動画

映画『イーダ』予告編

写真ギャラリー

Music Box Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『イーダ』ポスター
    ポスター
  • 映画『イーダ』チラシ
    チラシ
  • 映画『イーダ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『イーダ』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『イーダ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • イーダ from 映画三昧、活字中毒 (2014年9月6日 7時16分)
    ■ シアター・イメージフォーラムにて鑑賞イーダ/IDA - FORMERLY SISTER OF MERCY 2013年/ポーランド/80分 監督: パヴェウ・パヴリコフスキ 出演: アガタ・クレシャ/アガタ・チュシェブホフスカ/ダヴィッド・オグロドニック/イェジー・トレラ/アダム・シシュコフスキ 公式サイト 公開: 2014年08月02日 1963年、ポーランド。孤児として修道... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「イーダ」:新たな古典の誕生 from 大江戸時夫の東京温度 (2014年8月2日 23時32分)
    ポーランド映画『イーダ』は、モノクロ・スタンダードの画面があたかも数十年前の作品 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年7月28日の週の公開作品
  3. 『イーダ』