シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ママはレスリング・クイーン

公式サイト:http://wrestlingqueen.com/
ママはレスリング・クイーン
(C) 2013 KARE PRODUCTIONS - LA PETITE REINE - M6 FILMS - ORANGE STUDIO - CN2 PRODUCTION
製作年:
2013年
製作国:
フランス
日本公開:
2014年7月19日
(ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか)
上映時間:
配給:
コムストック・グループ
配給協力:
クロックワークス
カラー/デジタル

チェック:疎遠になった息子との関係を修復したいシングルマザーをはじめ、それぞれに事情を抱えた中年女性4人が人生の再起を懸けてプロレスに挑む人生賛歌。スーパーのレジ係の女性たちがプロレスを通して自分自身を取り戻していく姿を、本作で長編デビューを果たす新鋭ジャン=マルク・ルドニツキ監督が描き出す。フランスを代表する名女優ナタリー・バイら女優陣がド派手衣装に身を包み、エルボードロップなどの技を繰り出してはリングにたたき付けられるなど、体を張った演技を見せる。

ストーリー:北フランスの片田舎。シングルマザーのローズ(マリルー・ベリ)は、服役中離れて暮らしていた息子と久々に対面するものの、彼は心を開こうとしない。息子が大のプロレスファンであることを知ったローズは、彼との関係を再構築したいがために選手になることを思いつく。スーパーのレジ係の同僚、コレット(ナタリー・バイ)、ジェシカ(オドレイ・フルーロ)、ヴィヴィアン(コリンヌ・マシエロ)を巻き込み、ローズはプロレスチームを結成するが……。

ママはレスリング・クイーン
(C) 2013 KARE PRODUCTIONS - LA PETITE REINE - M6 FILMS - ORANGE STUDIO - CN2 PRODUCTION

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    音楽はジョニー・トー映画の作曲家、と何気に豪華。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『フル・モンティ』パターンのブルーカラー一念発起コメディ。田舎町のレジおばさんが、本場メキシコからやってきたルチャ・リブレのプロと、たった数カ月で大舞台ゼニットで対戦…という無茶苦茶なハナシだが、女性陣の健闘あってそれ相応に燃える出来。トリュフォー映画のミューズN.バイが、ダース・ヴェイダーの真似したり『ワンダーウーマン』のコスプレで滑空する映画としても記憶されるだろうし、いかにもヒール顔だがベイビーフェイスにこだわる肉屋さんC.マシエロも素晴らしい(『マルティニークからの祈り』では看守役でチョン・ドヨンを苛め抜いてます)。名優A.デュソリエがコーチ役だが、今回は彼女らの引き立て役どまり。

  • 山縣みどり
    奇抜なアイデアが心温まる人情話に着地!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ワケあって息子と離れて暮らす女性ローズが息子とコネクトするためにプロレス挑戦を思いつく時点では短絡的すぎない?と思う。でも周囲をどんどん巻き込む彼女の情熱に魅了され、母性愛の強さに感動させられる。ローズに賛同する仲間たちが抱える事情も同性として共感できるし、練習するうちに本当の自分に気づく展開も心地いい。奇抜なアイデアを『リトル・ダンサー』的な人情話に着地させた監督の手腕に拍手。また何よりも感心したのが女優たちのレスラーっぷり。技やロープ使いを見ると相当、訓練したもよう。これぞ女優魂。ナタリー・バイの宙づり、コリンヌ・マルシェロのクラウザーさんメイクと見どころたっぷりだ!

  • 中山 治美
    大竹しのぶがめちゃイケ日本女子プロレスに出る感じ?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     タイトルから予想出来る内容で、新鮮味はない。英映画『フル・モンティ』や『カレンダー・ガールズ』の流れを組む、苦境にいる人たちが、体を張って一発逆転を狙うコメディだ。だがその一人に、ナタリー・バイを引っ張りだして来たところに★1つ追加。トリュフォーやゴダールら巨匠から、カナダの気鋭監督グザヴィエ・ドランまで引っ張りだこの仏の名女優だ。その彼女がワンダーウーマン風衣装でキャットファイトを演じるとは。しかもショーのクオリティーたるや、゛めちゃイケ日本女子プロレス゛に引けを取らない完成度だ。
     つまり見どころはクライマックスのプロレスシーンのみ。それでも十分、映画料金分の満足度は味わえるだろう。

動画

映画『ママはレスリング・クイーン』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ママはレスリング・クイーン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ママはレスリング・クイーン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ママはレスリング・クイーン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ママはレスリング・クイーン』特製レジバック
    特製レジバック

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロデューサー: トマ・ラングマン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ママはレスリング・クイーン』の映画ニュース

  • 映画『トム・アット・ザ・ファーム』『Mommy/マミー』などで注目を浴びた若手監督グザヴィエ・ドランの新作『イッツ・オンリー・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド(原題) /...『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル、『ママはレスリング・クイーン』のナタリー・バイ、『ハンニバル・ライジ...
  • フランスの名女優が女子レスラーに!新鋭監督の社会派プロレス映画!
    アメリカの人気プロレス団体WWEがリメイク権を獲得したことでも話題のフランス映画『ママはレスリング・クイーン』の試写会が17日、飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京 ...呼び掛けた。(取材・文:壬生智裕) 映画『ママはレスリング・クイーン』は7月19日よりヒューマントラストシネマ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ママはレスリング・クイーン from ダイターンクラッシュ!! (2014年8月24日 15時21分)
    2014年8月20日(水) 21:30~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1100円(サービスデー) パンフレット:未確認 意外にしっかりプロレスする。 『ママはレスリング・クイーン』公式サイト フランス人の有名プロレスラーに覚えがないので、プロレス後進国と勝手に格付けしているフランス。どんなにプロレスをバカにした映画なのかと思ったら、ババアレスラーのコスチュームの酷さ(画像参照)を除けば、かなりしっかりプロレスをしていた。「おっぱいバレー」の中学生たちのバレーボール練習の1万倍は努力してい ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年7月14日の週の公開作品
  3. 『ママはレスリング・クイーン』