シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

ワイルド・ルーザー

公式サイト:http://www.wild-loser.com
ワイルド・ルーザー
(C) ZetaCinema S.L.Antena3 Films, S.L.U
英題:
COMBUSTION
製作年:
2013年
製作国:
スペイン
日本公開:
2014年5月17日
(シネマート新宿 ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
協力:
松竹
シネマスコープ/カラー

チェック:ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといった高級車で違法ストリートレースを繰り広げる若者たちをスリリングに描くスペイン発のカーアクション。元レーサーである男と窃盗団グループが、誘拐されたヒロインを奪還するためにバトルを展開する。監督は、『非常戦闘区域』『インベーダー・ミッション』などのダニエル・カルパルソロ。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などのアレックス・ゴンザレスのほか、アドリアーナ・ウガルテ、アルベルト・アンマンらが出演。ハードなアクションやセクシーな肢体で魅了する、スペインの人気俳優たちの熱演にくぎ付け。

ストーリー:元レーサーのミケル(アレックス・ゴンザレス)は窃盗団の美女アリ(アドリアーナ・ウガルテ)をめぐり、アリの恋人で窃盗団のリーダーであるナバス(アルベルト・アンマン)にストリートレースで勝利。その数日後、ナバスはギャング風レーサーとの違法ストリートレースに負け、アリが人質になってしまう。ミケルはアリを救出するため、窃盗団に協力することになり……。

ワイルド・ルーザー
(C) ZetaCinema S.L.Antena3 Films, S.L.U

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    昔懐かしい正統的二番煎じ映画。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    いつの間にか恐ろしくハードルの高い名シリーズと化してしまった『ワイルド・スピード』。アクション映画としての充実度はとても他では真似できないので、初心に帰るが如く(?)本家の一作目とほぼ同じ設定で(ま、ポール・ウォーカー役は警官ではなく追放されたプロ・レーサーだが)スペインで作られたストリート・レース映画。しかし難儀なのは肝心のレース・シーンにまるで迫力がないこと。もはや観るほうも普通じゃ満足できなくなっているのに、あまりにあっさりしていて拍子抜け。そのぶんグラマー女とマッチョ男のセックス・シーンはやけに濃厚だが……。しかも終盤の展開がやたらとヒドくて後味悪すぎ。英語吹替版なのも安さ倍増だ。

動画

映画『ワイルド・ルーザー』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ワイルド・ルーザー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ワイルド・ルーザー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ワイルド・ルーザー』チラシ
    チラシ

スタッフ

美術監督: アントン・ラグナ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月12日の週の公開作品
  3. 『ワイルド・ルーザー』