シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ラスト・ワールド

ラスト・ワールド
(C) 2013 THE PHILOSOPHERS LLC ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
THE PHILOSOPHERS
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ/インドネシア
日本公開:
2014年5月17日
(新宿シネマカリテ)
上映時間:
配給:
アース・スター エンタテイメント

チェック:インドネシアの学校の生徒20人が、哲学の思考実験として、核による惨事を避けるためシェルターに入るにふさわしい10人を選ぶべくサバイバルを繰り広げるSFドラマ。仮想終末世界に立たされた若者たちが、愛と憎しみ、殺人やセックス、裏切りなどのドラマを展開していく。メガホンを取るのは、『誘惑の恋人たち』のジョン・ハドルズ。『クラウド アトラス』などのジェームズ・ダーシーや『美しい絵の崩壊』などのソフィー・ロウ、『ハリー・ポッター』シリーズのボニー・ライトなどが出演する。究極のシチュエーションであぶり出される深層心理に戦慄(せんりつ)を覚える。

ストーリー:インドネシア・ジャカルタのインターナショナルスクールで、卒業を直前に控えた生徒20人に特別な課題が出される。それは核爆発により荒廃した世界で、10人分のシェルターに入る人間を20人の中から選び出すというもの。科学者や軍人などの職業が与えられ、仮想終末世界での討論が繰り広げられる状況で、仮想と現実の境界線がはっきりしなくなり、やがて生死を左右する戦いへと発展していく。

ラスト・ワールド
(C) 2013 THE PHILOSOPHERS LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    学生たちの仮想サバイバルは短編映画向きだったかも?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     もし世界の終りがやって来て、クラス20人の内10人しかシェルターに入れないとしたら、あなたなら誰を選ぶか…という課題を出された学生たちのサバイバル・シュミレーションを描く。
     CGを使った終末パニックや葛藤入り乱れる人間模様も、最初から仮想世界と分かっているので緊張感に欠ける。ただ、人類の存続に役立つ人物を論理的に吟味して選ぶという方針が途中からブレ始め、やがて人間かいかに感情的で矛盾した生き物であるかが浮き彫りにされていく展開はワリと興味深い。
     とはいえ、これで1時間50分近く引っ張るのは少々厳しい。登場人物や演じる役者も存在感薄め。いっそのこと短編映画でも良かったのではなかろうか。

動画

映画『ラスト・ワールド』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ラスト・ワールド』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラスト・ワールド』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラスト・ワールド』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・製作:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ラスト・ワールド」 TSUTAYAだけレンタルシリーズ from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2014年11月19日 0時4分)
    こんな授業も面白い( ^∀^) インドネシアの学校の生徒20人が、哲学の思考実験 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年5月12日の週の公開作品
  3. 『ラスト・ワールド』