シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ダバング 大胆不敵

公式サイト:http://u-picc.com/Dabangg
ダバング 大胆不敵
(C) Eros International Ltd.
英題:
DABANGG
製作年:
2010年
製作国:
インド
日本公開:
2014年7月26日
(シネマート新宿 ほか)
上映時間:
日本語字幕:
藤井美佳
後援:
駐在インド大使館
提供:
ビオスコープ
配給:
太秦
カラー/シネマスコープサイズ/DCP(5.1ch)

チェック:『タイガー~伝説のスパイ~』などで知られるインドの肉体派スター、サルマーン・カーン主演によるアクション。汚職に手を染めつつも、か弱き人々を守り抜く正義の心を持った警官が、悪徳政治家と壮絶な闘いを繰り広げていく。メガホンを取るのは、本作で初メガホンを取ったアビナフ・シン・カシュヤップ。サルマーンの実弟アルバーズ・カーン、本作で女優デビューとなったソーナークシー・シンハーらが共演。迫力の肉弾戦や銃撃戦に加え、ボリウッド名物の華やかな歌と踊りも見もの。

ストーリー:悪党から大金をせしめる警官だが、その真の姿はロビンフッド・パンデーの異名を持った弱者を守る正義の男というチュルブル(サルマーン・カーン)。ある日、ラッジョー(ソーナークシー・シンハー)という美女に心を奪われて結婚してほしいと猛アタックを開始するが、彼女はアルコール中毒の父親を放って誰かと一緒にはなれないと固く心に誓っていた。そんな中、権力を得ようとするもチュルブルに阻まれ続けてきた青年政治家チェーディー・スィン(ソーヌー・スード)が、彼を倒そうと動きだす。

ダバング 大胆不敵
(C) Eros International Ltd.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    アンチヒーローの姿勢は崩さず、なんだけど。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ひと昔前は甘い二枚目マッチョ、もはやコワモテマッチョなイメージが強いサルマン・カーンの、いわばゴキブリ刑事もの。ま、そこはボリウッドだから卑屈な腹違いの弟への非情な行為(演じるはサルマンの実弟で本作プロデューサー)にも赦しが用意されているのだが、全編完全な俺様映画になっていて、いっそ天晴。リアリティ皆無なアクションシーン、男根部を強調するように「フルフルダバンダバンダバンダバン」とズボンのベルトをクイクイする下品な振付(ま、ありがちだが)もどんとこい、である。でもこの監督、ヒンディー語映画ニューウェイヴの旗頭アヌラーグ (『デーヴD』等が映画祭上映済)の弟なんだってね。家族でバランス感覚抜群。

  • なかざわひでゆき
    ボリウッド印の特濃バイオレンスムービー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     まずは“毒を持って毒を制す”暴力警部ダバングの傍若無人なこと!悪党から奪った金で私腹を肥やすわ、報告書や事件の捏造は朝飯前だわ。でも、正義と弱者の味方だから全部チャラなんだよね(笑)。しかも歌って踊れてダンディな男前で、超人的な運動神経の持ち主。しまいにゃ、怒りで筋肉が膨張して上着が吹っ飛ぶ。お前はハルクか!と突っ込みたくなる迷シーン。
     リアリズム完全無視の超絶アクション、インド映画ならではの過剰にドラマチックな演出。そして、根強い家父長制度や血縁の因習、権力の汚職などに起因する愛憎ドラマ。ミュージカル・シーンはちょっと地味だが、ボリウッドでしかあり得ない特濃バイオレンス映画だ。

動画

映画『ダバング-大胆不敵-』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ダバング 大胆不敵』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダバング 大胆不敵』チラシ
    チラシ
  • 映画『ダバング 大胆不敵』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダバング 大胆不敵』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年7月21日の週の公開作品
  3. 『ダバング 大胆不敵』