シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
テロ,ライブ
(C) 2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
英題:
THE TERROR,LIVE
製作年:
2013年
製作国:
韓国
日本公開:
2014年8月30日
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
上映時間:
配給・提供:
ミッドシップ / ツイン
カラー/ビスタサイズ

チェック:視聴率獲得を重視するメディアのモラルを問い掛ける、韓国発のサスペンススリラー。爆弾テロ犯からの電話を受けたアナウンサーに待ち受ける、思わぬ運命と事件の行方を追い掛けていく。メガホンを取ったのは、新鋭キム・ビョンウ。『ベルリンファイル』のハ・ジョンウが、テロ犯との通話の独占生放送で表舞台に返り咲こうとする主人公の元国民的アナウンサーを熱演する。生々しい迫力に満ちた大橋爆破シーンに加え、リアルタイム形式の演出も物語のテンションを高めている。

ストーリー:国民的アナウンサーとして活躍していたが、ある不祥事でテレビ局からラジオ局へ飛ばされてしまったユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。ある朝、生放送中の彼の番組に脅迫電話がかかってくる。イタズラと思って電話を切るが、その瞬間に漢江に架かるマポ大橋が爆破される。やがて、連続する爆破テロの犯人が脅迫電話の相手だと判断したヨンファは、彼との通話をテレビで独占生中継する。その後、大統領の謝罪と21億ウォンの現金を要求した犯人は、ヨンファの耳に付けられたイヤホンにも爆弾を仕込んだことを告げる。

テロ,ライブ
(C) 2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    この新人監督は“買い”だ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    舞台をTV局、それも放送中のスタジオに限定しながらも閉塞感なし。PTA『マグノリア』の影響を感じさせるスピーディで流れるようなキャメラ。『フォーン・ブース』的設定も盛りこみつつ、必要な個所ではリアリティ重視で作りこむパニック映画的CGイフェクト。弱者を軽視する韓国政治への大胆な批判。どこか黒沢清ホラーを思わせる、時代の澱みそのものを体現化したような犯人像。なにより自身が強烈なエゴを持ちながら、さらに強大なエゴに駆逐されるキャスター役ハ・ジョンウの、どこかおかしみのある持ち味が効いている(彼の本領はおそらくコメディだろうしな)。とにかくこれが新人監督の作品、韓国映画界恐るべし。

  • 山縣みどり
    政府批判を恐れない監督の骨太な精神が伝わってくる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    正体不明の爆破テロ犯と高視聴率狙いのTV局、野心むき出しの元ニュースキャスターが繰り広げる三つ巴がまずスリリング。スタジオと窓から見える景色、TVのライブ映像という限られた映像をテンポよくつないで飽きさせない編集テクもお見事! が、重要なのは事件から浮かび上がる韓国社会のひずみだ。物語が進むに連れ明らかになる犯人の絶望感や悔しさには同情を禁じ得ず、翻弄されるメディアや警察が滑稽に感じられるのだ。本当に大事なことは何か? 正義とは? いろいろなことを観客に考えさせる。学歴社会である韓国では一部のエリートが利権を握っているもよう。国民を無視した国策を押し進める政府批判とも受け取れる骨太な意欲作だ。

  • 相馬 学
    緊張もメッセージも強力な、歯応えのあるサスペンス
    ★★★★
    »読む«閉じる

     リアルタイム進行、すなわち90分強の出来事を描いた物語。そこで起こる事件は出来過ぎの気もしないでもないが、それでも緊張感は十分に漲っており飽きさせることがない。

     スタジオの窓から見える爆破テロや、スタジオ内での爆殺事件など、ショッキングな描写を織り交ぜた巧い展開。切れ者を演じることの多いハ・ジョンウの焦燥演技の意外性も手伝い、見入ってしまった。

     何より印象的なのは、アメリカン・ニューシネマのような社会派劇の骨太さが。政治とメディアの癒着や報道の誤った姿勢、そして個人のエゴ。目新しい題材ではないにしても、現実的な物語を通してこういうメッセージを突き付けられるとハッとさせられる。

動画

映画『テロ,ライブ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『テロ,ライブ』ポスター
    ポスター
  • 映画『テロ,ライブ』チラシ
    チラシ
  • 映画『テロ,ライブ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『テロ,ライブ』オリジナル特製ノート
    オリジナル特製ノート

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『テロ,ライブ』の映画ニュース

  • 野心家のアナウンサーがテレビの生放送中に爆弾テロリストと一刻を争う頭脳ゲームを繰り広げる、メディアの現場を舞台にしたリアルタイムサスペンス『テロ,ライブ』が、本国...け、日本でもまもなく公開される。 映画『テロ,ライブ』は、不祥事によりテレビからラジオ番組の...
  • 元フジテレビで現在フリーの長谷川豊アナウンサーと社会言語学者の金慶珠が22日、都内で行われた韓国映画『テロ,ライブ』公開記念トークショーに登場し、日韓のジャーナリズ...付け加えた。(取材・文:壬生智裕) 映画『テロ,ライブ』は8月30日よりヒューマントラストシネマ...
  • 元恵比寿マスカッツのメンバーでセクシー女優の蒼井そらが14日、韓国映画『テロ,ライブ』のトークイベントに出席し、本作の主演ハ・ジョンウの大ファンであることを告白。「...演している。(取材・文:名鹿祥史) 映画『テロ,ライブ』は8月30日よりヒューマントラストシネマ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『テロ,ライブ』映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2015年4月22日 21時35分)
    監督: キム・ビョンウ    キャスト: ハ・ジョンウ、イ・ギョンヨン、チョン・… ...[外部サイトの続きを読む]
  • テロ, ライブ (2013、韓国) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年4月4日 3時37分)
    内容はともかく勢いがあっておもしろかった。DVDで観た。 爆破犯からの電話を警察に通報もせず自分の手柄にして生中継でTVへの復帰を狙うキャスター。視聴率のことしか考えない局の上司。人質の命よりもメンツにこだわる政府・警察。板挟みになったキャスターに犯人は次々にとんでもない要求をつきつけてくる。 □ 人気TVキャスターだったユン・ヨンファはある事件が元で離婚してラジオ担当となる。ユン・... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 衝撃的なバッドエンドと一抹の幸せ「テロ,ライブ」 from てんシネ探検隊 (2014年10月13日 17時42分)
    面白かったです。 韓国映画の面白さは一線を越えた脚本や表現。 主人公を怪物に食べ ...[外部サイトの続きを読む]
  • テロ,ライブ from 映画三昧、活字中毒 (2014年9月12日 5時12分)
    ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞テロ,ライブ/? ?? ??? 2013年/韓国/98分 監督: キム・ビョンウ 出演: ハ・ジョンウ/イ・ギョンヨン/チョン・ヘジン/キム・ホンファ/キム・ソジン 公式サイト 公開: 2014年08月30日 不祥事が元でニュースキャスターの座を追われ、系列のラジオ局へと左遷された人気キャスターのユン・ヨンファ。聴取者からの電話に答える生... ...[外部サイトの続きを読む]
  • テロ、ライブ/더 테러 라이브/THE TERROR,LIVE from 我想一個人映画美的女人blog (2014年9月8日 23時15分)
    爆弾テロリストからの犯行予告電話を受けた人気キャスターが、視聴率獲得のために犯人との通話を独占生中継したことから テレビカメラの前でリアルタイムで進行していくテロの一部始終。 主演は「チェイサー」「ベルリンファイル」のハ・ジョンウ。 たまに... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月25日の週の公開作品
  3. 『テロ,ライブ』