シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ソウォン/願い

公式サイト:http://www.hopemovie2014.com
ソウォン/願い
(C) 2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
英題:
HOPE
製作年:
2013年
製作国:
韓国
日本公開:
2014年8月9日
(新宿シネマカリテ ほか)
上映時間:
配給:
アット エンタテインメント
配給協力:
武蔵野エンタテインメント
カラー/DCP

チェック:2008年に韓国で発生した幼女暴行事件とその裁判結果を軸に、『王の男』などのイ・ジュニク監督が放つ感動作。悲惨な事件を前に途方に暮れる被害者家族の慟哭(どうこく)と復活への道のりを、温かいまなざしでしっかりと描く。苦悩する父母を『ザ・スパイ シークレット・ライズ』などのソル・ギョングと『映画館の恋』などのオム・ジウォンが熱演。娘役の新星イ・レのけなげな芝居が光る、家族の絆を再確認させる物語に涙がこぼれる。

ストーリー:雨の朝、一人で登校した8歳のソウォン(イ・レ)は男に呼び止められ、半死半生の暴行を受けた状態で発見される。病院に運び込まれたまな娘の惨状に、父親ドンフン(ソル・ギョング)も、母親ミヒ(オム・ジウォン)も泣き崩れる。その後、執拗(しつよう)なマスコミの取材攻勢や社会全体からの注目に対し、両親はソウォンを何とか守ろうとするも……。

ソウォン/願い
(C) 2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    名優たちが真摯に好演。でも子役のイ・レには敵わない。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    直截的な猟奇描写は皆無。女児ソウォンが身体に受けたダメージは数語の台詞で語られるだけだが、それだけでじゅうぶん恐怖である。しかもその禍いは、やや下流に属する被害者一家の日常描写が淡々と積み上げられたのち突然見舞うものだけに、その理不尽さが観る者にどうしようもない絶望感を齎す。「なぜ生まれてきたのか」と自問する8歳児。「いっそ世界中の子供が同じ目に遭えばいい」と考えてしまったこと自体を自責する母。男性というだけで娘に避けられる父…。社会論は二の次に、イ・ジュンイクはあくまでこの家族の心象を丹念に追う。「希望」と「赦し」に帰着するのは事件が事件だけに甘くも感じられるが、それを誰も否定できまい。

動画

映画『ソウォン/願い』予告編
映画『ソウォン/願い』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『ソウォン/願い』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソウォン/願い』チラシ
    チラシ
  • 映画『ソウォン/願い』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ソウォン/願い』癒しのタオルハンカチ※色指定不可
    癒しのタオルハンカチ※色指定不可

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ソウォン 願い』生まれてくれてありがとう from 映画@見取り八段 (2015年3月30日 3時23分)
    ソウォン 願い~ ?? / Hope ~     監督: イ・ジュンイク    キャスト: ソル・ギョング、オム・ジウォン、キム・ヘスク、キム・サンホ、ラ・ミラン、イ・レ 公開: 2014年8月9日 2015年3月29日。DVD観賞 一緒にレンタルしてきて昨日見たばかりの『殺人の疑… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月4日の週の公開作品
  3. 『ソウォン/願い』