シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
わたしは生きていける
(C) The British Film Institute / Channel Four Television Corporation / HILN Ltd 2013
英題:
HOW I LIVE NOW
製作年:
2013年
製作国:
イギリス
日本公開:
2014年8月30日
(有楽町スバル座 ほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
ビスタサイズ/カラー

チェック:メグ・ローゾフのベストセラー小説を基にした、異色の青春ドラマ。テロリストによる核爆発と第3次世界大戦によって混乱するイギリスを舞台に、16歳の少女が織り成す決死のサバイバルをいとことの恋を交えながら映し出す。監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』などのケヴィン・マクドナルド。『ハンナ』などのシアーシャ・ローナンを筆頭に、『ディファイアンス』などのジョージ・マッケイ、『インポッシブル』のトム・ホランドらが結集。絶望の中でも希望をつかもうとするヒロインの姿に胸を打たれる。

ストーリー:生後間もなく母親がこの世を去るなど、複雑な家庭環境で育ってきた16歳の少女デイジー(シアーシャ・ローナン)。彼女は会ったことのないいとこたちと過ごすため、1人でニューヨークからイギリスへとやってくる。純真ないとこたちと触れ合い、自意識過剰で反抗的だったデイジーの心境に変化が生じる。やがて、いとこの長兄エディ(ジョージ・マッケイ)に惹(ひ)かれるように。そんな中、ロンドンで核爆発テロが起き、第3次世界大戦が勃発する。戒厳令が敷かれ、デイジーたちは軍によって離れ離れになってしまう。

わたしは生きていける
(C) The British Film Institute / Channel Four Television Corporation / HILN Ltd 2013

映画短評

  • 平沢 薫
    自分がティーンの女子ならこういう恋愛映画が見たい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    架空の世界を舞台に10代の少女の恋愛を描く映画は昨今多いが、この映画は別モノ。ヒロインに特殊な資質はなく、世界を救うこともない。彼女はただ人を愛し、歩き続けることによって自分を変えていく。

    彼女が歩きはじめると、世界は彼女にさまざまな貌を見せる。残酷な貌も隠さない。光溢れる初夏の川辺、冷えたアスファルトの道、どこまでも続く丘陵。撮影は「パレルモ・シューティング」のフランツ・ルスティヒ。北の微かな光を捉えた映像は、陰鬱な曇天も美しい。

    また、英国好きも必見。監督はスコットランド出身、ロケ地はウェールズ南西部、挿入歌もニック・ドレイクなどの英国産だ。

動画

映画『わたしは生きていける』予告編

写真ギャラリー

Magnolia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『わたしは生きていける』ポスター
    ポスター
  • 映画『わたしは生きていける』チラシ
    チラシ
  • 映画『わたしは生きていける』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『わたしは生きていける』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『わたしは生きていける』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • わたしは生きていける from 映画三昧、活字中毒 (2014年9月12日 5時13分)
    ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞わたしは生きていける/HOW I LIVE NOW 2013年/イギリス/101分 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演: シアーシャ・ローナン/ジョージ・マッケイ/トム・ホランド/ハーリー・バード/アンナ・チャンセラー 公式サイト 公開: 2014年08月30日 世界が不穏な空気に包まれていた16歳の夏、デイジーことエリザベスは、亡き母ジ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • わたしは生きていける from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年9月11日 0時17分)
    How I Live Now Original Soundtrack [CD]思春期の少女が終末的戦争の時代で成長を遂げる「わたしは生きていける」。サバイバル・アクションやヒーローものではなく、切ない青春ラブ・ストーリ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「わたしは生きていける・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2014年9月8日 22時47分)
    これが、わたしの生きる道。 類似する作品が思い当たらない、非常にユニークな佳作だ。? シアーシャ・ローナン演じる心に傷を抱えた少女が、突如勃発した核戦争の中、愛する少年の待つ家を目指すサバイバルロードムービー。 ?ある種の終末ものであり、少女の成長を描いた瑞々しい青春映画でもある。 同じような設定でも、ハリウッドだと「若き勇者たち」みたいにアクション中心になっちゃうが、こちらはい... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年8月25日の週の公開作品
  3. 『わたしは生きていける』