シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
サボタージュ
(C) 2013 DEA Productions, LLC All Rights Reserved.
英題:
SABOTAGE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年11月7日
(TOHOシネマズみゆき座 ほか)
上映時間:
提供・配給:
ブロードメディア・スタジオ
提供:
ハピネット
カラー/アメリカンビスタサイズ

チェック:ハリウッドが誇るスター、アーノルド・シュワルツェネッガー主演によるアクションミステリー。彼が演じる麻薬取締局特殊部隊のリーダーが、メンバーの命を次々と奪っていく犯人を追いながら事件の思わぬ真相にたどり着く姿を活写する。メガホンを取るのは、『エンド・オブ・ウォッチ』などのデヴィッド・エアー。『タイタン』シリーズなどのサム・ワーシントン、『ハッスル&フロウ』などのテレンス・ハワードら実力派が共演する。いくつもの謎とスリルが交錯するストーリーに加え、壮絶なガンファイトの数々も見どころ。

ストーリー:麻薬取締局DEAの中でも最も強いとされる特殊部隊のリーダーを務め、ブリーチャー(破壊屋)の異名を持つジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー)。彼とそのチームは麻薬カルテルのアジトを急襲し、巧みなチームワークと見事な戦術でミッションを成功させる。だが、組織が隠し持っていた1,000万ドルもの大金が突如として消え、それと同時に隊員たちが何者かによって一人、また一人と殺害されていく。報復や隊員の犯行などが疑われる中、ジョンは女性刑事と一緒に事件の真相を追い掛けていく。

サボタージュ
(C) 2013 DEA Productions, LLC All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    犯罪と戦う英雄たちのダークサイド
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     一人また一人と無残に殺されていく麻薬捜査局特殊部隊の面々。果たして、犯人は麻薬組織の殺し屋なのか、それとも…?ってな具合に、犯罪アクションに猟奇サスペンスを絡めた変化球的な作品だ。
     還暦をとっくに過ぎたシュワちゃんに代わって、派手なアクションは主にアラフォーの後輩たちが担当。中でも、男勝りのビッチな女捜査官を演じるミレイユ・イーノスの変貌ぶりは少なからず驚きだ。
     危険な任務と荒んだ環境のストレスに日夜晒される捜査官たち。そんな彼らの内に秘めた心の闇を、事件の背景に織り交ぜた脚本は悪くない。ただ、謎解きの構成がわりと大雑把なため、真相へ近づくに従って尻つぼみになるのは惜しまれる。

動画

シュワちゃん吹き替えでお馴染みのあの人が!映画『サボタージュ』玄田哲章版予告編
シュワちゃんが躍動!映画『サボタージュ』予告編
映画『サボタージュ』特報

写真ギャラリー

Open Road Films (II) / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『サボタージュ』ポスター
    ポスター
  • 映画『サボタージュ』チラシ
    チラシ
  • 映画『サボタージュ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『サボタージュ』クリアファイル
    クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『サボタージュ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • サボタージュ (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年5月6日 2時37分)
    アーノルド・シュワルツェネッガー主演からイメージする華々しいアクション映画ではなく、やたら屈折していて後味の悪い映画だった。DVDで観た。 □ ブリーチャー“破壊屋”、あるいは“麻薬戦争の神”と言われるジョン・ウォートン率いるDEA(麻薬取締局)特殊班がギャングのアジトを急襲する。アジトに山積みされた大金から1000万ドルを抜いて残りを爆破する。ところが1000万ドルが行方不明となりチ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『サボタージュ』を見た【映画】アーノルド・シュワルツェネッガー主演、デヴィッド・エアー監督によるサスペンス・アクション from カフェビショップ (2015年3月30日 7時21分)
    これはダメだった。 デヴィッド・エアー監督が アーノルド・シュワルツェネッガーを使うということで けっこう期待して見始めたんすけど、 早い段階でこれはあきまへんなと。 「エンド・オブ・ウォッチ」の監督だけあって 特殊部隊のチームとしての動きの描写や 銃… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「サボタージュ」 あらすじ&ネタバレ from オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas) (2015年3月11日 0時9分)
    シュワちゃん、活躍するな~( ´▽`) ハリウッドが誇るスター、アーノルド・シュ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「サボタージュ」 from ここなつ映画レビュー (2014年12月11日 12時52分)
    面白くなかった訳ではないが、納得がいかない。ストンと落ちてこない、というか。この作品を観たのが心身ともに大変忙しい時期だったので、なんて言い訳はしたくないんだけどなぁ…単純に私が理解力が無くて飲み込みが遅いというだけなんだろう。認めるの哀しいけど。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビット・エアー監督だけあって、警察の描き方、市街戦などは秀逸で二重丸。公式サイトからの引用によると…麻薬取締局(DEA)のジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、アメリカ国内外での麻薬戦争において幾多の功績を挙げ、“ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「サボタージュ」:なぜシュワが出たのか? from 大江戸時夫の東京温度 (2014年12月5日 23時5分)
    映画『サボタージュ』は、「御大」と呼ぶのにふさわしいアーノルド・シュワルツェネッ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月3日の週の公開作品
  3. 『サボタージュ』