シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
18歳以上がご覧になれます

ニンフォマニアック Vol.2

公式サイト:http://www.nymphomaniac.jp/
ニンフォマニアック Vol.2
(C) 2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA
英題:
NYMPHOMANIAC
製作年:
2013年
製作国:
デンマーク/ドイツ/フランス/ベルギー/イギリス
日本公開:
2014年11月1日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
日本語字幕:
松浦美奈
配給:
ブロードメディア・スタジオ
カラー&モノクロ/シネマスコープ/ドルビーデジタル

チェック:セックスに取りつかれた女性が歩む波乱に満ちた半生を、『アンチクライスト』などのラース・フォン・トリアーが2部作形式でつづった異色ドラマの後編。1人の男を愛しながらも、さまざまな者たちと体を重ねてきた女性がたどり着く衝撃的な結末を映す。前作に続きシャルロット・ゲンズブールがヒロインにふんし、その脇をジェイミー・ベルやウィレム・デフォーといった実力派が固める。数奇な物語を巧みに紡ぐトリアー監督の手腕に加えて、シャルロットが繰り出す大胆なつやっぽさも見もの。

ストーリー:最愛の男ジェローム(シャイア・ラブーフ)に去られた寂しさを埋めるように、さまざまな男とのセックスにふけるジョー(シャルロット・ゲンズブール)。さらに父をなくしたのも相まって、スケジュールを組んでまで情事に励むようになる。そんな中、妻と別れたジェロームと再会して久々に求め合うが、彼女は性感を得られない体となっていた。ジェロームは常軌を逸した性欲をぶつけるジョーを持て余し、彼女が浮気をすることを認める。刺激を求めてさまようジョーは、K(ジェイミー・ベル)というサディストと出会う。

ニンフォマニアック Vol.2
(C) 2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    この4時間の徒労感は爽快ですらある。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    主人公ジョーも齢を重ね、いよいよ本格的にシャルロットへと演者も移行する後篇。しかし「色情狂」としての生きかたを貫こうとする彼女にはさまざまな悲喜劇が到来する。Vol.2で最も時間が割かれるのは鞭打ち師とのプレイで、J.ベルの職業サディストがなかなかいい(途中『アンチクライスト』のセルフパロディ含む)。“ソラリス”コラールやロ短調ミサなどキリスト教的背景を持つバッハの音楽が後篇も目立つが、一番強烈なのはトーキング・ヘッズ! いきなりジョーが「裏社会に入る」という唐突すぎる展開を印象づけるとともに、この音が鳴り響いてからのなし崩し感は半端ない。結局タルコフスキーとの相関性ははっきり示されませんが。

  • 中山 治美
    またも観客にタイマン勝負を仕掛けてきたお騒がせ監督
    ★★★★
    »読む«閉じる

     “かまってちゃん“な監督は、実に厄介だ。毎度、タブーに抵触する題材に挑み「ねぇ、見て!」と観客にいじってもらう事を至福とする甘えん坊。韓国のキム・ギドク監督と精神構造は似ている。だが両者の作品とも、我々がひた隠しにしている欲望を掻き立て、感情を揺さぶってくれるからクセになる。本作では、性に対する飽くなき探究心と、突き詰めた向こう側にある世界。リミッターを振りきれない凡人にとってはファンタジーか?悪夢か? 個人的には著名人を使ったコメディとして受け止めた。
     主演は、懲りずにラース映画3作目となるゲンズブール姐さん。新作『サンバ』の布石とも言えるシーンもあるので、合わせて観賞すると楽しさ2倍。

  • 相馬 学
    セックスは広義の性に変わる!? 歯応えのある解脱編
    ★★★★
    »読む«閉じる

     多くの方が指摘しているとおり本作は『Vol.1』とともにセットで見ないことには意味がない。セックスを突き詰めた果てに行き着く先の衝撃は、通して見てこそ伝わるものだから。

     『Vol.1』がセックスを題材にした『不思議の国のアリス』ならば、『Vol.2』はある意味、解脱編。SMに迷い込みセックス依存症に悩むヒロインの心の旅は、もはや快楽の範疇に収まらず、性差をも超えた超人思想レベルに。

     シャルロット・ゲンズブールが演じた主人公の“ジョー”という中性的な名も、ここにきて初めて意味が通る。トリアーにしては軽やかな語り口は『Vol.1』と同様だが、続けて見てこその歯応えは十分だ。

  • 平沢 薫
    ラース・フォン・トリアーはやっぱり一筋縄ではいかない
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ラース・フォン・トリアー監督流の人を食ったようなギャグが炸裂。ヒロインが「イモの袋のように」と言うと画面にイモの袋が映し出され、「虎のように」と言うと虎が現れる。唐突に出現する、フィボナッチ数列。ヒロインが聞き手に自分の過去を語るという枠組みなのだが、聞き手が途中で「ウソだろう」と言うと、ヒロインが「話は信じるのと信じないのでは、どちらがおもしろいの?」と詰問して聞き手を黙らせるという具合。

    そんな形で語られる物語は、エロティシズムとは関係がない。これは、ニンフォマニアという疾患を通して描かれる、中毒について、身体のままならなさについて、それらと共に生きるということについての物語なのだ。

ポスター/チラシ

  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』ポスター
    ポスター
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ
  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ニンフォマニアック Vol.2』単券:ポストカード、セット券:クリアファイル
    単券:ポストカード、セット券:クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

共同製作総指揮: ベティーナ・ブロケンパー
視覚効果監修: ペーター・ヨルト
ストーリー監修: ヴィンカ・ウィーデマン
第二監督: アナス・レフン
プロダクションデザイナー: シモーヌ・グラウ・ルネイ
アートディレクター: アレクサンダー・シェラー
ヘアメイク: デニス・クヌーセン
ポストプロダクション監修: シャーロット・ブッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ニンフォマニアック Vol.2』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ニンフォマニアック Vol.2/トリアーの鬱三部作完結 from MOVIE BOYS (2014年11月24日 18時6分)
    『アンチクライスト』や『メランコリア』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が色情狂の女性の人生を描いた問題作の後編。Vol.1同様シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルドを中心に物語は進む。こちらにはジェイミー・ベル、ウィレム・デフォーらも出演。色情狂といいつつも段々と性的な部分を超え、常軌を逸した行動に変わっていくジョーの姿が強烈な印象を与える。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニンフォマニアック Vol.2 from 映画三昧、活字中毒 (2014年11月17日 23時29分)
    ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ニンフォマニアック Vol.2/NYMPHOMANIAC: VOL. II 2013年/デンマーク、ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス/123分 監督: ラース・フォン・トリアー 出演: シャルロット・ゲンズブール/ステラン・スカルスガルド/ステイシー・マーティン/シャイア・ラブーフ/ジェイミー・ベル 公式サイト 公開: 2014年11月0... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 ニンフォマニアック Vol.2 from 別冊 社内報 (2014年11月8日 20時39分)
    vol.2が今日から。 vol.1から続けて観る客が結構多い。 不感症になってしまいました。さぁどうなる??!の続き。 アブノーマルで倒錯的な領域ですが、一般映画館で掛けられるくらいのものです。 ■ 札幌劇場にて(札幌公開初日) ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ニンフォマニアック Vol.2』 (2013) from 相木悟の映画評 (2014年11月5日 10時47分)
    問題児があざ笑う色情狂時代、後編! 性をテーマに哲学的挑発をしながら、結局のところ苦笑を禁じえない喜劇であった。 本作は、好き嫌いが分かれるも、嫌いな人もつい観に出かけてしまうお騒がせ監督ラース・フォン・トリアーが放つ問題作。4時間の長尺を誇る大作を... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ニンフォマニアック Vol.2/NYMPHOMANIAC: VOL. II from 我想一個人映画美的女人blog (2014年11月2日 0時59分)
    「アンチクライスト」「メランコリア」の鬼才ラース・フォン・トリアー監督が、 色情狂(ニンフォマニアック)のヒロインの性の遍歴をシニカルなユーモアで描いた衝撃作の後編。 Vo.1の続きが公開されたので早速。  前作レビュー 1人の男を愛しながらも、様... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2014年10月27日の週の公開作品
  3. 『ニンフォマニアック Vol.2』