シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

フランキー&アリス

公式サイト:http://frankie-alice.jp
フランキー&アリス
(C) 2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved.
英題:
FRANKIE & ALICE
製作年:
2010年
製作国:
カナダ
日本公開:
2014年9月20日
(ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
提供・配給:
プレシディオ
協力:
エイベックス・ピクチャーズ
カラー/シネマスコープ/DCP

チェック:黒人ストリッパーでありながら人種差別主義の白人女性の人格を持つ解離性同一性障害の女性を、『チョコレート』や『X-MEN』シリーズなどのハル・ベリーが演じるヒューマンドラマ。舞台は1970年代のアメリカ、実在した女性をモデルに、解離性同一性障害を克服しようと苦しみながらトラウマに向き合った女性の姿を描く。メガホンを取るのは、『アレックス・ライダー』などのジェフリー・サックス。ヒロインを診断し、協力するサイコセラピストを、『奇跡の海』、『マイティ・ソー』シリーズなどのステラン・スカルスガルドが演じる。プロデューサーも兼ねるハルの熱演に魅了される。

ストーリー:1970年代、アメリカ。黒人ストリッパーのフランキー(ハル・ベリー)は、ある男性と一夜を共にしようというときに態度が急変し、相手にけがを負わせてしまう。警察に保護されたフランキーは、支離滅裂な言動のため病院送りに。そしてサイコセラピストのオズ(ステラン・スカルスガルド)の診断で、フランキーの中にアリスという人種差別主義の白人女性の人格が存在することがわかる。

フランキー&アリス
(C) 2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    事実は小説よりも奇、とは限らないってことかな。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    多重人格ものもひととおり出払った感のある今、この程度の話をわざわざ映画にする、というのがちょっと信じがたい。どこまで事実に基づいているのか判らないが、ハリー・ベリーの演技(といっても『チョコレート』ほどの凄味はない)に頼りっきりで、ミステリの体裁を取っている割にはあまりにもヒネリがないのにかえって驚いてしまう。人種差別へのアプローチもさほど心に訴えるようなものではないし……。ただ、ステラン・スカルスガルド扮するちょっとティモシー・リアリー風な経歴を持つ精神科医はそこそこユニーク。物語上ハリーとの対話がメインとなるので、『ニンフォマニアック』の彼を想起させもするしね。

  • なかざわひでゆき
    多重人格を瞬時に演じ分けるハル・ベリーが圧巻
    ★★★★
    »読む«閉じる

     多重人格を題材にした実話ドラマだ。主人公は姐御肌の黒人ダンサー、フランキー。何らかの外的影響をきっかけに、気位の高い人種差別主義者の白人女性アリス、常に怯えている心優しい少女“天才”という別人格が頭をもたげる。
     それぞれの人格を表情や声色だけで全く別人のように演じ分けるハル・ベリーの演技力は圧巻で、この3者が次々と交互に入れ替わる後半の催眠療法シーンには心底舌を巻く。改めて凄い女優だと唸らされる。
     フラッシュバックを多用しながら、病の原因となった過去の悲劇を徐々に明かしていく演出は極めて正攻法だが、時として過剰にメロドラマチックとなるため、物語のリアリズムを損なっているようにも感じる。

動画

映画『フランキー&アリス』予告編
48歳ハル・ベリー魅惑のストリップ!映画『フランキー&アリス』本編映像

ポスター/チラシ

  • 映画『フランキー&アリス』ポスター
    ポスター
  • 映画『フランキー&アリス』チラシ
    チラシ
  • 映画『フランキー&アリス』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

フランキー:
ドクター・バックマン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • フランキー&アリス (2010) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年7月5日 3時18分)
    70年代に実在した解離性同一性障害(MPD、多重人格)の黒人女性ダンサー/ストリッパーを基にしている。DVDで観た。  人格によって性格が違うのはともかくとして、利腕まで違うのは不思議。自分が白人だと思っているアリスは鏡を見ても矛盾に気がつかない。IQが違うということは凡人でも心の持ち方で天才になれるのだろうか。  大きな精神的ショックを受けた時に別人格が生まれることがある。たとえば、フ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • フランキー&アリス from ダイターンクラッシュ!! (2014年9月28日 1時55分)
    2014年9月26日(金) 21:10~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(ハッピー・フライデー) パンフレット:未確認 盛り上がらない 『フランキー&アリス』公式サイト ハル・ベリーが、年齢を20近くサバをよんでいる多重人格者。 裏の顔に、レイシストの白人女性と、知能指数160近くの幼女を持つ。 実話ベースとのことだが、淡々とした生真面目な演出で、特に盛り上がることもなく終了した。 そして、いまいち、その人格が形成された理由が判らない。特にIQ160。 お勧め度:☆☆ 天才度 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年9月15日の週の公開作品
  3. 『フランキー&アリス』