シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
くちびるに歌を
(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 (C) 2011 中田永一/小学館
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年2月28日
上映時間:
製作:
『くちびるに歌を』製作委員会
配給:
アスミック・エース
カラー

チェック:シンガー・ソングライター、アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」を題材にしたテレビドキュメントから着想を得た中田永一の小説を実写化。輝かしい才能を持つピアニストだった臨時教員の女性が、生まれ故郷の中学校の合唱部顧問として生徒たちと心を通わせていく。メガホンを取るのは、『ソラニン』『ホットロード』などの三木孝浩。『ハナミズキ』などの新垣結衣がヒロインにふんし、その脇を木村文乃、桐谷健太ら実力派が固める。オールロケを敢行した長崎の風景も見もの。

ストーリー:産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。やがて、部員たちがつづった手紙から、それぞれが抱える苦悩や秘密が浮き上がってくるが……。

くちびるに歌を
(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 (C) 2011 中田永一/小学館

映画短評

  • なかざわひでゆき
    主人公の性格描写は少々引っかかるけれど…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     悲しい過去のせいで心を閉ざしてしまったとはいえ、それでも臨時教員たるヒロインの子供たちに対する理不尽な冷たさは大人気がなく、理由が明かされてもなかなか同情しづらい。そこまでキャラ設定を極端にする必要があったのか、と疑問にも感じてしまう。
     だが一転して、少年少女のドラマはとてもいい。それぞれに複雑な家庭事情を抱え、子供なりに葛藤し迷いながら人生を模索していく姿を瑞々しく描く。中でも自閉症の兄を持つ少年サトルのエピソードは胸にグッと来る。その兄役・渡辺大知の演技がまた秀逸。
     安易な気休めでお茶を濁さず、現実のやるせなさを噛み締めつつも、しかし希望の足音はしっかりと残す爽やかなラストも良い。

  • ミルクマン斉藤
    その回想シーンはトゥーマッチだけれども。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ひとりフェリーで島へ赴任してくる代用教員。過去の傷を持ち生徒と打ち解けないが、何かをきっかけに化学反応が…といった物語や、島の合唱部のメインメンバーがありえないほど可愛すぎたりとクリシェ的表現は目立つが、それでも見せきってしまうのがいまの三木孝浩の勢いだ。「自分は自閉症の兄(渡辺大知!)のスペア」だと『私の中のあなた』みたいな諦念を抱える弟(下田翔大、快演)はじめ、生徒にトラブルやトラウマはあるものの、陰湿ないじめなどはない爽やかさがいい。ただし快晴のない島の空や、あざとすぎるほどに的確なピント送りでメッセージを伝える撮影(『真夜中の五分前』で最高のキャメラを見せた中山光一)が何より快感。

  • 清水 節
    ふたたび前進するために立ち止まる三木孝浩の脱青春アイドル映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『陽だまりの彼女』で上野樹里の感性演技を封印し、『ホットロード』では能年玲奈に陰りを加えた三木孝浩監督は、新垣結衣から笑顔を奪い去った。屈託がないように見える少年少女も、小さな心に傷を負っている。“現代版『二十四の瞳』”のガッキー先生は、生徒と一緒に泣いてあげることはなく、彼らの事情に立ち入ろうともせず、ただ寄り添う。そして祈りの島・五島列島のやさしい風と共に、彼らをそっと包む。皆の心を解き放つのは、音楽。悲しみに打ちひしがれた者たちが、歌の力によって希望を取り戻し、一歩前へと歩み出す。三木孝浩の脱・青春アイドル映画は、ふたたび前進するために立ち止まり、生きていく喜びを確かめる珠玉の抒情詩だ。

  • くれい響
    三木監督、ガッキーより若手推し説
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    “ガッキー版『二十四の瞳』”として観れば、かなり王道な作りであり、クライマックスの合唱シーンは否応なしに盛り上がる。まさに万人&涙活向けといってもいい、品行方正な作品である。とはいえ、『アオハライド』で行くところまで行った三木孝浩監督作として見ると、やはり欲張りすぎた感もあり、ここは小休止といった感じ。何しろガッキーとの相性が微妙というか、彼女に対する愛があまり伝わってこないのだ。その代わり、部長役の恒松祐里や新境地を開拓した渡辺大知への愛が、驚くほどハンパない。だからこその、あの展開かもしれないが、あまりに多くのキャラクターを捌き切れず、持ち前の力量が分散されてしまったことは否めない。

動画

映画『くちびるに歌を』予告編
映画『くちびるに歌を』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『くちびるに歌を』ポスター
    ポスター
  • 映画『くちびるに歌を』ポスター
    ポスター
  • 映画『くちびるに歌を』チラシ
    チラシ
  • 映画『くちびるに歌を』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 中田永一
撮影: 中山光一
照明: 松本憲人
録音: 矢野正人
美術: 花谷秀文
装飾: 西尾共未
編集: 伊藤潤一
音楽: 松谷卓
スクリプター: 古保美友紀
VFXスーパーバイザー: 鎌田康介
音楽効果: 岡瀬晶彦
スタイリスト: 望月恵
ヘアメイク: 内城千栄子
合唱指導: 和田一樹
ピアノ指導: 西川幾子
製作担当: 松村隆司
助監督: 清水勇気

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『くちびるに歌を』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • クールなガッキー先生【映画レビュー】『くちびるに歌を』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年11月29日 1時20分)
    長崎は五島列島にある小さな島へ向かう船に、一人の長い黒髪の若い女性が乗っていました。 彼女の名は、柏木ユリ(新垣結衣)。 固く結んだ唇や遠くを見つめる目には、どこか悲しみを含んだような憂いを感じさせ、望んで島へと向かっているようには見えない様子でした。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • くちびるに歌を from 単館系 (2015年3月18日 22時31分)
    くちびるに歌を MOVIXさいたま 2015/2/28公開 産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の 代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。 天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、 その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。 住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「くちびるに歌を」あるいは、大林映画×二十四の瞳×サウンド・オブ・ミュージック from エンターテイメント日誌 (2015年3月11日 9時9分)
    評価:B 映画公式サイトはこちら。 考えてみたら新垣結衣が出演する映画やドラマ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 96時間 レクイエム from 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! (2015年3月11日 4時41分)
    [96時間 レクイエム] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2015年1本目です。 【あらすじ】 かつてアルバニアやトルコの犯罪組織を壊滅させた元CIA秘密工作員のブライアン(リーアム・ニーソン) 彼はロサンゼルスに戻り、… ...[外部サイトの続きを読む]
  • くちびるに歌を/今回はガッキーより子役 from MOVIE BOYS (2015年3月9日 2時26分)
    アーティストのアンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」がメインテーマの青春映画。監督はキラキラした青春を描かせたらこの人しかいない、『アオハライド』や『僕等がいた』の三木孝浩だ。主演の先生役を演じたのは『ハナミズキ』や『トワイライト ささらさや』の新垣結衣。共演には木村文乃、桐谷健太といった実力派が出演している。長崎でのオールロケによる美しい風景も見どころ。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年2月23日の週の公開作品
  3. 『くちびるに歌を』