シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シャトーブリアンからの手紙

公式サイト:http://www.moviola.jp/tegami/
シャトーブリアンからの手紙
(C) ARTE France -2011--- LES CANARDS SAUVAGES -7eme Apache Films -PROVOBIS FILM
英題:
CALM AT SEA
製作年:
2012年
製作国:
フランス/ドイツ
日本公開:
2014年10月25日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
日本語字幕:
松岡葉子
後援:
東京ドイツ文化センター / ユニフランス・フィルムズ
配給:
ムヴィオラ
カラー/DCP/5.1ch

チェック:『ブリキの太鼓』などで知られるドイツの名匠フォルカー・シュレンドルフ監督が、第2次世界大戦時のナチス占領下のフランスを舞台に描く感涙の人間ドラマ。1人のドイツ人将校暗殺の代償としてアドルフ・ヒトラーが150人のフランス人捕虜に銃殺を命じた史実を基に、緊迫の4日間のドラマを丁寧に映す。主人公を子役として活躍してきたレオ=ポール・サルマンが好演。歴史の歯車に巻き込まれ、17歳で散った少年や仲間たちの悲劇に涙する。

ストーリー:1941年10月19日、ドイツ占領下のフランスシャトーブリアン郡ショワゼル収容所には、政治犯や共産主義者たちが収容されていた。17歳の少年ギィ・モケ(レオ=ポール・サルマン)は、映画館でドイツ占領に反対するビラ配りをして捕らえられる。彼は塀の向こう側の女子収容所にいる少女オデット(ヴィクトワール・デュボワ)に恋心を抱いていたが……。

シャトーブリアンからの手紙
(C) ARTE France -2011--- LES CANARDS SAUVAGES -7eme Apache Films -PROVOBIS FILM

映画短評

  • 相馬 学
    ナチもその敵も、誰もが敗者であったシビアな風景
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ひとりのナチス高官が殺された事件の報復としてヒトラーが指示したのは、フランス人の政治犯150人の処刑。そんな戦時下の過酷な風景を切り取った本作は、確かな歯応えがある。

     フランス人の悲劇もさることながら、ナチスの兵たちでさえ報復がやり過ぎと考え、指示を回避すべく奔走する。背景にはドイツとフランスの敵国間を越えた個人レベルの交流があり、前半では収容所のノンビリとした空気も伝わってくる。

     個人と個人の関係が国を背負ったことで途端に圧迫される、そんな現実を名匠シュレンドルフは的確に描き切る。そして、そこでは誰もが敗者とならざるをえない。このシビアな現実は、日本も無縁ではないだろう。

  • 山縣みどり
    ものを言えぬ時代の恐怖は他人事ではないかも。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    一人の将校の命を150人の政治・思想犯の命で償う。第二次大戦中、ナチス・ドイツ支配下のフランスで起きた暴挙だが、ヒトラーからの命令がトップダウンで淡々と進むのが非常に恐ろしい。監督は、誰もが明らかに「おかしい」とわかっているのに異を唱えられない薄ら寒い空気感を丹念に描いている。レジスタンスの象徴として有名なギィ・モケだけでなく、死刑リストに名を連ねた人々、非力さに苦悩する副知事や保身に走るナチス将校やその愛人らの心情を交えて多角的に事件を見つめる演出で戦争の理不尽さを伝える熟練の手腕に脱帽。映画で描かれる体制や政治が今の日本とかぶり、ものを言えぬ時代が迫っている恐ろしさを覚えた。

動画

映画『シャトーブリアンからの手紙』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『シャトーブリアンからの手紙』ポスター
    ポスター
  • 映画『シャトーブリアンからの手紙』チラシ
    チラシ
  • 映画『シャトーブリアンからの手紙』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シャトーブリアンからの手紙』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シャトーブリアンからの手紙』の映画ニュース

  • 配給・宣伝会社ムヴィオラの創立15周年を記念し、2005年以降に配給した作品を一挙上映する特集企画「はしっこでも世界。」が、11月7日から11月20日まで新宿・K's cinemaにて...・ジョルダーナ(イタリア、フランス) 『シャトーブリアンからの手紙』(2012)監督:フォルカー・シュレンドル...
  • 映画『ブリキの太鼓』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にも輝いた名匠フォルカー・シュレンドルフ監督の長編映画『シャトーブリアンからの手紙...に注目したい。(編集部・吉田唯) 映画『シャトーブリアンからの手紙』は10月、シアター・イメージフォーラムほ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シャトーブリアンからの手紙 (2011) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年6月28日 3時4分)
    ドイツ占領下のフランスで1人のドイツ軍将校が暗殺され、ヒトラーは150人のフランス人の処刑を命じたという実話を基にした映画。 DVDで観た。  フランスに駐留するドイツ軍司令部でさえやりすぎだと内心思うが総統の命令に楯突くことはできない。処刑リストに子供がいることに気づいた人は助けたいと思うが、代わりに死ぬ人を選ぶことができない。処刑するのは凶悪犯だと言い聞かされたドイツ兵の前に現れた... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 シャトーブリアンからの手紙 from 別冊 社内報 (2015年2月9日 13時44分)
    「ブリキの太鼓」の名匠だけど、それにつられると、物足りない作品。 ナチはもういい加減描き尽くしたのかと思われてしまうよ。 観客も活動家風貌のプロ市民老人か、雪まつりのひまつぶしに紛れてしまった市民。 ■ シアターキノにて(札幌公開2日目) ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年10月20日の週の公開作品
  3. 『シャトーブリアンからの手紙』