シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
自由が丘で
(C) 2014 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
英題:
HILL OF FREEDOM
製作年:
2014年
製作国:
韓国
日本公開:
2014年12月13日
(シネマート新宿ほか)
上映時間:
提供・配給:
ビターズ・エンド
提供:
サードストリート
カラー/ビスタサイズ

チェック:『3人のアンヌ』などで世界的に高い評価を得ている韓国の鬼才ホン・サンス監督と、監督のファンを自任する加瀬亮がタッグを組んだ恋愛ドラマ。『それでもボクはやってない』などの邦画だけでなく外国映画にも出演してきた加瀬演じる主人公が、思いを寄せる韓国人女性を追ってソウルを訪れ、そこで繰り広げられる恋模様を描く。『ハハハ』などの演技派女優ムン・ソリ、『ヘウォンの恋愛日記』などのチョン・ウンチェら、ホン・サンス作品への出演経験のあるキャストが名を連ねている。

ストーリー:年上の韓国人女性クォン(ソ・ヨンファ)に好意を抱くモリ(加瀬亮)は彼女を追ってソウルを訪れるが彼女はどこにもおらず、日記に似た彼女への手紙を書くことに。クォンはどこにいるのかと考えながらソウルの街を歩き回る中、同じ宿に泊まっているサンウォン(キム・ウィソン)と親しくなり毎晩のように酒を酌み交わす。また迷子の犬と遭遇したことで、モリはカフェ「自由が丘」の女主人ヨンソン(ムン・ソリ)とも親密になっていき……。

自由が丘で
(C) 2014 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    「流れる時間というのは常に現在である」(吉田健一)
    ★★★★
    »読む«閉じる

    いつにも増して悪戯心が目立つ素描的味わいのホン・サンス映画。ダメな男女が昼間から酒を呑みまくりながらのいつものような自然体の会話劇だが、ソ・ヨンファが加瀬亮から送られた手紙の束を階段で散らばらせ、一枚だけ拾い忘れるというシーンがさりげなく挟まれてから、映画はいきおい迷宮的様相を帯びてくる。リニアな時間軸はシャッフルされ、近年ますます比重を増してきた「夢(あるいは、あり得たかもしれない現実)」の要素と共謀するようなかたちで物語の起承転結をうやむやにさせていくのだ。かなり大胆な実験的話法なのだけれど、どこかが欠落したって意に介さない酔っ払い脳のレベルで語られるのがなんとも愉しい。

  • なかざわひでゆき
    迷える人々を温かく見守る優しさに癒される
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     愛する女性の行方を捜して韓国へ来た無職の日本人青年と、彼が行く先々で出会うクセあり&ワケありな人々との交流をユーモラスに描く。
     基本的にストーリーの時系列はバラバラだが、なにしろ主人公の人探し自体が行き当たりバッタリなので、なんら理解するに手間取ることもなく(笑)。しょっちゅう愛犬が迷子になるカフェの女主人、口だけは達者な一文無しの居候オヤジなどのサブキャラを含め、そのノンビリとしたユルさが心地よい。
     と同時に、社会の主流や規範に今ひとつ適合できない人々の悲哀もジンワリと滲ませる。国籍や言葉は違えども迷える人間の悩みは一緒。そんな彼らを暖かく見守るホン・サンス監督の優しさに癒される。

  • 森 直人
    相性抜群の2人の柔らかなラジカリズム
    ★★★★
    »読む«閉じる

    異邦人のダメ男の日々という意味では『アバンチュールはパリで』に近いホン・サンスの新作だが、今回は毎度おなじみの日記形式ではない。「順序がわからなくなった手紙」との話法で、時系列を複雑にシャッフルしているのだ。

    そのせいか主人公(加瀬亮)の道行きは夢うつつな酩酊感が強く、迷宮性はサンスのデビュー作『豚が井戸に落ちた日』に重なる。本作が良い意味でエチュードっぽいのはその実験性ゆえだろう。

    とりわけ驚いたのは、主人公が持ち歩いている吉田健一の『時間』(講談社文芸文庫)は加瀬が偶然持ち込んだ私物だってこと。まるでこの名エッセー集にインスパイアされた映画のようだから。彼らの相性の良さは運命的レベル!

  • 相馬 学
    愛すべき、ろくでなしに乾杯!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     一途だがふらち、理知的だがヌケていて、状況を支配しているようで実は運命に支配されている。韓国の鬼才ホン・サンスが描く、そんなダメ人間に共感してしまう身には本作も愛すべき逸品となった。

     時系列をバラバラにした物語は、頭では“マズい”とわかっていてもその時その場の感情で行動してしまう人間の実態を、おかしさや切なさとともに伝える。“浮気”という責められるべき行為でさえも、ホン監督が描くと温かみが宿るから面白い。

     主演の加瀬亮は英語のセリフも日本人風で好感が持てるし、キャラも日本人としては愛おしい。とくに酔いどれ演技が素晴らしく、ホン監督の『ハハハ』と同様、見ているこちらも酒が欲しくなる。

動画

加瀬亮×ホン・サンス監督!映画『自由が丘で』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『自由が丘で』ポスター
    ポスター
  • 映画『自由が丘で』チラシ
    チラシ
  • 映画『自由が丘で』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『自由が丘で』『自由が丘で』ポストカード
    『自由が丘で』ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『自由が丘で』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 自由が丘で~現在・過去・未来 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年1月16日 19時26分)
    公式サイト。韓国映画。英題:Hill of Freedom。ホン・サンス監督。加瀬亮、ムン・ソリ、ソ・ヨンファ、キム・ウィソン、チョン・ウンチェ、ユン・ヨジョン。韓国の語学学校で働いてい ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「自由が丘で」:えっ?日本ロケじゃないのね from 大江戸時夫の東京温度 (2014年12月24日 23時36分)
    映画『自由が丘で』にはだまされました。などというと穏やかではありませんが、大江戸 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月8日の週の公開作品
  3. 『自由が丘で』