シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

みんなのアムステルダム国立美術館へ

公式サイト:http://amsmuseum.jp/
みんなのアムステルダム国立美術館へ
(C) Pieter van Huijstee / Column Film
英題:
THE NEW RIJKSMUSEUM
製作年:
2014年
製作国:
オランダ
日本公開:
2014年12月20日
(ユーロスペースほか)
上映時間:
日本語字幕:
松岡葉子
配給:
ユーロスペース
カラー/デジタル

チェック:レンブラントの「夜警」など、世界的に有名な美術品などを所蔵するアムステルダム国立美術館の10年に及ぶ改修工事の一部始終を追ったドキュメンタリー。同美術館の改築工事をめぐる大騒動の全容を捉えた『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』から4年、関係者や市民らが時に激しく議論を重ねながらみんなに開かれた美術館を目指して奮闘し、およそ10年間の閉鎖を経てグランドオープンを迎えるさまを映し出す。また展示品選定や美術品の修復、作品購入など、美術館運営の舞台裏をのぞくことができる。

ストーリー:2004年、レンブラントやフェルメールなど数々の傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館は創立以来の大改修のため閉館するが、問題続出で工事は何度も変更されてしまい、結果再オープンの予定も立たない事態に。館長や学芸員、建築関係者、そしてアムステルダム市民が時に食い違う意見をぶつけ合いながら、開かれた美術館の完成に向けて奮闘を続けていた。

みんなのアムステルダム国立美術館へ
(C) Pieter van Huijstee / Column Film

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    期せずして、ますますF.ワイズマン的。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    前作『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』(’08、最初に結構長いダイジェストあり)に引き続き描かれる、美術館全面改修にまつわる収蔵品そっちのけのすったもんだ。相変わらず絶えぬ現場との対立、次期館長に落選したり一番のお目当てを落札できなかったりで自信を砕かれる学芸員たちもいる中、「僕、日本から金剛力士像招いちゃったもんね」とひとり上機嫌な仏像オタクのアジア館部長が笑える。でもやはり最も興味深いのは、「名だたる自転車道を文化財の下に規制するのは恥!」とまで言い切るに至る宿敵・サイクリスト協会との、否応なく民主主義のありかたを考えさせる(あえて言えば珍妙な)バトルである。

  • 山縣みどり
    10年がかりの改修も納得のモメっぷりに民主主義を見た
    ★★★★
    »読む«閉じる

    レンブラントの「夜警」を見たくてオランダ行きを計画したら、アムステルダム国立博物館が改修中。昨年4月まで10年がかりで改修工事を行っていたのだが、長過ぎない? という私の疑問がこのドキュメンタリーで解けた。トップダウンでプロジェクトが進む日本式と違って、市民団体が建築計画にノーをつきつけたり、館長と内装家が対立したりと喧々諤々。芸術とサイクリストが相容れるか否かは別問題だが、国立に国民の声が反映されて当然という民主主義が素晴らしい。東京オリンピックも見倣ってね。モメ事をよそに収蔵品の修復や整理に邁進するスタッフのプロフェッショナルな仕事ぶりも好感度大で、来夏の旅行はオランダで決まり!

動画

アムステルダム国立美術館の改修工事を追う!映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』ポスター
    ポスター
  • 映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』チラシ
    チラシ
  • 映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『みんなのアムステルダム国立美術館へ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「みんなのアムステルダム国立美術館へ」:市民の声と専門家の領域に関する考察 from 大江戸時夫の東京温度 (2015年1月18日 22時48分)
    映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』の前作という『ようこそ、アムステルダム ...[外部サイトの続きを読む]
  • みんなのアムステルダム国立美術館へ ★★*☆☆ from センタのダイアリー (2015年1月6日 16時26分)
    国からの予算も付き、5年を閉鎖して全面改装される計画だったアムステルダム国立美術館。 レンブラントの「夜警」をはじめ、著名な美術品を数多く収蔵する国立美術館は、普段から美術館往来する近隣の住民たちの反対や国からの異論を受け、美術館の再会まで結局10年もの年月を必要とすることになった。 その顛末を追ったドキュメンタリ映画。 何をするにつけても、決定することができない美術館側の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • みんなのアムステルダム国立美術館へ/“みんな”に欠けていた事 from MOVIE BOYS (2014年12月30日 14時42分)
    200年の歴史を持つアムステルダム国立美術館の全面改修を追ったドキュメンタリー『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』の続編。遅れに遅れた改修作業が終了し、2013年4月に再開するまでの様々な出来事の舞台裏をありのままに映し出している。監督はもちろん変わらずウケ・ホーヘンダイク。アムステルダム市民の市民性や美術館のあり方など、文化施設に対する根本が伺える。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年12月15日の週の公開作品
  3. 『みんなのアムステルダム国立美術館へ』