シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~

至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~
(C) 2013 Dealnge Productions all rights reserved.
製作年:
2013年
製作国:
フランス
日本公開:
2014年11月8日
(Bunkamuraル・シネマほか)
上映時間:
日本語字幕:
古田由起子
配給:
アルシネテラン
カラー/デジタル

チェック:パリ・オペラ座で16年間最高位のダンサー“エトワール”の座にあったアニエス・ルテステュの引退前の2年間を追ったドキュメンタリー。本人へのインタビューや華麗なる公演の数々と共に、彼女を取り巻く関係者の証言によって美のエトワールの魅力を浮き彫りにする。舞台でのベストパートナーだったジョゼ・マルティネズや、最終公演の相手役ステファン・ビュリョンらが登場。優美な踊りで世界をとりこにした女性の飾らない素顔に魅せられる。

ストーリー:1987年にパリ・オペラ座に入団したアニエス・ルテステュは着実に成長を続け、1997年に見事エトワールに任命される。彼女はルドルフ・ヌレエフ版「白鳥の湖」や「ドン・キホーテ」などの古典をはじめ、コンテンポラリーダンスにも意欲的に取り組み、レパートリーを増やしていく。そして2013年10月10日のアデュー公演「椿姫」で、エトワールとしての最後を飾る。

至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~
(C) 2013 Dealnge Productions all rights reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    バレエ・ドキュメンタリとしてはまず満足。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    それなりにバレエも観てきた僕にとってアニエス・ルテステュは、シルヴィ・ギエムと並ぶクラシックもコンテンポラリーも踊れる最高のダンサーだ。ここで紹介される彼女の代表的演目「椿姫」「天井桟敷の人々」「放蕩息子」らを観ても、演劇的なまでの圧倒的な表現力の豊かさにうっとり。しかしコンテンポラリー寄りの僕にとっては、ギリアンの「輝夜姫」やW.フォーサイスとの仕事のほうにより興味があり、そちらに多くの時間が割かれているのが嬉しい。とりわけカロリン・カールソンとのコラボは最高じゃないか!…ま、ルテステュの人生や個人生活にはまるで迫らない作品だから、バレエ好き以外の観客にどこまで届くかは疑問だが。

  • なかざわひでゆき
    パリ・オペラ座の華麗なる世界を味わうドキュメンタリー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     世界的なバレリーナ、アニエス・ルテステュが、‘13年にパリ・オペラ座のエトワールを引退するまでの、最後の2年間を記録したドキュメンタリー。
     代表作とされる「白鳥の湖」や「天井桟敷の人々」、そして引退公演「椿姫」などルテステュの華麗なパフォーマンスを堪能できることは勿論、オペラ座の舞台裏や普段の素顔なども垣間見ることができる。それだけも、バレエ・ファンならば満足だろう。
     ただ、ドキュメンタリー映画としての面白みには乏しい。それは、時代が違うせいもあるとは思うが、それこそプリセツカヤやフォンテインのような、人生における波乱万丈の運命的なドラマが、現在までの彼女には欠けているからかもしれない。

動画

パリ・オペラ座のエトワールだったアニエス・ルテステュを追う!映画『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』ポスター
    ポスター
  • 映画『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』チラシ
    チラシ
  • 映画『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年12月11日 0時10分)
    世界的なバレリーナ、アニエス・ルテステュがエトワールを引退するまでの最後の2年間を記録したドキュメンタリー「至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて」。構成が起伏に乏 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年11月3日の週の公開作品
  3. 『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』