シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

劇場版 BiSキャノンボール 2014

公式サイト:http://bis-cannon.jp
劇場版 BiSキャノンボール 2014
(C) SPACE SHOWER NETWORKS INC.
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2015年2月7日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
企画・製作:
有限会社ハマジム
製作・配給:
SPACE SHOWER NETWORKS INC.
カラー/ステレオ/HDV

チェック:『劇場版 テレクラキャノンボール2013』などのカンパニー松尾が監督を務め、2014年7月に解散した破天荒アイドルBiSの解散ライブに迫るドキュメンタリー。6人のアイドルに6人のAV監督たちが密着し、白熱の解散ライブの前後3日間の様子を余すところなく活写する。BiSメンバーのほか、バクシーシ山下やビーバップみのるら有名AV監督たちも続々登場。アイドルとAV監督という異色の組み合わせによる衝撃の映像に目がくぎ付け。

ストーリー:カンパニー松尾を筆頭にバクシーシ山下、ビーバップみのる、タートル今田、梁井一、嵐山みちるらつわものAV監督たちが集結。彼らはそれぞれアイドルグループBiSのメンバーたちに張り付き、彼女たちにただ密着ドキュメンタリーの撮影だと説明する。まずは自分たちがAV監督であることを告げ、BiSの所属事務所からライブ会場まで付き添うが……。

劇場版 BiSキャノンボール 2014
(C) SPACE SHOWER NETWORKS INC.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    まず当分現れないだろうアイドル映画の鬼っ子。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    あの「テレキャノ」の方法論をアイドル映画にそのまま援用するとは! まあ、アイドル映画としても社会モラル的にもギリギリなところだが(そのラインについての考察を、観る者に突きつけるのがテレキャノの神髄でもある)、BiSというグループがキワモノも辞さない路線だったからこそ生まれた怪作ではある。しかし「ホドロスキー好き」ってだけでここまでやるかと呆れつつも、結果的にエロに真摯なオジさんたちの可愛さ哀しさが表に出た格好。ところで、松尾隊長が「SDカードを失くした」というのは本当だったんだろうか? そこに収められた映像があまりにもラストシーンに相応しく、この野放図なドキュメントを物語性あるものにしている。

  • くれい響
    BiSなりの『ロックンロール・スウィンドル』
    ★★★★
    »読む«閉じる

    Summer,2014――『劇場版テレキャノ』のAV監督6人は、解散ライブ(www.cddata-mag.com/article/live/2014/07/11/17/07/43)直前のアイドルに挑んでいた。ルールに「スーパーボーナスポイント」がある時点で、アイドル・ドキュメンタリーの限界突破だ。その概要を知りながらライブに挑むメンバーの反応、レースどころじゃなくなった男たちの戦いっぷりから目が離せない。ちなみに「俺はアイドルを信じる」と言い放つマネージャーは、マルコム・マクラーレンの崇拝者。十分に「BiSなりの『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』」になったといえるだろう。

動画

アイドルグループ「BiS」と、○○の人たちがまさかのコラボ!映画『劇場版 BiSキャノンボール 2014』特報

ポスター/チラシ

  • 映画『劇場版 BiSキャノンボール 2014』ポスター
    ポスター
  • 映画『劇場版 BiSキャノンボール 2014』チラシ
    チラシ
  • 映画『劇場版 BiSキャノンボール 2014』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『劇場版 BiSキャノンボール 2014』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年2月2日の週の公開作品
  3. 『劇場版 BiSキャノンボール 2014』