シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

公式サイト:http://chef-movie.jp/
シェフ 三ツ星フードトラック始めました
英題:
CHEF
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年2月28日
(TOHOシネマズシャンテほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント
カラー

チェック:『アイアンマン』シリーズなどの監督で俳優のジョン・ファヴローがメガホンを取り、究極のサンドイッチを売る旅をする元一流レストランのシェフを演じるドラマ。店を辞め、偶然キューバサンドイッチと出会ったシェフが、フードトラックでサンドイッチを売りながら人生を取り戻していくプロセスを映す。共演には、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソンといった豪華キャストが集結。人生と料理をテーマにした温かいストーリーに、爽快な感動を味わえる。

ストーリー:一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

映画短評

  • 轟 夕起夫
    ここで描かれている世界は、全てのものづくりに通ずる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     マイアミを起点に、自分の失態から離れざるを得なかったロサンゼルスを目指す料理人の“復活の旅”。フードトラックと一心同体となった製作、監督、脚本、そして主演J・ファブローのインディー魂にグッときつつ、本作がロードムービースタイルをとりながら、「融合」を主題にしていることに気づく。(食)文化然り、音楽然り、親と子の関係然り。例えばキューバサンドイッチは、フロリダに渡ったキューバ移民が葉巻工場を興し、手軽なランチとして口にしていたものが広がったのだった。旅の合間に紹介される代表的なソウルフードも、実は文化的ミクスチャーの賜物。SNSの物語への絡ませ方も含めてこれは、極めて現代的な映画だと思う。

  • ミルクマン斉藤
    R.ダウニーJr.のシーンは常軌を逸してます(笑)。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    J.ファヴローの作演出家/俳優としての優しさ・男の子っぽさが最良の形で表れた快作。父と子のドラマとしては文科省特選もの、デジタル文化の世代間格差の扱いも洒落ている。豪華俳優陣も出演時間の長短を問わず魅力的。なにより素晴らしいのはロードムーヴィとしての質の高さ。マイアミ(キューバン・サルサ)→ニューオリンズ(クレオール)→オースティン(ブルース・ロック)→LA(ファンク)とそのまま米国横断音楽地図だし(ラテン音楽好きの僕は選曲に唸りっぱなし!)、その土地にはその土地の文化があり食事があることを具体的に示すことで、さまざまな人種・文化の総合体であることこそを誇るアメリカ賛歌になっているのだ。

  • 山縣みどり
    創造性を破壊する商業主義に喝!なフィール・グッド・ムービー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ハリウッドはシリーズ物かアメコミ映画に頼り切りだけど、スタジオ大作と映画芸術は相容れない? 安定メニューを信じるオーナーに従ってグルメ評論家に貶された主人公カールの姿が批評家によって『カウボーイ&エイリアン』を抹殺されたジョン・ファヴロー監督とかぶる。どん底に落ちたカールが始めるフードトラックは、監督のルーツであるインディーズ映画界のメタファーなのだ。創造性を破壊する商業主義に反旗を翻しながら、父子愛や友情も盛り込んだフィール・グッド・ムービーに仕上げたファヴローの流儀、好きだな。食いしん坊としてはケイジャン料理やテキサスのBBQなどアメリカの美食を盛り込んだ展開にもウキウキ。

  • くれい響
    美味しい要素がゴッタ煮状態
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    脚本デビュー作『スウィンガーズ』を愛する者として、なぜジョン・ファヴローが『アイアンマン3』を蹴ってまで本作を撮りたかったか、痛いほど分かる。『スウィンガーズ』のコメディアンと本作のシェフ、職種は違えど、夢を叶えてしまった主人公が新たな道を選ぶ、いわば続編といえるからである。もちろん、それはヒットメイカーになったファヴロー自身にも重なるわけで「やりたいことをやるだけだ」という声が聴こえてきそう。コース料理からジャンクフードまでのグルメ要素はもちろん、SNSに対する風刺や父子愛を描くロードムービー。そして、存在感たっぷりのゲスト登場と、ベタながら目にも美味しい要素がゴッタ煮と、飽きさせません。

動画

おいしいサンドイッチを売ります!映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』予告編

写真ギャラリー

Open Road Films (II) / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』ポスター
    ポスター
  • 映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』チラシ
    チラシ
  • 映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作・監督・脚本:
音楽スーパーバイザー: マシュー・シュレイヤー
キャスティング: サラ・ハリー・フィン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シェフ 三ツ星フードトラック始めました from 映画三昧、活字中毒 (2015年5月9日 22時29分)
    ■ ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞シェフ 三ツ星フードトラック始めました/CHEF 2014年/アメリカ/115分 監督: ジョン・ファヴロー 出演: ジョン・ファヴロー/ソフィア・ベルガラ/ジョン・レグイザモ/スカーレット・ヨハンソン/オリヴァー・プラット 公式サイト 公開: 2015年02月28日 ロサンゼルスの一流フランス料理店ガロワーズで料理長を務めるカール・キャスパー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 from 元・副会長のCinema Days (2015年3月28日 7時22分)
    (原題:Chef)面白かった。“風采の上がらない中年男と利発な子供”という鉄板の設定と、ロードムービーの組み合わせ。それにグルメ映画のテイストが加われば、誰がどう見たって失敗作になるはずがない。これまで活劇映画を中心に手掛けてきたジョン・ファヴロー監督と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シェフ 三ツ星フードトラック始めました from ダイターンクラッシュ!! (2015年3月22日 14時19分)
    2015年3月14日(土) 13:50~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 炎上商法成功 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』公式サイト ダスティン・ホフマン・オーナーの指示通りのメニューを出して、「シェフは進歩どころか退化した。」と評論家に書かれて、逆切れ。独自メニューでリベンジしようとするも、ホフマンの静止にあい店を飛び出す。ホフマンは、通常メニューを提供。一層、悪い記事を書く評論家だが、シェフが暴走し、店の評論家に罵 ...[外部サイトの続きを読む]
  • シェフ 三ツ星フードトラック始めました/料理と映画は似ているのかもね from 映画感想 * FRAGILE (2015年3月11日 11時28分)
    シェフ 三ツ星フードトラック始めましたChef/監督:ジョン・ファブロー/2014年/アメリカ ジョン・ファブローは映画に対して誠実でありたいのだなあ TOHOシネマズシャンテ スクリーン2、F-10で鑑賞。まったくチェックしていませんでしたが、評判がすごく良かったので見に行きました。監督がジョン・ファブローだというのも見に行く直前に知ったくらい。 あらすじ:一流シェフが移動屋台でキャッキャします。 有名レストランの総料理長カール(ジョン・ファブロー)は、新しいメニューを試そうとしたらオ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 (2014) from 相木悟の映画評 (2015年3月4日 10時49分)
    人生再スタートを謳う満腹ロード・ムービー! 仕事とは?家族とは?人生における大切な命題を、明るく楽しく描いた良作であった。 本作は、『アイアンマン』2作を大ヒットさせたジョン・ファブロー監督作。なんと数億円のギャラが保証された当シリーズ第3弾の監督を... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年2月23日の週の公開作品
  3. 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』