シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
野火
(C) SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER
英題:
FIRES ON THE PLAIN
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2015年7月25日
(渋谷ユーロスペースほか)
上映時間:
配給:
海獣シアター
カラー

チェック:「俘虜記」「花影」などで知られる大岡昇平の小説を実写化した戦争ドラマ。第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、野戦病院を追い出されてあてもなくさまよう日本軍兵士の姿を追う。『KOTOKO』などの塚本晋也が、監督と主演のほかに、製作、撮影、編集なども担当。共演には『そして父になる』などのリリー・フランキー、『るろうに剣心 京都大火編』などの中村達也、オーディションで選ばれた新星・森優作と、バラエティー豊かな顔ぶれがそろう。戦争という極限状況下に置かれた者たちの凄惨(せいさん)な心象風景に胸をえぐられる。

ストーリー:日本軍の敗戦が濃厚になってきた、第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。1等兵の田村(塚本晋也)は、結核を発症したために部隊を追われて野戦病院へと送られてしまう。だが、病院は無数の負傷兵を抱えている上に食料も足りない状況で、そこからも追い出されてしまう羽目に。今さら部隊に戻ることもできなくなった田村は、行くあてもなく島をさまよう。照りつける太陽、そして空腹と孤独によって精神と肉体を衰弱させていく田村だったが……。

野火
(C) SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

映画短評

  • くれい響
    四半世紀経っても衰えないインディパワー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    市川崑監督版(‘59年)がモノクロという理由だからか、モノクロのイメージも強い塚本晋也監督が、カラーで『野火』を撮ったことは興味深い。容赦ないほど衝撃的な戦闘シーンだけでなく、‘59年版では寸止めの末、回避されていた“猿の肉”の顛末も、原作通りしっかり描かれている。一方、最後まで敵国についてや、これが戦争かどうかの情報が、提示されない不気味さが後を引きずる。もし、これが韓国映画ならアイドル俳優を起用した大作になったかもしれないが、わが国では、こんなご時世ゆえ、監督が私財をなげうって、自身が主演した自主映画に。だが、それを微塵も感じさせないパワーが『鉄男』から衰えていないことは、じつに頼もしい。

  • なかざわひでゆき
    人間の理性を蝕んでいく戦場の地獄
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     原作は太平洋戦争末期の敗退するフィリピン戦線を題材にした大岡昇平の小説。思想的な主義主張の押しつけを一切排し、敵味方に関係なく人間がケダモノと化す戦場の地獄を徹底したリアリズムで描く。
     熱帯のジャングルで行き場を失い、空腹と恐怖と孤独に理性を蝕まれ、やがて正気を失っていく日本兵たち。『プライベート・ライアン』も真っ青なスプラッター描写を織り交ぜながら、戦争という極限状態に置かれた人間の狂気に迫る塚本監督の演出は極めて骨太だ。
     それにしても、これを自主制作でしか撮ることのできない弱腰な日本映画界の情けなさときたら。低予算をものともせず堂々たる傑作に仕上げた監督の志に改めて敬意を表したい。

  • 山縣みどり
    戦争の記憶が薄れゆく今こそ、日本人が見るべき映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『硫黄島からの手紙』は戦争の悲惨さに焦点を当ててはいるが、アメリカ軍を苦しめた栗林中将を英雄として描く戦争映画だった。一方、塚本信也監督が自主製作した本作は、地獄となった戦地で哲学的な死生観に思いを巡らせる一兵卒・田村のサバイバルを描く反戦映画だ。フィリピンと思われる東南アジア戦線で展開される不条理でしかない日本軍人のあり方や生への執着が生む狂気がグサグサと胸に突き刺さる。緑豊かな美しい自然と田村を支配する恐怖のコントラストが鮮烈で、人間から人間性を剥奪する戦争の恐ろしさに身震いしてしまう。安保法案改正が進むのは戦争の記憶が薄れている証拠で、本作を見て戦争の残虐性を再確認すべきだ。

  • 森 直人
    「私」としてレイテ島の地獄を追体験する試み
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    特異な戦争映画だ。本来は自撮り系じゃなく大作にしたかった――とは塚本晋也監督本人の弁だが、しかし結果論を承知で言うと、ミニマムな作りだからこそ「個的体験としての戦争」が高密度で捉えられたように思う。

    特に大岡昇平の原作は帰還した田村一等兵の手記という形で記述されているため、その主人公=「私」の中に塚本が潜り込んで、自分のやり方で生き直したような感触だ。市川崑版のオーソドックスなドラマ構築とは全く異なるからこそ、新たに作られた価値がある。

    熱帯のギラギラした原色の風景に、スプラッター的な人体破壊が重なる様はシュールな悪夢のよう。作品全体がトラウマティックな映像体として硬質に結晶している。

動画

『鉄男』シリーズなどの塚本晋也監督作!映画『野火』予告編
映画『野火』特報
ゲームデザイナー小島秀夫監督と塚本晋也監督が語る映画『野火』特集 ニコニコ生放送・ノーカット版

ポスター/チラシ

  • 映画『野火』ポスター
    ポスター
  • 映画『野火』チラシ
    チラシ
  • 映画『野火』チラシ
    チラシ
  • 映画『野火』チラシ
    チラシ
  • 映画『野火』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 大岡昇平
監督・脚本・編集・撮影・製作:
音楽: 石川忠

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『野火』の映画ニュース

  • 映画『鉄男 TETSUO』(1989)や『野火』(2014)の塚本晋也監督がモロッコで開催中の第16回マラケシュ国際映画祭で、功労賞にあたる“トリビュート”(賞賛)を贈られ、現地時...、今回、『鉄男 TETSUO』『TOKYO FIST』『野火』の3作が特集上映されることの意義の大き...
  • モロッコで開催される第16回マラケシュ国際映画祭で塚本晋也監督がトリビュート(賞賛)されることが16日、発表された。これは功労賞にあたるもので、今年度は塚本監督のほ...O』(1989)、『TOKYO FIST』(1995)、『野火』(2014)の3作も上映される。現地入りす...
  • 大分県別府市にある老舗映画館、別府ブルーバード劇場で「Beppu凱旋映画祭」が今月18日から3日間にわたって開催される。本映画祭は「海外映画祭からの凱旋」をテーマに、海...予定。 第1回となる今回は、塚本晋也監督『野火』(2014)、北野武監督『HANA-BI』(1997)(...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 野火 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年8月11日 0時31分)
    塚本晋也×野火 [単行本](ショートバージョン)日本軍の敗戦が濃厚な第2次世界大戦末期。フィリピン戦線・レイテ島で、一等兵の田村は結核のため野戦病院へと送られるが、食糧難の ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「野火」 from 元・副会長のCinema Days (2015年8月10日 6時8分)
    この題材を塚本晋也監督が手掛けるということで、エゲツない場面がてんこ盛りかと思っていたが、意外に描写は抑制されている。しかし、それによってメッセージ性が薄められているかというと、決してそうではない。理屈やイデオロギー抜きの、戦場の剥き出しの悲惨さが... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「野火」:戦場の狂気と血しぶき from 大江戸時夫の東京温度 (2015年8月5日 22時41分)
    映画『野火』は、塚本晋也の(いつも通りの)個人映画にして、戦後70周年の節目にぶ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 野火・・・・・評価額1800円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年7月30日 22時55分)
    緑の海の流離譚。 昭和の文豪・大岡昇平が、自らの戦争体験をもとに著した小説「野火」を、異才・塚本晋也監督が20年の構想を経て自主制作体制で映像化した本作は、驚くほどの熱量を持つ大変な力作である。 舞台となるのは、太平洋戦争末期のフィリピン戦線。 監督自ら演じる日本陸軍の一等兵・田村は、肺病を患った事から所属する隊を追い出され、圧倒的な火力を持つ米軍とゲリラ兵が跋扈するジャングルを、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 野火(2015)~極限の果てに変容した世界 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年7月25日 17時40分)
    公式サイト。英題:Fires on the Plain。大岡昇平原作。塚本晋也監督・主演、リリー・フランキー、中村達也、森優作、山本浩司、中村優子。1959年に市川崑監督によって映画化されている。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年7月20日の週の公開作品
  3. 『野火』